夢のつづき

 日に1度の、恒例電話。
 その日は、新一のくしゃみから始まった。

















ひとくぎり



















『風邪ひいたん? 最近寒いんやから、気をつけな』
「いや・・・今日ちょっと書庫掃除しててさ」
『ホコリにまみれたんか・・・せやから、ちょくちょくハタキかけろ言うとんのに』
「うるせえ――――・・・っくしょい!」
『どーせマスクもせんとぱたぱたしとったんやろ~? しゃーないな。俺が正しい掃除の仕方ってモンを教えたろ』
「は?」






















 自室のベッドでごろごろしていた新一。
 最後の言葉に疑問を感じ、聞き返そうとしたが電話は切れてしまう。
 






 ・・・しかし。























「ったく・・・・・・素直にインターフォン鳴らせっての」




























 平次の行動パターンは、もう解っていた。






















ひとくぎり























「よく来るよな~。お前の大学ヒマなのか?」
「まー やるこたやっとるからな」
「へぇ。優秀じゃん」
「そーやないと、工藤に逢いに来られへん」












 5月も半ば。ちょっと前までは暑い日もあったのに、最近は随分と肌寒い。
 この前勢いで夏服と冬服を入れ替えてしまった新一は、だから慌てて長袖のシャツを引っ張り出して着ていた。

 その時もひとつ、くしゃみ。

















「・・・っくしょい!」
「ホンマ大丈夫か? 腹でも出して寝とったんやろ」
「お前と一緒にすんな・・・あー、けど今日もさみー・・・」
「京都ん時は結構ぬくかったのにな」
「――――・・・そうだな」












 京都。それは、ゴールデンウイークの時に、偶然2人が再会してしまった土地だ。
 まだ『コナン』だった時に起きた殺人事件で、ほんの数時間だけ『新一』に戻った事があった。







 その時は新一の片想いだった。
 でも。

















 
 ・・・・・・病院で平次に仕掛けたキスが、彼の心を動かしたのだ。

















「けど全然驚かへんのな~。つまらん」
「何がだ」
「大阪に居るはずの俺が、実は工藤んちの前に居ました~ て演出で面食らったカオ見よ思うとったのに・・・・・・」
「・・・お前の考えなんてお見通しだ」












 リビング。大きなソファに新一。横の小さなソファには平次。
 向かいにある大きな液晶ディスプレイからは、今日起こったニュースが流れている。

 呟いた一言が、響く。












 ・・・そのまま何となく会話が途切れた。























 そうして約、数分。












「工藤・・・」
「うわ!?」
「・・・なにビクついとんねん」
「あ、いや・・・・・・な、なんだよ」












 SARSの特集に少し気を奪われていた時だった。
 突然、耳元で声がしたから新一は心底驚いた。

 いつの間にか平次が隣に座っている。
 
















「――――・・・そんな驚くことないやろ」
「べ・・・別に」
「それに俺が来とんのに・・・・・・画面に夢中になるってのはどーゆーこっちゃ?」
「・・・服部」
「めっちゃムカツクわ」












 至近距離。
 明らかに怒りを宿した光りが、新一を射る。

 ・・・そうしてその中に自分自身を見た時、呼吸を制御された。

















「っ・・・・・・」












 久しぶりの感触。
 あの日から、メールや電話は毎日してたけど。

 こうして触れ合うのは――――・・・あの桜の散った街以来。
 












 たかだか2週間相手を見ないだけなのに。
 まるで、何ヶ月も離れていた気がする。

 
















 ・・・平次は、湧き上がってくるこの感情を持て余していた。























「バーカ・・・お前テレビに妬いてんの?」
「ホンマ信じられへん・・・」
「ん?」
「この俺が―――――・・・男に・・・・・・工藤に、こんな・・・・・・」
「・・・・・・」












 長いキスの後、平次はゆっくり口唇を離す。
 この甘い感覚が未だ不思議らしい。







 ・・・新一は少し目を細め、眼前の形のいい額をデコピンした。












「な・・・何すんねん!」
「いいんじゃねえの? 気持ちいいし」
「・・・そ・・・そんなモンか」
「お前の場合は雰囲気に流されちまったってのは有るかもな・・・あの事件、ちょっと特殊だったし。けど、俺にとっちゃラッキーだ」
「ラッキー?」
「まさか、此処まで俺に骨抜きになってくれるとは思わなかった」
「!」

















 極上の微笑。
 少し下からの、目線。

 その威力に平次はまた、心臓が高く跳ね上がる。
 そして。


















 ―――――・・・改めて、工藤新一は本当に綺麗だと思った。






















ひとくぎり



















「・・・っくしょい!」






















 やがてまた、彼のくしゃみひとつ。

















「な、何や・・・やっぱ風邪ちゃうんか?」
「ん~・・・ヤバイかもな」
「あー!! コラ、お前しかも裸足やんけ!? アホか?」
「るっせーなあ・・・・・・っくしゅ!!」
「工藤! ええからさっさとはいて来い!」
「・・・・・・はいはい」













 それは5月。桜も終わった、肌寒い夜更け。
 数年前の桜から始まった――――・・・・・・夢の、つづき。

 そして。

















「一番信じられねーのは、俺だっつの・・・・・・」






















 ぺたぺたと階段を上る音と共に。
 新一が顔を赤くしながら呟くのを、平次は知らない。
























Fin