許せない理由




 ・・・・・・・『江戸川コナン』から『工藤新一』に戻って、体質が変わった。





















 骨が縮んだり、細胞が若返ったり。

 そんな到底ありえない事実があったのだから、仕方ないのは解ってる。



 何度も強い解毒剤を試し、その度に免疫が付いて、更に強い薬を服用していたのだから、どう考えても身体は弱っていった。











 けど。





















 まさか、戻ってからの生活に支障を来すとは思ってもいなかった・・・・・・









 
























ひとくぎり



































「風・・・・・強いなー」

















 ガタガタ揺れる窓。

 梅雨の合間の、湿った空気。





 ・・・・・今日は晴れるって予報だったのにな。

 朝のニュースを思い出しながら、新一は洗濯物を取り込み空を見上げた。















「なんや、渇いてへんな」

「しょうがない。乾燥機かけるさ」

「せやったら貸し」

「やってきてくれんの? 珍しい」















 今にも雨粒が落ちそうだ。

 16時過ぎまで待ってみたが、これ以上は干しておいても無駄だろう。



 息を付きながらカゴを抱えると平次が庭へ出て来た。

 何故か、キョロキョロしている。















「何ぞしとらんと、落ち着かん」

「情けねえな」

「止めよ思て努力しとんねん。茶化すなや」

「そうだな。近寄ってもニオイねえって事は―――――・・・・あれからずっとか?」

「お、おう」















 新一は平次の口元に近付く。



 少しだけ自分より背の高い彼。

 くんくんと犬のような仕草をすると、急に後ずさった。













 ・・・・・新一は、微笑う。



















「よし。今日は泊めてやる」

「ホンマ?」

「約束だからな。その調子で完全に止めろよ」

「解っとるがな」

「んじゃ、宜しく」













 ほいと洗濯かごを渡す。

 家へ入り、新一はそのまま二階へ上がった。



















 ・・・・・背中に平次の視線を感じる。



 彼の視界から見えなくなったのを確かめると、深呼吸して自室の扉を開いた。


































ひとくぎり



























『新一~ ゴメン、かーさんに用事頼まれちゃって、行けんの夕方くらいになりそう』

「解った。でも泊まりは大丈夫なんだろ」

『あったり前じゃん! あ、白馬の奴も一緒に行くから―――――・・・・・・・とにかく行く時、連絡する。けど買い出し・・・・・・』

「それは大丈夫。服部いるから」















 部屋に入ると、携帯が鳴っていた。

 快斗からだ。











 今日は6月20日。

 快斗の誕生日を明日に控えた今夜、気心が知れたいつもの四人で飲み明かす予定になっている。



 本当は昼過ぎにこの家へ快斗が来てて、一緒に夕食の買い物に行く予定だったのだが・・・・・・

 まあ、祝う相手を買い出しに付き合わせるのもどうかと思っていたから、結果的には予定より早く平次が来てくれて良かった。







 『それじゃ後で』と言うと携帯を閉じる。

 そして、ベッドに寝ころんだ。



























「・・・・・・・・あいつホントに禁煙してんだ」

















 天井を見つめる。

 今さっき確かめた、平次を思い出した。





 この前会った時は半径1メートルにも寄りたくなかったのに。

 数センチの距離に近付いても、少しのニオイも残ってはいなかった。





















 それは。



 ・・・・新一が大嫌いなタバコのニオイ。

























 『コナン』から『新一』に戻って、体質が変わってしまった。

















 それまでは父親も吸っていたし。

 慣れてはなかったけど、嫌いと言うほどでもなかったのに。



 警視庁に寄ったある時。

 色々な種類の煙が充満する中、新一は初めて目が開けられない状況に陥った。













 それからは過敏なほどタバコに反応する様になり。











・・・・・・長くその状況に置かれると、目眩を起こして倒れるほど。































「・・・・」















 自分のそんな状態を自覚し暫く経った時だった。

 平次が、喫煙している事実を知ったのは。



 それは数週間前。

 三ヶ月ぶりに、警視庁で会った時だった。
































ひとくぎり

































『まいった・・・・今日はまたスゲエ煙だ――――――――――・・・事件も続いてるし、しょうがねえけど』















 最近、各地で起きている未成年の傷害事件。

 夏が近付くにつれ、新一もいつもの事だが出くわすことが多くなっていた。



 必然的に警視庁に来るのも多くなり。

 何時間も、ひとつの部屋に拘束されることもしばしば。















 ・・・・・・今日も大学が休みなのもあって、朝から座りっぱなし。


 加えて。















 色々なブランドの煙を全身に浴び、間接的に吸いっぱなしだった。































『休憩はあと5分か・・・・外の空気、吸ってこよ』













 トイレで目を洗い、目薬を差してひと息。

 腕時計を確かめてから廊下へ出る。



 そして入り口近くの自販機で缶珈琲を買うと、高い陽射しの元へ向かった。











 ・・・・と、その時。

 太陽を背にして見知った男が歩いてくる。























『―――――・・・・・服部?』

『おー 工藤やん! 久しぶりやな~』

『何しに来た』

『ツレナイな。用がなきゃ来ちゃイカンか』

『ここは警視庁だぞ?』

『しゃーないやろ。親父には逆らえへん』

『へ? 本部長、来てるのか』















 相変わらずの新一の反応。

 学生の身で警視庁へ出入りしているのはお互い様なのに、おかしな会話だ。



 ふと、平次は新一の手元を見た。













『ちゃうちゃう。例の事件、俺も奈良で出くわしてな、オヤジ通して呼ばれたんや。話聞きたいて』

『・・・・・ああ、そうか』

『今休憩か? 俺も、何か飲もかな』

『―――――・・・!?』



















 今日はまた暑い。

 帽子を取りながら、缶珈琲を目に留めると平次は新一の脇を通った。



















 ・・・・・・・その時ふわりと匂ったもの。





 それは、確かに嫌いなニオイだったから新一は目を見開いた。























『・・・・・・・どうしてお前まで』

『は? 何が』

『おーい工藤君! って、あれ? 服部君?』

『あ。高木はん、どーも』

『そうか、そろそろ着く頃だったな。じゃあ二人とも、そろそろ始めるから』

『あ、はい』















 煙草を吸ってるんだ?

 そう続けようとしたが、高木刑事が休憩時間の終わりを告げに来て遮られた。



 タイミングが狂わされた新一。

 こうなっては、もう聞けなくなってしまう。



















 ・・・・・それから数時間。





 新一は再び気が滅入る空気の中、信じがたいその事実が頭から離れなかった。


































ひとくぎり





























『服部』

『んー?』

『・・・・お前、いつから吸ってんだ?』















 その帰り。

 刑事課の人たちに誘われ、飲んだ帰りだった。



 22時過ぎの米花町。

 工藤邸へと歩いている時に、新一はようやくその言葉を出した。









 さすがに目上の人が吸っている場所ではやらないのか。

 飲み屋ですら、取り出してなかったけど。













 ・・・・・・・まわりくどいのは嫌いだから、直接聞いた。

















『吸うて?』

『とぼけるな。どうしてだ』

『―――――・・・・・さすがに工藤には隠せへんか』

『悩みでもあるのか? だったら話せ。聞くくらい出来るぞ』













 平次も面食らったようだ。

 そりゃあ、ハタチも過ぎてるのにとやかく言われても・・・・・と思ったのか。





 少し、困った顔をした。















『なきゃ吸っちゃイカンか?』

『信じられねーんだよ。剣道やってるし・・・・・それに嫌ってただろ、タバコ』

『ああ。今でも嫌いやな』

『ならどうしてだ』

『・・・・どうしてて聞かれてもなあ』



















 新一は睨んだ。













 まさか、と思った。

 こいつが煙草を吸っている姿なんて、似合うだろうけど信じられない。



 それに知ってる筈だ。

 スポーツをやってる身体なら、どんなにマイナスになるかぐらい。












 ・・・・・・・そこまで自己管理できないバカだったんだろうか?





















 新一は足を止める。

 そして瞬間、目を閉じた。

























 ――――――――――・・・・・本当に腹が立つ。





 本当に、こいつが。 





















『・・・・服部』

『吸う言うても、稽古ない時ちょおやるくらいやぞ』

『別に、俺の身体じゃねえから構わないけど――――――――――・・・・・って言いたい所だがな。タバコは、吸ってる人間より吸ってない周りの人間に害を及ぼす。そのニオイや煙は、苦手な人間にとって耐え難い苦痛にしかならない。それくらい、知ってるよな』

























 ・・・・・・・・俺が好きな『服部平次』なのだろうか。































『・・・・ああ』

『ハッキリ言う。俺は、それを苦痛に感じる側だ』

『へ・・・? け、けどそんな素振り、みじんも・・・・・・』

『警視庁や飲み屋で俺の我がまま言う訳にいかねえだろ。みんな目上の人だし、我慢くらい出来る。けどな』





















 新一は再び歩き出す。

 赤信号に気付き、止まってまた平次に視線を移した。





















 そうだ。



 好きだからこそ、許せない。

























 新一はとっくに知っていた。

 服部平次が、自分に惚れている事実を。



 しかも彼が自覚するより先に。























 ・・・・・・・でもまさかタバコに手を出すとはな。

























 失敗した。



 自分のこの状態を、こいつには知らせておくべきだった。

 というかさっさとモノにしとけば良かった。



















 好きと自覚したのは自分が先だった。







 ・・・・・自分への気持ちを隠そうとしている平次を、面白がっている場合ではなかったのだ。

































 だから言う。

 そうして、止めてもらう。



























『お前の喫煙だけは、絶対に許さない』































 ・・・・・・・・・じゃないと、このままじゃキスも出来やしねえ。































『へ・・・・?』

『止めなかったら二度と家に泊まらせない。覚悟するんだな』

『ちょ、ちょお工藤!?』

『強要してる訳じゃない。別に今度からホテルにでも泊まれば良いんだし、好きにすればいい』















 新一は嫌味なくらい綺麗に微笑う。

 青信号を確認し、歩きながら。



 平次はもう何も言えない。















『工藤に言われんでも、もう止めよ思とったわ』

『どうだかな。とにかく半径1メートル以内に近付くな、目眩がする』

『そ・・・・そんなにニオうんか?』









 くんくんと自身の腕などを嗅ぐ平次。

 けれど、喫煙者にそのニオイが『いやなもの』と解る筈はない。









『今日は仕方ねえから泊まらせてやる。ただし、下の書斎で寝ろ』

『は? あそこの何処で寝ろ言うんや?』

『布団は上から自分で運べ。解ったな』

『・・・・』













 工藤家で喫煙が許されている場所。

 それは、父親の部屋である書斎だけだ。















 ・・・・・・・・これだけ言えば二度と吸わないだろう。























 新一は微笑うと、すっかり気落ちした平次を背に先を急いで行った。






































ひとくぎり



































「じゃあ後は、キッカケでも作ってやるかな」

















 あれからひと月。

 約束を守り禁煙している平次に、新一は宿泊許可を出した。





 もちろん計画通りだ。

 新一は、勢いを付けて起き上がる。





















 ・・・・・・・さっきの様子からして、ますます自分に熱を上げているのは間違いない。



























 そりゃそうだろう。



 会えない日々は、より想いを強くするのだ。















 とにかく。

 新一は平次が滞在するこの数日の間に、さっさと先へ進もうと決めていた。































「俺も我慢の限界だっつーの・・・・」



















 新一は、最近よく見る夢があった。





 鮮やかな映像。

 フルカラーのそれは、あまりにもリアルで。















 ・・・・・・決して人には言えない内容だ。





























「気を取り直して、買い出しに行くか・・・・・」











 そうして深呼吸。

 これから、食料を調達しに行かなければならない。



 バカみたいに悶えている場合じゃないのだ。









 新一は着替えを済ませる。

 そうして、再び大きく息を吸うと階段を下りて行った。
































ひとくぎり

























「服部、行けるか?」

「おう」

「魚料理以外っつったら肉と野菜か――――――――――・・・・・・ん~ どーにかして食わせたいな。なんか方法、考えろ」

「無理やろ。あいつ、前にすり下ろしたイワシも感知したし」

「日本に住んでて魚食えねえのって、食の楽しみ半分は損してるよな」

「ホンマやな~」



















 リビングで平次が待っていた。





 明日は21日。

 一般的に夏至と言われ、一年で最も昼が長い日だ。



 と同時に、二人にとって大事な友人の誕生日でもあった。















「あれ」

「どうした?」

「これて・・・・・」

「ああ、快斗の忘れ物。うち禁煙で吸わせねえから、玄関に置いとくんだけど良く忘れて帰るんだ」

「・・・なぬ?」













 靴を履きながら、ふと見た先にあったのはタバコの箱。

 それについて問う平次に新一はサラリと答えた。



















 ・・・・・お。カチンと来てやんの。



 それが解ったから、新一はまた楽しくなる。

















「何してる。ぼけっとしてねえで、さっさと出ろ」

「・・・・・黒羽には寛容なんやなあ。俺には止め言うといて」

「は? そりゃ、あいつはお前じゃねえし」 

「意味解らん。差別や差別!」

「るっせーなあ・・・・・・別に良いんだぜ。お前がこの家に入れないだけの話だ」





















 本気で怒ってるよ・・・・・・可愛いなあ。

























 ポーカーフェイスの新一。

 でも、心の中でそんな事を思っているなんて平次は知るよしもない。



























 まったく、これでも俺を好きなの隠してるつもりなのかねえ・・・・・・




























 口の端だけで微笑い、新一はわめく平次を押しやる。



 相変わらず湿った風。

 頬に張り付く髪をかき上げ、門を出た。







 平次が声を掛けてくる。





















「オイコラ、何処いくねん」

「ワインも買うし、車で行くぞ。運転しろ」

「・・・・・」

「何か文句でも?」

















 駅へ向かわないのを変に思ったのだろう。

 しかし、歩いて買い出しに行くわけがない。













 ・・・・・・・・何人分の食料を買うと思ってるんだ?

 持って歩いて、帰れる訳ねえだろうが。











 新一は言葉に詰まる平次を車庫へ引っ張ると、運転席へ押し込んだ。





























「なにカリカリしてんだ。らしくない」

「せやかて」

「・・・・・・あの煙草は親父のだよ。うちは前から、書斎だけが喫煙可能スペースだったからな」

「へ?」















 シートベルトをする手が、瞬間止まる。

 そうして新一に向いた。















「一週間前に帰ってきてたんだ。で、あそこに忘れて帰っただけ」

「せやったら何で黒羽のやて嘘つくねん」

「そりゃ服部の反応が見たかったからに決まってる。お前、快斗に過剰な反応するもんな~ 何で?」

「な、何でて何じゃそりゃ?」

















 エンジンをかける。

 直ぐに前に向き直った平次は、その質問に答えまいとしていた。



 しかし。



















「・・・・あいつがいつも俺のそばにいるからって妬いてんのか?」

「!?」



























 ・・・・・・その言葉に、全身の体温が一気に上がった様だった。































「そうなの? へえ・・・・」

「あ、あのな工藤、」

「・・・・・・じゃあこの話は後でゆっくりな。とにかく早く行こうぜ、日が暮れちまう」

「ちょお待ち・・・・・・ええ??」





























 先へ進もう。







 キッカケは作った。

 後は、服部の出方次第だ。




















 ・・・・・・・・・さあ。 覚悟決めて、かかってこい。





































 そうして新一は、よりいっそう綺麗に微笑った。






















































Fin


>>>平次側の話「タバコの理由」はこちら。