秘められた想い

『悪い服部。ちょっと遅れそうなんだ』

「ちょっとってどれくらいや?」

『ん―――――・・・わかんね』

「なら俺はどないせえっちゅーねん」















 夜。



 美味しい松坂牛が手に入ったから、一緒に食わないかと新一から誘いがあったのが今日の朝。







 そうして今。

 工藤邸に向かって車を走らせている最中に掛かってきたのが、この電話。

















『先に入ってろっても、お前に鍵預けてねえしなあ』

「・・・しゃーないな。どっかで時間つぶしとく」

『悪い。終わったらすぐ電話すっから』

「頼むで」















 切れる会話。

 平次は溜息をつき、信号が青に変わったのを確かめるとブレーキを離した。




































ひとくぎり











 

 

 

 

 

 

 

 

  「どーせ工藤は謎解きに夢中になっとるから・・・・・あと3時間は無理やな~」

 

 

 

 

 

 

 

   この空いた時間をどうしようかと、考える。

   ぷらぷら店に入るのもいまいち面倒くさいし、欲しいCDは買ってしまったし。

 

 

   それにもう8時。

   大体は閉まる時間帯だ。

 

 

 

 

 

 

 

   ふと窓の外を見る。

 

 

   ・・・綺麗な月と共に、星がちらちら視界に煌いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「よっしゃ。あそこで時間つぶそ」

 

 

 

 

 

 

   ぽん、と手を叩いて平次は角を曲がる。

   そしてコンビニで暖かい缶珈琲を買い、とある場所へ車を走らせた。

 

 

 

 

 

 

 










ひとくぎり











 

 

 

 

 

 

  坂道を走る。

  シーズンは既に終わり、人気もない駐車場に車を停める。

 

 

  平次は外に出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ひゃ~ やっぱ上は寒いな~」

 

 

 

 

 

   新一と共に何度か来た事のあるその場所は、一本の大きな樹が目印だ。

   平次はここが好きだった。

 

   狭い暗い獣道。

   そうして開けてくる、その先に見えてくるのは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・月と、樹と・・・・・・・・・白い・・・・影・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・・・へ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   平次は目を丸くする。

   あるはずのないものが、視界に入ってきたからだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










ひとくぎり











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   月と樹。

   その枝からひらひらと揺らめいているのは・・・・カーテン?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「何じゃありゃ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

   平次は近づく。

   すると、次に帽子みたいなものが見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ――――――・・・・・・・・まさか・・・・あのけったいなシロモノは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・・キッド・・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   つい音に出したその声に樹が揺れる。

   その瞬間、吹いた強い風によってその姿が現れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・・・見覚えのある白装束。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「――――・・・・・・お前・・・西の・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   消えそうな声を発し枝に寄りかかった影。

   それは、どこからどう見てもテレビや新聞を騒がせている『怪盗キッド』であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

   平次はその樹に近付く。

 

   キッドのいる枝は高く、しかも逆光で顔は見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「何や。こんなトコで何しとんねん、怪盗サン」

  「・・・・・お前に関係ねえだろ」

  「普段はそんな口調なんや。えらい親近感沸くやんか」

 

 

 

 

 

 

 

   キッドはそれ以上、口を開かない。

   でも逃げようともしないから、どうしようかと平次は考えた。

 

 

   そうして、1分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・・っくしゅ!」

  「ん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   小さなクシャミが聴こえた次の瞬間、平次の頭に何か落ちてきた。

   それは、キッドの特徴のひとつである白いハット。

 

 

 

 

 

   でも、それは何故か冷たく濡れていて――――――――――・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「おい――――・・・それ、返せ」

  「お前、水でも被ったんか?」

  「・・・・・どうでもいいだろうが」

  「はーん・・・・・逃げる最中にプールかなんか突っ込んで、そんまま飛んで来たはええけど熱出てきてボーっとしてきて、ココで休んどる時に俺が来たっちゅーワケやな」

  「・・・・・」

  「けど、俺が中々帰らんから困っとるんや」

 

 

 

 

 

 

 

 

   キッドは答えない。

   でも、その無言が平次の言葉を肯定している。

 

   平次は枝に手を掛け、覗き見上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「とっとと飛んで逃げたらええのに」

  「・・・・」

  「それとも、捕まえて欲しいんか?」

  「・・・・・・」

  「おい・・・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   相変わらずの無返答。

   でもちょっと様子がおかしい・・・・・?

 

   平次は気になって、樹に登った。

 

 

 

 

 

 

 

 

   反対側の太い枝からその白い影を覗く。

   熱い息を吐きながら、キッドは大きく肩を上下していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ちょ、ちょおお前ヤバイんか?」

  「・・・平気だ」

  「その様子やと飛べんわな・・・・・世紀の怪盗様も熱には勝てへんか。俺、おぶって下に降ろしたろか?」

  「馬鹿かてめえは・・・・・いいからさっさと消えろ。お前が消えれば、俺は歩いて帰る」

  「・・・・工藤かお前は。可愛くないトコそっくしやな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とは言ったものの。

 仮にも怪盗と探偵という間柄だから、それもしょうがない事で。

 

 でも暗闇で顔の表情など解らないし、声だってこの姿だって多分、彼の得意な変装だろうから正体なんてバレないだろうと平次は思ったのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

   やっぱり、余計なお世話だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・・枝にもたれている影が時折ひどく震える。

   その頭に、持っていた白い帽子を平次は乗せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ほんなら返したで。お望み通り消えるし、早よ家帰って風呂入りや」

  「・・・・」

  「あ。そや。手、出し」

  「?」

  「珈琲飲めるか? ちょお温くなってもうたけど、まだあったかいし。やるわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

   平次はポケットから珈琲を出しキッドに差し出す。

   不信気に出されたその手に、やっぱり濡れた白い手袋があった。

 

 

 

 

   真夜中に近づくにつれて、寒さも段々酷くなる。

   平次は急いで下に降りた。

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・そのまま、振り返ること無くその場所を離れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   キッドは、幹にもたれたまま目を閉じた。

 

 

 

 

   朝から風邪気味だったのに、仕事だからと無理を押して来て見ればこのザマ。

   逃走中に水道管が破裂した現場に出くわしてしまい、水浸しのまま空を飛んできたのだ。

 

 

 

   まっすぐ家に帰ろうと思っていたが、だんだん頭痛は酷くなり。

   目も霞んできて息が熱いと自分で感じたから、ヤバイと思い近くのこの樹に降りた。

 
 
 


   そして・・・・・・何故かここで服部平次に会ってしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・・ホントは珈琲飲まねえんだけど」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   でも、缶珈琲は暖かく。

   それは確かに自分に少なからず暖を与えてくれるから。

 

 

   開けて、飲んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・・にが・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   少し顔をしかめる。

   でも、一気にそれを飲み干した。

 

   そしてふわりと、下へ降りる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   今日も探し物は見つからなかったけど。

   まだまだ、ゴールは見えないけど。

 

   少しあったかい気持ちになれたキッドは、次の瞬間『黒羽快斗』に戻り、熱い 身体を引きずり道を降りて行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 








ひとくぎり











 

 

 

 

 

 

 

 

   平次は、車の中から音が聞こえているのに気付く。

   それは自分の携帯電話だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ああああ! せやった、持ってくの忘れとった!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   急いで中に入り、電源を押す。

 

   ・・・・すると案の定の怒鳴り声。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  『服部!! 何度電話すりゃー出るんだ!?』

  「すすすすまんて~~、ちょお車に忘れて出てしもたんや」

  『ったく・・・・案外早く終わっちまって、もう家に居るんだよ。準備万端なんだよ。先に食っちまうぞ?』

  「す、直ぐ帰る! 5分で着くし!」

 

 

 

 

 

 

 

 

   電源を切ったあと、平次は着信履歴を見た。

 

 

 

   ・・・・計13回。

   こりゃー怒っていて当然だ。

 

 

 

 

 

 

   既に、刻は9時を過ぎ。

   急いで車を発進させると、車通りがないのをいいことに、死なない程度のスピードで工藤邸へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 








ひとくぎり











 

 

 

 

 

 

  「今日は何で遅うなったん?」

  「キッドの予告日だったらしくてさ。興味あったから覗きに行った」

  「ほー・・・」

  「それがよー。追っかけてる途中で水道管破裂して、その場に居た奴みんな水浸しになっちまってさ。キッドも勿論被ったんだけど・・・・・・・水吸って重いはずなのに、それでも空飛んで逃げちまうんだぜ? 凄えよな」

  「・・・それでか」

  「?」

 

 

 

 

 

 

 

 

   リビング。

   腹いっぱい食べ終わった後の、のんびりとした時間。

 

 

 

   ソファに転がった平次が、夕刊を読んでいる新一に問う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・っくし! あー・・・やっぱ薬、飲むか・・・・・」

  「え、工藤も水かぶったん?」

  「だからお前に車で迎えに来てもらおうと思ったのに、全然出ねーし」

  「それで、誰かに送ってもらったんか?」

  「――――・・・まあね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   何故か、新一は間を置いて答えた。

   平次は無性に気になる。

 

 

 

 

 

 

 

  「だ・・・・誰・・・?」

  「んな事より、お前こそ何してたんだよ」

  「何て・・・」

  「携帯置いてどこほっつき歩いてたんだ?」

  「――――・・・・工藤が言わんのやったら、俺も言わん」

  「何?」

 

 

 

 

 

 

   お互い睨み合う。

   次に、平次が姿勢を変えテレビのリモコンに手を伸ばした。

 

   その時、また新一はくしゃみをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・・さっさと薬飲も」

 

 

 

 

 

 

 

 

   立ち上がり新一が戸棚に向かう。

   薬を入れている引出しから袋を取り、その中から錠剤を3粒出し、コップに水を入れ飲んだ。

 

   そうして、くるりと身体の向きを変えると・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「うわ!」

  「・・・・・身体、冷えとる」

  「ちょ、ちょっと・・・・っ・・・」

  「ホンマ、悪かった」

  「・・・もういいって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   すぐ後にいた平次。

   驚いているその身体を抱きしめ、肩口に顔を埋める。

 

   その声に新一も抱き返しながらやれやれと微笑った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・その時、下腹部に与えられる感触。

 

   新一は平次を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「おい・・・・・ここでしたいのか?」

  「今の工藤の声に、キてもうた・・・・・」

  「・・・・」

  「アカン?」

  「いや――――・・・・俺も、欲しい・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   キッチンの床は冷たくて硬いし。

   でも、これからソファに移るにはその距離が何だか恥ずかしいし。

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・何より既に平次は新一のものを布の上から刺激し始めていたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   このまま。

 

   この、場所で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「服部・・・・」

  「・・・ん?」

  「キス、しろ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   シャツの前をはだけさせ。

   冷たい床に身体を置き。

 

   平次の首に手を廻し、新一はねだる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・さっきからしとるやん」

  「足りない」

  「おかしなやっちゃな~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   そうして、また2度3度。

   ついばむようなものから、舌を絡め合う激しいものまで。

 

 

   なのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「駄目だ、止めるな」

  「はあ? お前なあ、この先進めへんやろが」

  「・・・・・・」

  「工藤・・・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・・解らない。

 

 

 

 

 

   でもあの感触が、全然消えなくて――――――・・・・・お前以外じゃ駄目なんだって、気付いたら・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「・・・なんてな。ちょっと困った?」

  「お前なあ・・・」

  「それにしてもココ寒いな、早く熱くしてくれ」

  「・・・・・・相変わらずムードもへったくれもない誘い文句やな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   新一の表情は、暗くて見えない。

   だから平次は誘われるままその身体に手を伸ばした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








ひとくぎり











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ・・・・これから俺は、どうなるんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   あの時、水浸しにならなければ。

 

   あいつの車に乗らなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   俺は確かに、この気持ちに気付かないままいられたのに・・・・・

 

 

 

 

 

 

 










Fin


>>>新一の言葉の意味は? 内容がリンクしている白快「The secret」はこちら。