カナシミブルー


 普段は決して弱みを見せない分、ふとした時にものすごく抱きしめたくなる時がある。







 最近は雨が多くて、3月や4月なんかよりずっと寒い日が続いて。
 だから・・・きっと人肌恋しくなっているだけだ。












 そう平次は自分に言い聞かせながら――――・・・腕の中の口唇に触れた。

















ひとくぎり





















「なあ。お前明日講義は?」
「ん――・・・工藤は?」
「・・・行かねー」
「どないしたんや・・・今月になって変やぞお前」












 真夜中。ひと波終った後、ごそごそ擦り寄ってくる新一。
 まるで猫みたいな仕草に、平次も猫をあやすように顎の下を少し撫でた。

 すると顔を上げ、微笑う。












「・・・そうだな。変だよな」
「ああ。変やな」
「でもこーゆー俺ってお前好きだろ?」
「そらなあ・・・けど」
「じゃあもっかいヤろうぜ。俺、全然足んねえ――――・・・」
「ちょ、くど・・・?」












 新一は平次の滑らかな鎖骨を撫でた。
 そのまま指は下へ降りて行き、綺麗な脇腹から腰へと滑らせる。

 再び、綺麗な顔が微笑う。
 耐え切れず平次は身体を反転し、自分よりも細い身体を組み敷きその足を割って入った。







 ・・・やっぱり変や。何、あったんや?












 そう問いたいが平次は止める。
 至近距離での新一の表情はとても淫らで艶やかで、自らを進める度に震える身体がもっと見たかったから。

 聞いた所で答えてくれはしない。
 言葉で弱音を吐かない彼は、こうして快感を得る事により気を紛らわしているのだ。

 関わった事件でまた嫌な事を言われたのか。難癖付けられたのか。容疑者の関係筋に逆恨みされたか・・・何にせよ、新一の深層心理に突き刺さったのには間違いない。












「はっとり・・・やめるな、まだ・・・抜くな・・・っ・・・」
「・・・俺はかまわんけど・・・お前顔色悪いで・・・? もう寝た方がええんちゃう・・・?」
「まだ寝たくねえんだよ―――・・・下手に寝たら・・・ん・・・・夢、見るから・・・」
「夢?」












 だから新一は疲れたかった。くたくたに、没頭して、心も身体も疲れ果てて寝れば――――・・・夢なんか見ずに眠れるから。
 











「・・・・・・解った。足、もっと開けや」
「っ・・・!!」
「ホンマ損な性分しとんなあ・・・ま、こーして俺頼ってくれんのは・・・・嬉しいんやけどな」
「はっと・・・り・・・」
「・・・工藤」












 でもやっぱり平次は心配になる。これは『本当の彼』では無い。
 本当の工藤新一は―――――・・・
 











「服部・・・?」
「寝ようや。お前、今日はもう無理や」
「・・・そんな事ねえ」
「俺は逃げへんて。明日も、明後日も居てるから。そばに・・・・・・居るから」
「―――・・・本当か」
「ホンマや」












 こうしてすがる様な瞳も。熱いのに冷たい身体も。
 勿体無い気もするけど、これはヤケになってるだけだから。

 目の前にいる気弱な彼も『工藤新一』には間違い無いのだけれど―――――・・・
 今、彼に必要なのは『快楽』では無いのだ。

















 ・・・・・・必要なのは。

















「じゃあ寝る。でも―――・・・目が覚めてお前が隣に居なかったら許さねえからな」
「へいへい」
「・・・ごめん。俺ばっかりで、お前に・・・してやれなくて」
「どーせなら普通の時に思いっきし甘えてくれると嬉しいんやけど?」
「ん・・・ごめん」

 そうして平次に口唇を重ねる新一。
 ただ触れただけのそれはでも・・・・・・今までで1番幸せな甘い味がした。












ひとくぎり














 普段は決して弱みを見せない分、ふとした時にものすごく抱きしめたくなる時がある新一。

 最近は雨が多くて、3月や4月なんかよりずっと寒い日が続いて。
 だから・・・きっと人肌恋しくなっているだけだと思うけど。

















 平次は――――・・・やっと眠った腕の中の口唇にもう一度そっと触れ、眠りに付いた。




















Fin