『工藤、明日こっち来えへん?』

「は?」

『うちの桜な、ちょうど見所やねん。花見しようや』

「へえ・・・」



















 夜。



 春休みのテレビも特別番組ばかりの頃。

 食事も終え、珈琲を飲みながら本を読んでいた新一の元に掛かってきた電話。













『蘭ちゃんも休みやろ? 毛利のおっちゃんとかも誘ってこいや』

「・・・そうだな、今んとこ忙しくないし」

『駅着いたら電話し。待っとるで』

「解った」













 受話器を置く。





 学校も今は春休み。

 暇を持て余していた所だ。観光で出かけるのも、悪くない。

















 ・・・・それに。

























 新一はもう一度受話器を取る。





 少し考え――――――――――――・・・・・・蘭の家への番号を押した。








桜思想[01]





「工藤! ここや」

「あ。いたいた」

「和葉ちゃ~ん♪」

「蘭ちゃん! 久しぶりやね、少し痩せた?」









 新大阪駅。

 改札を抜けると数ヶ月ぶりの顔が手を振っている。











「あれ、おっちゃんどないした」

「・・・・ガキのお守りは御免だとよ」

「ほー・・・ほんなら、2人っきりのデートな訳か」

「そ、そんなんじゃねえよ」













 平次は新一を小突く。







 ・・・・・両想いのくせして、何しとんねん。

 そんな平次の声が聞こえ、新一は何故か胸が痛み苦笑いした。











「ちょお何しとんの平次、アンタの車、はよ回してきてや!」

「へーへー・・・人使い荒いやっちゃな」

「ごめんね服部くん」

「コイツも蘭ちゃんくらい女らしゅうしてくれると助かるんやけどな~」

「何か言うた?」











 いつもの様に繰り返される平次と和葉のやり取り。

 新一はそれを見ると、やっぱりちくりと胸が痛む。























 ・・・・どうしてなんだろう。

















 未だに新一は解らない。

 こんな症状になってから、既に数ヶ月経っている。



















 ・・・・服部は・・・・・本当は、和葉ちゃんの事どう思ってるんだろう。























「アタシの顔、何かついとる?」

「へ?」

「工藤君にそんな見つめられたら、なんか照れてまうわ」

「あ、いや別に」















 視線に気付いた和葉。



 とにかく顔の整っている新一。

 それがずっとこっちを見ているのだから、気になってしょうがないのだ。













「も~ 新一ったらすぐ人ジロジロ見るクセやめなさいよね」

「なあ2・3日こっち居れるんやろ? 蘭ちゃんはアタシんち泊まるんやし、工藤くんは平次、任せたで♪」

「和葉ちゃんちって初めてだね~ 楽しみ!」















 2人の勢いにのまれる新一。

 その時、和葉の携帯が鳴った。













「平次? ん、わかった」

「来たみたいだな」

「あ、ねえ珈琲買ってこ。のど渇いちゃった」











 先導する和葉に2人はついて行く。

 そして車に乗り込むと、平次は自分の家へと車を走らせた。
























ひとくぎり

























「うわあ・・・」

「・・・・・・お前んち、こんないっぱい桜の樹、あったっけ?」

「ええやろ。部屋からも見えるし、こん時期は桜見ながら眠るんや」

















 それは、庭いっぱいの満開桜。

 広い服部邸の中庭の周りを、それらが埋め尽くしている。





















 ・・・・・・こんな見事なものは新一の家にもない。























 2人は縁側に座り、しばし見惚れた。





















「うちのは・・・まだ蕾ばっかだったな」

「東京はこれから本番やろ」

「蘭ちゃん、近くで見るとまたちゃうねんで? 行かへん?」

「ホント? いくいく!」















 さすがに女の子達は、夢中な様子。

 和葉と蘭は元気に駆けていった。

















「女はホンマに好きやな~ こーゆうん」

「全く」

「工藤は? 家にもあるくらいやから、好きなん?」

「別に生まれた時から庭にあっただけだし・・・・・・」















 風もなく。

 穏やかな陽だまりの中。















「まあでも、好きかな」



















 そう呟き、綺麗に微笑う新一。

 ・・・平次はどうしてかドキリとする。

















「そ、そうなんや」

「ああ。どうした変な顔して」

「・・・確かに変や・・・俺」

「?」











 平次にも訳が解らないらしく瞬間表情が止まる。

 そんな姿に新一が首を傾げた所に、やがて母親がお茶と和菓子を持って来た。



 やっぱり花見には付き物だ。

 少し苦いそれが、お菓子の甘さによく合う。









「工藤はんは、ホンマお母さん似やなあ」

「そうですか?」

「うちの人も、昔写真集めてはりましたえ」

「へ!? それホンマか?」











 母親の言葉に平次が驚く。

 あのどっからどう見ても堅苦しい父親が、芸能人に興味があったとは。











 しかも。



 それがよりによって工藤新一の母親・・・・・・・

















「光栄です。母も喜びます」

「あのオヤジがなあ・・・・・・こらええネタ聞いたわ」

「なになに?? 面白い話なん?」

「ねえ新一、すっごいのよ! あっちまでずっと続いてるの!」













 和葉と蘭が戻って来る。

 笑いの止まらない平次に、何事かと興味を示す2人。











 でも、やっぱり『花より団子』。



 目の前のお茶と和菓子にすっかり興味はそっちへ移っていった。

















 そのまま、しばし談笑。

 それぞれの近況なんか話したりして、あっという間に時間は過ぎていった・・・・・・




























ひとくぎり

























 夜の11時過ぎ。

 風呂も終わって、用意してくれた寝間着がわりの着物を新一は着る。











「なんか旅館に泊まりに来てる気分だな」

「メシも美味かったやろ?」

「ああ、久々に腹いっぱい食ったよ」











 振り向く肌が、ほんのり紅い。

 さっき日本酒をご馳走になったのだ。



 新一は気持ち良さげに座布団に座り息を付いた。













 ご飯を食べ終わって蘭は和葉の家へ行った。

 だから、ここには平次と新一の2人のみ・・・・・・
















「・・・・・・綺麗だな」

「ん?」

「ホント良く見えるな、桜」














 座ったまま仰向けになる新一。

 視界に映ったのは、窓から見える一面の夜桜だった。



 うっとりと瞳を細める。














「ガラス越しだと魅力半減や。ちょお待ち」
















 すると平次は窓を開けた。

 ざわざわと音がして、樹は揺れながら時折花びらを舞い落としている。














「へえ・・・」

「な。ええ眺めやろ?」

「服部、そのまま動くな」

「へ」

「そのまま・・・・桜の方見てろ」

「・・・・何やねんな」














 いきなり強い口調で言われる。

 訳も解らず、でも言われるまま平次は窓に寄りかかった。









 ちらちらと舞う花びら。

 腕を組みながら、それを見つめる。












 空には、月。
























 ・・・とくん。
















 色素の濃い肌が適度に布から見えている和服姿。

 どう考えても、着慣れているのだろう身のこなし。





 新一の胸は再び鳴る。














「ちくしょう。やっぱカッコイイな、お前」

「ああ?」

「・・・・・ちょっと酔っちまった。このまま寝る」

「ちょお待て! 寝るなら布団に寝ろや、風邪ひくで」

「もう動けねえ・・・・・」




















 この感情は何だろう?



 この切なさは、何だろう?




















 この鼓動の速さは・・・・何なんだろう?






















 そのまま横になり、視界から平次を無くす。

 目を閉じても鮮やかに甦る今の残像。




















 ――――――・・・・・・・酔ってるだけだ、きっと。

























 身体が熱い。





 顔が、火照る。





















 身体を横にしたことで露になった新一の肌。





 寒いはずの空気が、どうしてか気持ち良かった・・・・・




























ひとくぎり


























「無防備なカオして寝るやっちゃ・・・・・」










 吐息が聴こえてくる。

 どうやら結局、そのまま眠ってしまったらしい。





 無防備に肌をさらけ出したままの格好。

 特に足にほとんど布が見えなく、左肩は肌が見えている。

















 『俺がそういう趣味やったらとっくに襲っとるで・・・・』と平次は顔を赤くしつつ、布団をかぶせた。



 その、時。



























「ん―――・・・・・・」

「!」























 新一が寝返りをうった。





 ・・・・その瞳を閉じた顔が平次に向く。





























「ホンマ綺麗なカオやなあ・・・・・」

























 つい声に出して平次は呟く。

 何故か目が離せない。





 その新一が、寒そうに掛け布団に擦り寄った。























「せ、せや、窓閉めんと」













 慌てて平次は立ち上がる。

 そうして、窓のところで深呼吸をしてから硝子を閉めた。



















 ・・・・・・相変わらず、桜は風に泳ぎ月が照らす。































 満開の桜。







 漆黒の夜空に綺麗に映える、宵桜。































 ・・・・桜には、人を酔わす魔力がある。



 やがてふたりの心に効き目を表す、魔力が・・・・・・・