氷の薔薇が溶けるまでに





「あ。服部コレ駄目」

「はああ?せやかて、影も形もないやん?」

「・・・前にそれ食わそうとしたら、バレた」

「マジかいな・・・」









 何やら、キッチンで食事の支度をしている、男二人。

 そして、リビングでテレビを見ながら、ソファに寝そべる男が一人。









「そこそこー。ハンバーグの中にイワシ混ぜようったって駄目だぜー」

「地獄耳や・・・・」

「・・・・っつーか、匂いじゃねぇのか・・・」

 





 

 溜息混じりに、でも決して嫌そうじゃ無く。

 このふんぞり返っている男の為に、かの有名な二人の名探偵は台所に立っていた。















 工藤新一。服部平次。

 今や、ちょっとした有名人。



 そして・・・・・







「喉渇いたなー。なあ、ワインねぇの?ビールでもイイや」

「うるさい!もうちょっと待ってろ!!」







 我が儘言いたい放題で、ぱらぱら手元の雑誌をめくっているのは、黒羽快斗。



















 ――――――文句無しの、有名人。



 『怪盗キッド』御本人様である。















 

 大学で知り合い、気が付くと三人一緒にいた。

 それは、単なる偶然が生んだ出逢いが始まり。



















 名探偵と、大泥棒。



 ・・・・もちろん快斗は、二人が探偵である事を百も承知だった。
























ひとくぎり





























 刻は、すでに真夜中に差し掛かる。

 突然視界を闇に塞がれ、快斗は『およ?』と身を起こした。






「男三人で、ちょお気色悪いけど・・・雰囲気出るやろ」






 部屋の明かりを落とし、テーブルライトを灯す。

 そして、アクセントとして置かれていたオブジェにも。






「・・・・うっわ。服部ってオンナ連れ込んだ時、こーやって雰囲気で攻めるんだ・・・」

「ごちゃごちゃ言っとらんと、早よ座り」







 マンションの最上階にある平次の部屋は、眺めも結構なもので。

 快斗は視線を外に向けながら、正面に座った。



 目の前のテーブルに次々と運ばれる、料理の数々。

 そして、お約束のデコレーションケーキ。







 ・・・・そう、お約束。








 その上に立てられた、20本の小さなロウソク。

 新一がポケットからライターを取り出すと、次々と灯し始めた。




「よし」

「これ・・・・新一が作ったのか?」

「本見ながらな。作ったことねぇからちょっと心配だったけど、上手くいった」

「へー・・・」






 見るからに、まるで店で買って来たかの如くの出来映え。

 レシピさえ見れば大抵の物を難なく作れる新一の腕に、快斗は今更ながら感心した。





「俺も色々、作ったんやけどなー」

「あ、そ。サンキュ」

「・・・・なんやその態度の違いは・・・・」

「いーから、早く消せっつーの!」





 新一が捲し立てる。

 快斗が、「そんじゃ」と一気に吹き消す。


 同時に平次が、手元のクラッカーを鳴らした。










 ――――――・・・テーブルの上の置き時計が、12時を告げる。













「はーい、21日! 酒もタバコも、今更ご解禁おめでとさーん!!」 

「今日は朝まで宴会だからな? 残さず飲めよ食えよ!」

「・・・うっわー・・・手の込んだ演出・・・」











 憎まれ口を叩くその顔は、何だか凄く、照れて。

 どう言っていいのか解らないといった表情で、快斗は呟く。








 今まさに告げられた、刻。



 ・・・・6月21日。










 今日は、黒羽快斗の20回目の生誕記念日だ。












「ここ、完璧防音だからな。いくら騒いでも平気だし」

「あ~ぁ。やっぱ女の子も呼んだ方が良かったんちゃうか~?華が足りん・・・」




 唐揚げを頬ばりながら、平次はワインを注ぐ。

 タバコを取りだし、火を付けた。





「今日くらい気ぃ使いたくねーの」

「全くだ。大体見栄えのする顔なら、ここに居るだろうが。なあ?」






 新一が快斗のタバコに、顔を寄せて自分のそれから火を移した。

 くすくすと、微笑い合う。












「・・・顔だけ・・・やったらなぁ・・・」







 はははと響く、カラ笑い。

 確かにこのよく似た顔を持つ二人は、他に類を見ないくらいの美形だ。





 ただし・・・性格も、比例して最強だけれど。











「あ、そーや・・・ほい、コレ」

「ん?」




 ひょいと、渡された小さな包み。

 快斗はその重さにピンと来た。







「あ! クロムの新作!?」

「ピアス欲しいって、言ってたやろ」

「うっわー、サンキュー!!」





 喜びの感情表現いっぱいに、快斗は平次に抱きつく。

 まるでそれは、飼い犬が飼い主に飛びつく様に。







「アホ! 重いっちゅーねん!」

「・・・・・・・快斗。これなーんだ?」






 次に、新一が後ろから大きい紙袋を出した。

 その形を見て、またも快斗はピンときた。






「え! マジ!?」

「昨日入ったんだってさ。取っててもらったんだぜ? 嬉しい?」

「決まってんじゃん!」




 身を翻し、今度は新一に抱きつく。

 背格好もシルエットも似てる二人は、そうしてると本当に双子みたいに見える。





 入っていたのは、ニコルの新作。

 カタログを見ていてすっごく欲しがっていた、緋色のスーツだ。



 鮮やかな紅いそれは、オレンジの髪にとてもよく似合う。
















「感謝のキスは?」

「・・・・ん」














 ・・・・・・まぁた始まったで・・・・






 目の前で繰り広げられる、猫のじゃれ合い。 

 もう慣れてしまった平次は、まるで映画を観るかのようにそれを眺めていた。





 なんと言っても、顔もスタイルも頗る上等な二人。

 鑑賞には、充分耐えうる。






「くぉら! せっかく作ったんやで? 食わな冷めるやんか」

「服部が羨ましがってるぜ・・・」

「誰が羨ましがっとるか!」

「無理すんなってー。仲間に入るか?」

「そこまで不自由しとらん」








 同じ声でのサラウンド効果。

 ノッてこない平次に、二人は『ちぇー』とつまんなさそうに舌打ちした。








「・・・・ケーキ切るか」 

「俺真ん中のチョコ、先食う」





 ひょいと。

 飾りにしてあったチョコチップなどを、快斗は摘む。





「ほんじゃ、ナイフと皿とフォークやな」




 平次は腰を上げ、キッチンの戸棚へ向かった。









「何か他に飲むんか?」

「あ、いい俺やる」




 ついでに快斗の好きな紅茶でも入れようかと聞くと、新一が慌ててこっちに来た。

 冷蔵庫の前に立つと、平次をしっしと追い立てる。






「なんじゃい、その態度・・・」

「いーからお前はソレ、持ってけよ」

「怪しいなぁ・・・何企んどんねん」

「・・・別に何もねぇよ」






 しかし明らかに挙動不審な、新一。

 平次は、何やら『冷蔵庫』が気になった。




「・・・・ビール、持って行きたいんやけどなー・・・」

「俺が持ってくから」

「顔赤くして何言うとんねん・・・・」






 上目遣いに睨んでも、何だか赤いその顔は、威力が無い。



 そして一瞬の隙をついて、平次は新一を退かせて冷蔵庫を開けた。

 でも・・・・別に怪しげなものは見あたらない。






「・・・・・?」 

「ああもう! 快斗が待ってるから早く皿、持ってけっつーの!」

「あ、ああ、そやな」




 ちょっ『?』とくる平次だったが、まあ特にそれ以上は詮索もしなかった。







 テーブルに戻り、皿を並べる。

 白い食器が、薄闇に映えて綺麗だった。













 ・・・・ふと。



 快斗に向くと、ニヤニヤ微笑っている。








「・・・なんや」

「いや。お前の誕生日には何してやろーかと思って」

「・・・・・気持ちだけ貰っとくわ」

「え!? 俺の『気持ち』が欲しいのか?」

「・・・アホかい・・・」





 もう真夜中も充分過ぎているのに、このテンションにはついて行けない・・・

 平次はひとつ大きな欠伸をすると、ふいに背中に衝撃がきた。






「何じゃ!?」

「ダラダラしてんじゃねぇ・・・ナイフ持って来たんだから、切っとくぐらいしたらどうなんだ?」

「せやかて、何も蹴らんでもええやろが!」




 華麗な新一の蹴りが、平次の背中に見事にヒットする。

 口より手より先に、足が出るのはいつもの事だ。









「あーらら・・・・今のは痛そー・・・」

「快斗、ほら」

















 ―――――――・・その時渡された、グラス。



 アイスティーなのだが・・・・・・氷に何かが見えた。


















「・・・・・新一。何これ」

「何に見える?」
















 紅い、小さなかけら。

 透明な氷の固まりの真ん中に、浮かぶのは・・・・


















「・・・・薔薇の・・・・花びら・・・?」

「ご名答」


















 ・・・・言ったあと新一は、凄い照れくさそうに顔を逸らした。


















 冷蔵庫の製氷室の、製氷皿。

 そのひとつひとつの部屋の中に、薔薇の花びらを入れて作った、角氷。





 淡い色を放つ紅茶の中で、時々音を立てて確実に溶けていく。










「うっわ・・・・・すっげぇ・・・綺麗」

「・・・人ん家の氷、何細工しとんねん・・・・・」










 平次が横から覗き込む。



 快斗は妙に感動しているが、平次にはその感覚が解らないらしい。

 何時の間にこんな事を・・・と、冷たい視線で目の前の男を見た。





 

 新一はさすがに自分でもキザだと思ったのか、顔を紅くして口を押さえている。








「いや・・・ちょっと本で見たから・・・・面白そうだと思って・・・」

「はーん・・・せやから、俺を冷蔵庫から遠ざけよう思うたんか」

「しょーがねぇだろ!? やる前にバレたら、もっと恥ずかしいじゃねぇか!」

「俺、こーゆうの好きだぜ? すっげぇ嬉しい!」






 へへへと照れ笑いをして、快斗はじっとグラスを見つめた。

 ぷしぷしと、刻と共に割れる氷の音。



 座って、暫くそれを眺めた。















 そんな快斗に、新一はまだ体温が下がらない。

 ・・・・・実はもうひとつ仕込んだ、最後のトリックがあるのだ。















 今更、やっぱよせば良かったと思う。



 快斗にはともかく・・・・平次には何て言われるか解らない。









 呆れられるか。

 ・・・・大笑いされるか。








 それ以前に・・・・快斗がそのトリックに気づいてくれるのかが、問題だった。




























ひとくぎり





























「新一天才!!マジ美味かった・・・」

「そーか?そー言ってもらうと、作った甲斐があるな」




 夜中も3時を過ぎる頃。

 食べ盛りの3人の腹に、綺麗さっぱりテーブルの上のものは納められた。





「俺の料理も旨かったやろ?」

「・・・・服部のは味が薄い・・・・・」

「何やと!?」

「悪い悪い、でもすっごく美味かったぜ」






 笑いながら「とーぜんや」と快斗を小突くと、新一と平次は食器を下げにかかった。

 立ち上がり続こうとした快斗を、平次は止める。





「今日の主賓やねんから、大人しく座っとれ」

「・・・じゃ・・・お言葉に甘えて」








 妙に照れくさいとは、この事だろう。

 普段と違う状況に、快斗はむず痒い感覚に捕らわれた。





 いつもつるんでいる友人に、『特別な日』だからとこんなに優しくされると、どう対応していいのか解らないものだ。




 ・・・・そうして最後のひと口を飲もうと、アイスティーのグラスに手を伸ばした。
















「――――・・・あれ?」















 まだ溶けきらない氷の中に、窓から差し込む月の光を反射するものを見つける。










「・・・・?」






 快斗はそれを手のひらに出す。

 氷の真ん中に見えたものは――――――――――・・・・・


















「・・・・・ピアス・・・?」 

















 小さな。



 けれども綺麗な、銀色のティアドロップ ―――――・・・・









 ・・・薔薇の花びらの中で、それは包まれるように氷の中に存在していたのだ。
























 え・・・・ちょ、ちょっと・・何だか・・・・―――――――――――――――っ・・・・

 














 左手が震えた。

 顔から火が出そうだという事は、まさにこの事を言うのだろう。



 体温が上昇して、妙に胸の鼓動が速くなる。

 快斗は、たまらず叫んだ。


















「・・・しっ・・・・・新一ぃ―――――――――――――――――っ!!!」







「な、何じゃ??」

「・・・・げ。見つかったか・・・・」















 二人仲良く洗い物をしていて、その突然の怒鳴り声に平次は目を丸くする。

 新一は最後のトリックが見つかったのを、背中で知った。





 そして快斗は猛突進で新一に駆け寄ると、その腕を掴み、勝手知ったる平次の家の客間に連れ込んだ。



 大きな音と共に、ドアは閉められる。












「・・・・何事じゃ・・・・」





 いつもの事だが、予測不可能な友人達の行動。

 平次は、大して気にもせず後片づけを続けた。























 ドアに新一を押しつけ、快斗は未だ収まらない動悸を落ち着かせようとする。



 ・・・・オレンジの髪をふわふわさせて、その下から覗く鋭い瞳に、新一を映す。

 顔は、赤い。








「おー・・・何だか、予想以上の反応」

「何だよアレ!? すっげー恥ずかしいな! フツー男相手にするか? あんなの!?」

「だよなぁ・・・俺も恥ずかしい」

「じゃあ、すんじゃねぇよ! 信じらんねーなホント!! ああああっ全く気障な男だな!」

「・・・それはお前に言われたくねぇな」








 肩を大きく上下して、睨みながら快斗は黙った。

 新一も、それを黙って受ける。 



 こう見ると本当に似ている、顔の造り。







「嫌だったか・・・・?」

「嫌じゃねぇから、恥ずかしーんだろうが! めちゃくちゃ嬉しいっつーんだよ!」

「じゃあそんなに怒鳴るなよ・・・・・なんか服部がピアスあげてたから・・・・・うわダブリ? とか思ってさ。止めようかと思ったけど、もう氷ん中入れちまった後だったし」





 瞳を伏せる新一から、快斗は視線を逸らした。

 目の前の肩に顔を埋め、小さく息をつく。




「・・・マジ、ちょっとキた。でも、俺相手にしてもしょーがねぇだろ? 女の子相手ん時にやれよ」

「お前だから、やったんだ。薔薇も、プラチナもお前の好きなものだから、やっただけだ。

・・・・しょうがなくなんかねぇよ・・・」














頬にかかる髪を、新一はゆっくりすく。

自分とは対照的な髪の色。




・・・太陽の、匂いがする。




















「・・・あー!! もう、降参だよ・・・参りました」

「?」





 突然顔を上げ叫ぶと、快斗はまじまじと新一を覗き込んだ。



 妙に照れて、困ったような表情。

 月明かりだけのその部屋の中で、やけに綺麗に眼に映る。






「俺って、新一にそんな顔されると弱いんだよねー・・・・・同じ様な顔してんのに、やっぱ全然違うよな」

「快斗・・・」

「あーあ。頼むから、まだ特定の相手決めないでくれよな? 女にお前やんの勿体ない・・・・」






 自分勝手な快斗の台詞に、新一はつい微笑う。








「何言ってんだか」

「・・・・・・新一ってパンドラみたいだ」

「ん?」












 最後の呟きは、新一には届かない。

 ・・・もう一つの顔を持つ快斗の、真の目的。



















 ―――――――――・・・まだ見つからない、欲して止まないもの。





 手に、入れたいもの・・・――――――――
















「どうした」

「・・・何でもねー・・・コレ。ありがとな」






 そうして、再び新一の唇を掠め盗る。

 別に恋愛感情は無いが、触れるそれは気持ちがいい。



 離れて、二人はくすくす微笑った。






「・・・服部にはしてやんねーのか?」

「あいつ冗談わっかんねーからなー・・・・新一してやれば?」

「お断り」







 からからと笑いながら、快斗は付けていた自前のピアスを外すと、新一からのそれに付け替えた。

 僅かな光に反射する、雫型の小さな粒。










「似合う似合う。あげた甲斐があるってもんだ」

「なあ・・・新一」

















 ・・・ふと。



 快斗の表情が止まった。









 ドアに寄りかかったままの新一は、目の前の快斗の様子の変化に気づく。





















「何だよ」

「・・・・・いや」












 ・・・そうして、瞳を伏せる。 









 やっぱり、言えない。



 何度も何度も、これまで何度も口まで出かかったのに。
















 俺が、お前らと居る本当の理由は何なのか・・・――――――――――――
















「俺さ・・・」
















 ―――――――・・・・・俺。お前らと逢えて、良かったよ。



















 言えなかった言葉を、心の中で。























 ―――――――――――・・・全てが終わったら。見つかったら。知ったら・・・・









 パンドラも。

 親父の事も、何もかも。





















 ・・・・俺。お前らの前から姿を消すかもしれない・・・―――――――――・・・・


















 二人とも、大事な存在。



 きっと。






 ・・・・これ以上の人間に、巡り逢うことは無いだろう。




















「変なヤツだな・・・」




 突然翳ったその表情に、新一はぽんぽんと頭を叩く。

 そうして、言った。















「心配すんな。俺達、お前のこと好きだから」

「・・・え?」





























「・・・・・・・安心して、捜しもの続けろ」



















 ―――――――――――――――――・・・・!!?














 見開く、快斗の瞳。

 驚愕の表情。





 頭の中で繰り返される・・・・新一の言葉。

















「新一・・・・・」

「あーあ。もう4時だぜ・・・・どうする?寝るか?・・・それとも酒盛り続けるか?」





 新一は快斗の腕を掴みリビングのソファまで連れてくると、座らせる。

 隣で、すっかり後かたづけを終えた平次が珈琲を飲んでいた。






「何やっとったんや? 人に洗いモン押しつけよって・・・・」

「悪い悪い。ちょっとな」

「ん?・・・・なんや黒羽。顔色悪いで」

「服部・・・・・」












 ―――――さっき聞いた新一の言葉には、『俺達』とあった。



 すると・・・












 ・・・・・服部も・・・俺が『怪盗キッド』だと知ってる・・・・?
















「何じゃ。いくら男前やからって、あんまり見つめられると照れるで」

「・・・ちっげーよ・・・相変わらず黒いからさ・・・どこまで黒いのかと思って・・・」

「見るか?」






 咄嗟の返答。



 あんまりマジな顔してそう言うから、快斗はつい吹き出した。






「え、遠慮しとく・・・・」

「身体には自信、あんねんけどなあ?」

「・・・わざわざ見たくねぇよ」





 後ろからの冷たい返しは、新一だ。

 珈琲を入れたカップを快斗に差し出すと、その隣に腰を下ろした。





















 ・・・・暫く、ゆるやかに刻は流れる。




















「・・・・・・・・」






 窓の外を眺めながら、快斗はこの気持ちのいい空間に身を委ねた。



















 誰かの温もりが、側にある。



 今は、両隣に確かに。




















 ――――全てが終わっても、見つかっても。

 

 ・・・俺は此の場所に居ても、いいのか?

 



















 最初に近づいた目的は、警察の情報収集の為だけだった。



 父親を大阪府警本部長に持つ、服部平次。

 そして、何かと警視庁に通じている工藤新一。







 正直・・・・大学が同じだと知って、しめたと思ったんだ。

 だから、近づいた。

















 でも・・・・・今は。
























 いつの間にか、かけがえ無くなってしまった存在。





 ・・・・側に居るだけで、何だかとても安心できる場所。

















 ―――――――――・・・・気持ちのいい・・・空間。
























「黒羽?」

「・・・あー・・・寝ちゃったよ・・」





 寄りかかってくる重力と、穏やかな吐息。



 頬にかかる柔らかい猫毛。

 くすりと微笑って、新一は平次を見た。






「ほーら。運べよ」

「・・・言われると思たわ」





 よいしょと快斗を抱え上げると、客間へと移り、ベッドに寝かせる。

 すると「うーん」と寝返りをうち、丸くなった。







「ホンマ、猫みたいやな。お前と寝方、そっくしやんか」

「んー・・・・俺も眠いや・・・此処で寝る・・・・」

「布団ちゃんと被らんと、風邪ひくで」






 トロンとした眼を擦りながら、新一も快斗の隣に転がった。

 今言ったばっかりなのに、毛布も被らず既に吐息が聞こえてくる。












「・・・ったく。俺は親猫かっちゅーねん・・・」

















 溜息と共に、その二つの身体に毛布を乗せる。

 その光景に、平次は僅かに微笑んだ。
















「黙っとれば、ホンマ絵になるんやけどなー・・・」

















 そうして、平次も自室に戻る。

 大きな欠伸と共にベッドに潜り込むと、すぐに意識は眠りについた。






























ひとくぎり



























 ・・・・不安なのは、お前だけじゃない。





 誰もが、何かしら秘密を持っている。
















 例え世界中がお前の敵に回っても、俺達はお前の味方だ。































 ・・・だから。







 お前はそのまま、進めばいい。

 たった一人で挑む戦いに。








 そして、帰ってくればいい。




























 ―――――――――・・・氷の薔薇の紅茶を、入れて待ってるから。



































Fin