そのままの君でいて






 もっと素直になれたらいいのに。





 ・・・あんなこと、言うつもりじゃなかったのに。
































ひとくぎり

























「何だよ。まだ気にしてんの?」

「・・・別に」

「それを『気にしてる』つーんだよ」

















 ・・・・また、ケンカしちまった。

 新一はベッドに仰向けになり、天井を睨む。















 あんな事、言うつもりじゃ無かったのに。

 出てくる言葉はいつも心と反対のことばかりだ。



 椅子の背にもたれるのは快斗。

 その様を、黙って見守る。



















「――――・・・俺ってホント性格悪いよな」

「そう?」

「俺、真面目に言ってんだけど」

「俺も真面目に答えてんだけど」



















 にま。



 満面の笑みを。

 やっぱり黙って快斗は向ける。



















 ・・・新一は、調子が狂ってしまう。























「この性格直さなきゃとは、思ってんだけどさ―――・・・」

「うりゃ」

「あてっ!」

















 ついボーっとした時、視界に星が飛んだ。

 なんと快斗が、そこに転がっていたサッカーボールをぶち当てて来たのだ。



 間髪入れず腹の上に乗っかる。





















「フザケタことをぬかすのは、どのクチかな~・・・・」

「ちょ、やめろ!! お前さっきギョーザ食っただろう!」

「新一も食ったろ?」

「~~~~~~~っっっ」

























 ・・・・・・約、1分経過。





































「――――舌使うのは反則だぞ・・・・・・」

「上達したろ~」

「お前なあ・・・」

「・・・・・そのまんまの新一で良いんだからな」

「え?」





















 突然の告白。

 至近距離の綺麗な顔に、自分と似た面影を見る。

















 ・・・・瞳の中に、自分が映る。



























 唐突すぎて、赤くなる暇も無い。





















「変える必要なんて、ねーからな。新一の良い所も悪い所も全部、俺は知ってる。それがお前だろ? あいつだってきっと・・・・・多分、解ってる筈だ」

「快斗・・・・・」



















 眼差しは、鋭く。

 でも優しく。



 語る口調は、まさしく世紀の大怪盗。























「な?」

「―――・・・しゃーねぇな。お前がそう言うなら」

「そうそう。名探偵は、いつだってそーじゃなきゃ」

























 またもや自信満々の笑み。















 ・・・全く、こいつにはかなわない。





















 その時また顔が近づいてきた。

 今度は、しっかり口唇をガードする。





















「はいはい。いーかげんにしろ」

「ちぇ~」

「お前こそ『キス魔』治した方がいいんじゃねぇのか?」

「新一がいる限り無理」





















 これまた真顔で。

 しかも、さらりと言ってのける快斗。





 新一も決して嫌がっていないから、どうしようもない・・・




























ひとくぎり

























 その頃、工藤邸前。





















「はあ・・・工藤の性格解っとった筈やのに・・・・・俺も成長しとらんな~・・さて、どないしよ」







































 ・・・・バイクの音に気が付いた影が、今、窓を開ける。










































Fin