STAY MY LOVE













「・・・・・・・寒いと思ったら、雪だ」













 窓から冷気と共に感じる気配。

 今年何度目かの雪に、新一は身を乗り出した。



















「・・・お前、ホンマ余韻のないやっちゃな」

「うるせ。早く抜け」















 へいへいと、平次は腰を浮かし自身を引き抜く。

 僅かに新一の身体がびくりと震えるのを感じて、満足げに平次は微笑った。















「何だよ・・・」

「別に」 















 新一は、熱しやすく冷めやすい。

 今の今まで自分を見失うほど触れ合っていても、行く所まで行った後の冷め方は異常な程早い。



 しかし、冷めるのは頭のみ。

 頭脳が正常な思考に戻っても、身体は熱を引きずったままだ。













 ・・・・・・・そんな理不尽な自分の身体に、一番戸惑っているのはやはり新一だった。























「つれないやんか。もっと工藤ん中、おりたかったのに」

「言葉にすんじゃねえ」















 真っ赤になって怒るその姿は、出逢ってから変わらず平次を惹き付ける。

 

 こんな関係になって、もう何度目かの夜を一緒に過ごして。

 それでも、新一の反応は初めての頃となんら変わらず、平次の導きに対して敏感に反応を返していた。

















 重みが離れるのを感じると新一は小さく息を付く。

 暫く取れない感覚の余韻に、波が通り過ぎるのを待った。



 その時、12時を告げるアラームが響く。

 時計のカレンダー表示が2月14日に変わりだす。















「バレンタインに雪か。積もるんかな」

「無理だろ」

「・・・・・・」











 相変わらずの冷たい返しに、平次はガックリ肩を落とす。

 そのまま枕元のタバコを取ると火を付けた。













「寝タバコ禁止」

「あ。そやったな、スマン」











 

 ぎしりと音を立てて平次はベットを降りる。

 机の上に置いてある灰皿を掴むと、またベット脇に戻り腰を下ろした。













 ・・・・・大きく煙を吐くと平次はすこし瞳を閉じ寄りかかる。

























「暖房ないんだから、何か着ろよ」

「火照った身体に、冷気が気持ちええねん」

「・・・・・ふーん」













 新一は平次のうなじに手を伸ばす。

 突然の冷たい感触に、瞬間平次は身を竦めた。













「ひゃ!」

「ホントだ。あっつい」

「・・・タバコ落としたらどないすんねん」















 後ろを振り向き怒鳴るが、目に飛び込んで来るのは新一のくすくす微笑う表情。















「お前・・・・・微笑い掛ければ全て許される思てんのやろ」

「だって、おまえ俺の顔好きだろ?」



















 ・・・・工藤は、どんな時もこの性格だ。









 腕の中で震える時も身体の中で締め付ける時も、攻撃的な物言いは変わらない。



 その上、ほとんど声も上げない。

 それは最初、自分が実は下手なんじゃないかと勘違いした程に。



















「はいはい、その通りや全く」









 視線を窓に映し、静かに落ち行く雪に目をやる。

 すると、急にぶるっと震えが来た。









「さむ・・・・」









 

 立ち上がるとタバコを消し、再び羽布団の下に潜り込む。 















「おい工藤、もうちょっとそっち行けや・・・・ん? 何食ってんねん」

「チョコ。ハラ減っちまった」









 見ると、何やら綺麗にラッピングされたチョコレートが枕元にある。

 その内のひとつを開き、新一は口に放り込んでいた。









「食う?」

「甘そうやん・・・」

「これ酒入ってて旨いぞ」











 一欠片を平次の口元に運ぶ。















「そうか・・・そう言やもらったな俺も」

「どーせお前また実家にでも送るんだろ?」

「しゃあないやん。捨てるわけにも、誰かにあげる訳にもいかんしな」



 











 今年のバレンタインは日曜日。

 


 だから2人は金曜日には、抱えきれないくらいの包みを持ち帰る羽目になった。

 有名人な2人はもらう量も半端じゃなく多い。 







 今年は酒も多かったが、甘いのが苦手な平次にとってチョコはやっぱり苦手だった。

















 ─────・・・・・・・でも、この中のどれひとつとして、叶えられる想いはない。































「・・・・・工藤」

「なに」

















 薄暗い布団の中で、触れ合う体温の気持ちよさに平次はすり寄る。

 新一の手は冷たいのに反比例して体温は熱い。





















「・・・・・・・工藤」

「だから、何」











 しきりに名字を呟く声に、怪訝そうな顔をして新一は覗き込んだ。

 グレイに彩られるその表情は平次の鼓動を逸らせる。 



























 気まぐれな、新一。

 

 猫の様なその表情は、平次だけでなく周りの誰をも惹き付ける。



















 どんなに抱いても、その中にいても。





 ・・・・・・離れると全ては過去の戯れになってしまう。























 気まぐれ猫は、ひとつの場所に居着かない。



 最初に夢中になったのは、自分。

 手に入れたくて、側にいて欲しくて、誘ったのも自分。



















 

 手に入れて触れ合う関係になって、改めて感じる不安。

 行き着いても、同性同士の関係にやすらぎも安心もあるはずが無い。













 沈黙のまま、平次は新一を見つめる。

 自分とそんなに変わらなく見えるその体格は、初めて抱きしめた時、胸に納まるその薄さに目を見開いたのを思い出す。

 















「・・・チョコ。口で食わしてや」

「ええ!?」

「その白いやつ。嫌か?」















 あまりの真剣な目に、怒ることも笑うことも新一は出来なかった。

 様子のおかしい平次に戸惑いながらも、ホワイトチョコをひとつ口に挟むと、ゆっくり顔を降ろす。













 ・・・・・小さな正方形の固まりは、唇が触れ合った時点でもう見えなくなってしまう。





















 暫くお互いを行き来していたものが無くなり、待ちかねた様に深くなる口付け。

 自分を支えていた腕の力もなくなり、仰向けだった平次の身体の上に新一が崩れるように体重を乗せた。



 それでも辛うじて両腕を平次の顔の脇に付け自分を支えていたが、髪をすかれる手の動きに耐えられなくなり、とうとう全身をあずけてしまう。













 ・・・・解放された唇から、甘い吐息が漏れた。























「どうした?」











 キスの後の新一の表情は、否応なしに平次の熱を高める。

 その手は髪をすくのを止めない。



 

 2度3度身震いをして、その手から新一は逃れようと藻掻いた。

















「・・・・何で逃げようとするんや」 

「何でって・・・」

















 もう一つの手が新一の下半身に潜ると、既に硬くなりかけのそこを強く掴んだ。

 そして素早く反転してその身体を組み敷く。

























「・・・・っ・・・」









 相変わらず、新一は声を上げない。

 その表情は吐息は、確かに性感帯を刺激している証拠なのに。



 平次は親指で先端を遊びだした。



















「はっ・・・とり・・・」











 シーツに顔を埋めて懸命に沸き上がる波をこらえるその姿。

 無防備にさらけだされた頬に顔を寄せ、平次は吐息と共に口付けを降らす。





















 そして、誰にも聴かせた事のない程に―――――――――・・・・・



 低く、甘く囁いた。













































「─────────────・・・新一」

「!!」





























 突然、新一が跳ね起きた。

 平次を突き飛ばし、壁際に寄って布団を抱えて耳を押さえ蹲っている。



 瞳にうっすら泪を滲ませ、窓から漏れる明かりでさえ判別出来るほどに赤い顔をしているその姿に、平次は暫く呆然とした。





















「工藤・・・・?」













 近寄ろうとするとその分新一は後ずさる。

 今までからは想像も付かないその雰囲気に、平次は戸惑った。















 ・・・・・・そんな姿が一番信じられないのは新一自身。





























「な、名前・・・・・・」

「名前?」

「───────────・・・・ちくしょう、信じらんねえ・・・・っ・・・・」































 がくがくと新一の肩が震えている。

 耳を押さえている手が、静かに降りた。



 他の友人など殆どは下の名で呼ぶ。

 平次は最初が『工藤』だったので、そのまま呼んでいたに過ぎない。















 それが、当の本人にこんな効力があろうとは。

 平次は思わず笑ってしまった。















「・・・・・なに笑ってんだよ」

「せやかて・・・・・・まさかこないに反応、してくれるなんてなあ」

「っ・・・!」

















 新一の顔の火照りは、まだ取れそうにない。

 平次はそのまま近づき壁際に新一を追いつめた。





















「工藤」

「な・・・何だよ」

「お前、可愛ええな」

「!」

「ホンマにたまらん・・・・・・・新一」























 声に出さず平次はその名を囁く。

 耳元でのその言葉は、再び新一の身体を大きく跳ねさせた。



























「・・・・・・・・・たまんねえのはこっちだ。凶器な声、しやがって」



 



























 睨まれるその視線が心地良い。

 言葉と裏腹な表情と身体。







 平次は腕の中に、それを抱きしめる。



























「これからは、名前で呼んでもええ?」

「却下」

「何でやねん。他の奴らには呼ばせとるクセに」

「所構わず発情させる気か。俺の身にも、なってみろ」

「!」

























 だから呼ばせない。

 ふたりきりの時、以外は絶対に。





















 ・・・・・そうして新一は再び微笑った。

































Fin