体温よりも熱い夏


「お前いい加減離れろよ・・・」
「嫌や」
「じゃあクーラーの温度もっと下げろ。熱いんだよてめえは」
「ほいほーい」












ひとくぎり














 真夜中。夏。そして、新一の部屋。
 8月に入って暫く過ぎ、日本の夏は連日連夜、暑さの記録を更新し続けていた。







 今日も東京では35度を越したらしい。
 他の地域では38度を越した所もあるらしく、それをニュースで見たとき新一はあからさまに『うげ~』と言う顔をした。







 大学も夏休みに入って何処でも遊びに行き放題なのだが、あまりにも暑くて全く外に出る気がしない。
 そんなインドア生活を続けていた新一の元に、本日昼過ぎ、元々色の黒い肌を更に黒くした服部平次が現れた。












『思ったとーりの堕落生活やな。朝から晩までクーラーつけとるんか』
『うるせえな。暑い上に余計に暑苦しいテメエ見せにくんじゃねえよ・・・何だその色? どっか海にでも行って来たのか』
『おう。3日くらい千葉ん海にな』







 勝手知ったる何とやら。平次は新一の了承も得ず、ずかずかと中へ入っていく。
 そして新一もそれを別段咎めもせず、後に続きリビングへ戻っていった。












ひとくぎり














『なんか飲むか?』
『おおきに。喉カラカラや』
『今日はホント暑いみたいだな。外で運動はしない方が良いって言ってた』
『・・・せやなあ。運動は、中でするもんや』












 意味ありげに平次は微笑う。
 そしてその意味は、新一がグラスに氷と冷珈琲を入れ持って来た時に判明する。







 ・・・・・渡したグラス。それと共に平次が新一を引き寄せたからだ。












『!?』
『2週間ぶりやな、工藤』
『・・・真昼間からサカッてんのかよ』
『しゃあないやん。そんなカッコで目の前チラつくんやもん』
『家ん中でどんな格好しようと俺の勝手だ』
『せやから悪いなんて言うてへんやんか・・・・・・』












 それどころか最高や。
 そう目が語ると、新一の腰を抱えたままゴクリとひと口それを飲んだ。

 新一の姿ときたらノースリーブのシャツに短パン。細い手足や首筋が、少し汗ばんでいるその姿が誘ってなくて何なのだろうか?







 ・・・再び微笑う平次。
 その口唇には氷が見え隠れしている。












『―――・・・たく』












 それに微笑い返す新一。
 小さく息を付きながらも、両手を平次の頬に当てると・・・・・・その氷を一緒に舐め始めた。

















ひとくぎり














 そうしてワンラウンド終了。もつれ合ううちに狭いソファの上から下の絨毯に崩れ落ちた2人。
 しかし覆い被さっている体温の熱さに新一が逃げようともがくが、平次が離す筈もなくクーラーの温度を限度まで下げようとしたのだが。












「アカンわ工藤。これ以上は下がらへん」
「え! マジで?」
「外気温が暑すぎなんやな~。ちゅーか工藤が熱すぎ?」
「―――・・・うるせえな。じゃあもう終りだな。俺、シャワー浴びてくる」
「まだ2回しかやってないやん・・・工藤かてまだ足りてへんやろ・・・・・・?」
「・・・・ちょ、はっとり・・・・・・」
 











 起きようとした新一を平次は逃がさない。
 再び中心を巧みに弄り始め、その身体から力を奪う。







 ・・・そうして新一が平次の背中に腕を回しキスをしてくるのに、20秒と掛からなかった。

















ひとくぎり



















 その後、結局合計何ラウンドやったか覚えては居ない。でも、まだ日は暮れてはいないうちに2人はシャワーを浴びに行った。
 勿論其処でも平次は新一にちょっかいを出す。












「まだやんのか・・・? ・・・ほんと溜まってたんだな」
「・・・工藤かてそーやんか。復活早いで?」
「ひとりでやるにも限界、あるしな・・・・・・っ・・・・・そこ、・・・そのまま・・・・」












 汗とお湯と蒸気と他の液体が混ざり合う中、声を殺しながらの行為は続く。







 ・・・暑い熱い夏。体温よりも、熱い今年の夏。


























 抱き合っている方が、涼しい夏。


















Fin