戻れない過去




「バレー、負けちゃったな」

「惜しかったなー」

「野球もな~」

「やっぱ難しいもんやなあ」















 8月も終わる頃。

 アテネオリンピックも終盤戦に入った夜、工藤邸で酒を飲む東西の名探偵。



 今回のアテネは、かつてない程のメダルラッシュ。

 でもやっぱり。



















 ・・・・・金を取る選手もいれば、メダルまで届かない選手もいる。

























「勝負は一瞬だからな」

「せやな。敵は『戦う相手』やなくて、『自分自身』や」

「さーてと、フロ入ってくる」

「・・・・なあ工藤」

















 新一も平次も、スポーツをやっているから知っている。

 まあ新一の方は過去形になるが・・・・



 どんなに練習しても、身体を鍛えても。

 本番に何が起こるか解らないのが『勝負』の世界。

















「ん?」

「また、やればええやん」

「・・・・何をだ」

「玉蹴り」

「タマケリ言うな。このチャンバラ野郎」

「どわっ!」















 ソファを立ちながら新一はシャツを脱ぎ、目の前の男に投げた。

 すると視界を塞がれバランスを崩す平次。



 後ろから、転ぶ。

















「何すんねん!」

「中途半端で出来るほど甘かねえって事、お前が一番知ってるだろ」

「せやから」

「うるさい。二度と言うな」













 吐き捨てると新一はすたすたと風呂場へ向かう。

 形の良い背中が涼しげに『追い掛けてくんな』と言っていたから、平次は『へいへい』と息を付いた。






























ひとくぎり





































 ・・・・・・最初は、探偵に必要な体力をつける為だった。

































 熱い湯が頬を伝う。

 目を閉じた時に浮かぶ情景は、中学の頃に見た夕暮れの空。





















 一生懸命やってたさ。


 朝から晩まで練習して、雨の日もボールを追い掛けまわして。

























 ・・・・だからその時は気が付けなかったんだ。































 決して『必要だから』だけじゃなく。



 『どうして』続けていたのか、という事を。





























「・・・・・・・こんなに好きだったなんてな」























 やめなければ良かった。

 高校に入っても、続けていれば良かった。















 服部もそうしているように。



 好きなものは、苦しくたって両立できるはずだったんだ――――――――――・・・・・


























「っつー・・・・・・やっぱ右脚、響くな」

















 日常生活に支障は全くない。

 ただ、激しい運動には耐えられない。















 一度変化した骨と細胞。



 そして再び急激に戻った新一の身体は、あちこちに後遺症を残していた。

 中でも酷いのは、右脚と体力の消耗。





 だから。



























 ・・・・・もう二度と試合なんか出来ないし、シュートも打てない。

































 しょうがない。

 どれもこれも、俺のせい。



 自分でまいた種が原因でこうなった。



























 ――――――――――・・・・・あの日、遊園地で奴らの後を追い掛けたのは、他ならぬ自分なのだから。










































ひとくぎり







































「そんなに駄目なんかなあ・・・・・」













 テレビから流れるオリンピック情報。

 それを視界に入れながら、平次は酒を飲み続けていた。

 



















「・・・・・あんなに身体はしたがっとるのに」















 サッカーの試合を観てる時。

 新一の身体は、とにかく選手と同化していた。



 選手がパスを出せばその方向へ脚が動き。

 とにかく、身体全体で反応していた。

















 ・・・・・・だから平次は試合より、新一を見ている方が楽しかった。



























「まあ。俺もおんなしやけどな」













 みんなそうかもしれない。

 誰もが、自身をフィールドに立たせて見ている。



 考えるよりも先に身体が反応して。

 その表情は、本当に――――――――・・・・・・・・



















「・・・・・・・っ・・・・」























 その時平次は気付いた。



















 確かに新一は楽しそうだった。

 一生懸命、応援していた。



 でも。

























 ・・・・・その瞳は哀しそうな色を浮かべていた。








































ひとくぎり































「工藤」

「うわ!? な、何だよ??」

「いや。俺も汗かいたし」

「だったら俺が上がってから入ればいいだろ!」

「エエやん。今更恥ずかしがらんでも」













 突然、風呂場の扉が開いた。

 入り込んできた空気に新一が振り向くと、平次がいたのだ。



 その表情は至って真面目。

 だから新一も、冷静に返した。













「・・・・悪いけど、今そんな気分じゃねえ」

「俺もや」

「じゃあ何しに来た」

「そーゆーのナシで一緒に浴びたい気分になったんや」

「は?」

「さっきはスマン。よう考えもせんで言ってしもた」













 新一の身体にふわりと巻き付いている泡。

 それに視線を留めながら、平次はシャワーヘッドを取った。



















 ・・・・・ゆっくり、目の前の身体を洗い流して行く。

























 変わらず平次の表情は硬いまま。

 新一はそれを見上げながら、小さく微笑った。























「バーカ。らしくねえぞ」

「・・・・ホンマに、もうサッカー無理なんか?」

「ああ。脚がちょっとな」













 言いながら今度は新一がシャワーヘッドを奪い取る。

 そして、思いっきり平次の頭にお湯を掛けた。





 前髪の間から覗く、僅かに伏せられた瞳。

 何か言いたげなそれに再び新一は微笑う。



















 ・・・・・・すると視界が塞がれ、生温い感触が口唇に触れて離れた。

























「後悔しとるんか」

「したって過去には戻れない」

「・・・・」

「しねえよ。するかよ―――――・・・・・・じゃなきゃ、お前に逢えなかった」

「っ・・・・」

「確かにサッカーが出来なくなったのは悔しい。けど、あの事件がなければ・・・・お前とこんな関係にも、ならなかっただろ」























 こうして触れ合える関係になったのも、身体を小さくされていた時間があったから。















 共通の秘密事。

 それがあったからこそ、解り合える事も多かった。

























 ・・・・頭上で変わらずシャワーが、大きな音を立てている。































「工藤」

「もう離せ。これ以上浴びてたらのぼせる」

「・・・そやな」



















 自分よりも広い胸。

 包まれている感覚が気持ち良くて、つい目を閉じてしまった新一。

















 ・・・・・その腕を押し返す。































 慣れてしまってはいけない。

 この腕の温もりは、自分を安堵させる危険なもの。

























 ・・・・・・・こんな弱い自分はお前に知られたくない。































「ちゃんと窓開けて、足マット干して来いよ」

「解っとるがな」

「ならいいけど」















 だから新一は振り返らず出た。

 背中を向けたまま、扉を閉めた。





 ・・・・深く息を付いても。

 硝子の向こうのシャワーの音が、それを消してくれた。




































ひとくぎり





































 過去には決して戻れない。

 だからこそ、未来に繋がる『いま』がある。





























 お前に出逢えたあの時があったから。















 ・・・・・・・・俺は、今でもこうして笑っていられる。


















































Fin