冷たい雨の日



「寒い・・・寒すぎる・・・・・・」
「おわ~ 雨ごっつ降ってきたな~」
「服部。お前のマフラー寄こせ・・・」
「は? そしたら俺が寒なるやろ! 嫌じゃアホ」
「良いから貸せ~~」
「買うたらエエやんか! 高島屋にいくらでも売っとるっちゅーねん! とにかく行くでホレ!」











 新宿。紀伊國屋前。
 吹きすさぶ雨と風を2人は、恨めしげな目をして見上げた。











 工藤新一。そして服部平次。
 東西きっての名探偵達は、日も暮れた18時に、ここで待ち合わせをしていた。

 朝から嫌な天気だったけど、闇が降りてからそれは酷くなり。
 とうとう風も出てきたらしく、通り過ぎる人たちの衣服を泳がせ濡らしていた。












 厚手のコートを着てきたのは良かった新一。
 しかし首元がどうにも寒くてたまらない・・・・・・

 すると、平次が暖かそうなマフラーをしてやって来た。
 だからつい欲しくなったのである。





















「家に帰りゃー10本も持ってるっつーのに、何でココで1本増やさなきゃならねーんだ。それよりお前が今晩我慢すれば済む」
「工藤・・・ええか? 基本的にコレの所有者は『俺』やぞ」
「いーじゃねーか。どう見たって俺の方が儚げだろ。お前は半袖でも平気な感じだし?」
「素直に『カシテクダサイハットリサン』とは頼めへんのか!?」
「いいのか? 俺が、こんな人目あるトコでお前に『頼み事』しても良いのか?」
「へっ・・・?」















 紀伊國屋の1Fは、高島屋の3Fと繋がっている。
 その間を、雨や風を避けながら2人は懸命に走っていた。こういう会話を、しながら。

 そして、その最後の言葉を新一は立ち止まって言ったのだ。
 突然隣から新一の気配が消えて平次は振り返る。
 











 相変わらず降り続ける強い雨。
 そして風。

 傘は持っていたが、たった数十メートルの距離だから2人は差さずに走っていた。












 暗闇に立ち止まる新一。
 顔にかざしていた手を下ろし、雨を受け止める全身。

 ・・・髪も顔も濡れ続ける。
 

 平次は反射的に、叫んだ。





















「んなトコで止まって何しとるんや!? 早よ来いや!」
「・・・・・・」

 しかし新一は動かない。
 訳が解らず、新一の元に走り寄った。

 そしてその腕を掴む。











「何考えとんねん? 風邪ひくやろ!」
「・・・服部」
「あん?」
「――――・・・そのマフラー・・・・・・貸して?」
「っ!?」











 それは不意打ちの上目遣い。
 こういう人目の有る所では、決して見せてくれない筈の新一の武器のひとつ。











 しかも背景は闇で。
 うまい具合に、夜景がキラキラしてて。











 さらに雨と風の音が足元の木の板を反射し、その言葉は平次にしか聞こえていないという絶好のシチュエーション。
 




















 そして本人は更に演出されている。

 濡れ過ぎず、濡れなさ過ぎずの濡れ姿。
 剥き出しの首筋は、人工の光に照らされ蒼白く。











 いつもは乾いている口唇が雨粒で潤い。
 それが薄く開いて、彼の名を呼び『上目遣い』で『頼み事』をした。



















 ・・・・・・平次が反応しない訳がない。



















「くっそー!! 工藤っ! ホンマずるいっちゅーねーん!!」
「せーんきゅ~」











 一気に体温が上昇した平次は、自分に巻いてあったマフラーを外し新一にぐるぐる巻きをする。
 そして2人は並んで高島屋店内入口へ駆け込んだ。





















「ああも~ こんなトコでワザ使うの反則やろが!! 一気にヤバイ状態にさせおってどーしてくれるんや~?」
「俺ヴィトンに行ってネクタイでも見てるから、お前トイレ行ってくれば?」
「・・・・・・」
「んな顔したって手伝える訳ねえだろ。そんじゃーな」




















 図星をつかれ平次は返す言葉も無い。
 新一はひらひらと手を振ると、コートの雨粒を払い、さっさと中に入って行った。




































Fin