Ourselves




 こんな風に。

 ずっと暑い日が続いたのに、思い出した様に寒くなると・・・・・・


























ひとくぎり



















「大丈夫だって。ちゃんとやってるよ」

『ホントに? コンビニのお弁当ばかりじゃないの? たまには料理して、野菜もちゃんと摂らなきゃ駄目よ』

「あんまり家でメシ食べないし。まあどうにか生きてるから」

『またそんな事言って。夏休みこっちに来たら、徹底的に食生活改善するから覚悟なさい』

「はいはい」















 真夜中。

 とは言っても、向こうは朝の8時。



 工藤新一はキッチンで、グラスに氷を入れながら受話器に向かっていた。









 相手は工藤有希子。

 ロスアンゼルスに住んでいる、母親である。

















『もうこんな時間! これから優作とロンドンに飛ばなくちゃならないの。じゃあまた電話するわね』

「父さんに宜しく言っといて―――――・・・・・って、あれ?」















 耳元に響いた断続音。

 相変わらずな母親に、新一は微笑った。















「相っ変わらず仲ええな、お前んトコ」

「・・・・・服部」

「ひとり息子を泣く泣く日本に残しとるんやもんな~。そりゃ構いたくもなるか」

「まー何年も離れて暮らしてればな」













 その時ぺたぺたと廊下の奥から現れたのは服部平次。

 頭からバスタオルを被り、ぱんつ一丁で笑っている。



 その時新一の手元のグラスに気付いた。   















「・・・・何や。随分と甘ったるいニオイやな」

「これか? カルアミルク。昨日ふらっと寄ったトコに瓶で売っててさ。買ってきてみた。けっこーイケるぜ」

「酒なんか?」















 受話器をテーブルに置いた新一。

 英語が連なるラベルの瓶から、グラスに2本指くらい注ぐ。



 その後牛乳で割っていると思ったら、少し甘い香りがしたから平次は聞いたのだ。













 ・・・・・・・差し出されたそれを嗅ぐと、確かにアルコール成分を感じる。  



















「お前も飲んでみるか?」

「いんや。俺はビールでええわ」

「相変わらず炭酸かよ」

「工藤こそ飲みすぎやぞ。今日ロクに食うてないんやぞ?」

「もう遅いっつーの」















 気が付くと目の前の顔が赤い。

 母親から電話が来る前に、既に1杯は空けていたのだろう。















「酔いつぶれても面倒見んで」

「誰がお前の世話になるか」

「ほー。ならええけど」

「それよりさっさと着替えて来やがれ。湯冷めしたって、それこそ面倒見ねえぞ」

「・・・・優しいんか冷たいんか解らんやっちゃ」

「何か言ったか?」

















 新一はじろりと睨むと平次をバスルームに追い返す。

 その視線が既に『出来上がって』いたから、触らぬ何とかに祟りなしとばかりに奥へ消えていった。




























ひとくぎり























 夕方から呼び出しを食らった。

 警視庁からの要請も、減って来たよなと感じた矢先だった。















 ・・・・ちょうど2人で居たからそのまま連れ立って現場へ向かった。































 それは一週間前に起こった幼児殺害の件で。

 だから2人は、今夜は飲みたい気分だった。



























「子供奪われた両親も勿論気の毒やけど・・・・・・」

「ああ。それより加害者の少年の親の方が、大変だろうな」

「・・・・どないするんやろな。これから」























 それは考えてもキリが無いとは解ってる。





 毎日いくつもの事件が起こっては終わり。

 その度に、沢山の思いがそこには溢れて。























 ―――――――――・・・・・・2人はそれをただ見つめる事しか出来ない。



























 事件なんて起こらないに越した事は無い。

 自分たちのやっている事が、必要ないに越した事は無い。



 だけど。



























 ・・・・・・『人間』が『人間』で有る限り無くなる事はないのだ。



























「ああもう、その話はもうしねえって事で俺んち来たんだろうが!」

「工藤がテレビ付けるからやろ」

「違うチャンネルにすりゃいーだろ・・・・・えーと、あれ、今日そーいやどっち勝ったんだ」

「セ・リーグや。伊良部も調子ええよな~ 工藤、トラの優勝決まったら大阪行くんやからな?」

「はあ?」



















 急に平次のテンションが高くなる。



















 無理も無い。

 突然今日のオールスター戦の模様が映し出されたのだ。



 根っからの阪神ファンの服部平次が黙って居られる訳が無い。















 ・・・・一気に暗い空気が吹っ飛び、新一は微笑った。

























「今年は絶対優勝や。マジック点灯最速やぞ?」

「そーかもな・・・・・」

「・・・・工藤。何しとんねん」

「いやー・・・・酒の分量、多かったかな~・・・・・すげえ効いて来たみてーで眠い・・・・・」

「って、ココで寝られても困るんやけど?」

「るっせー・・・・・」



















 テレビの前で並んでソファに座っていた2人。

 すると突然、平次の膝に新一が転がり込んできたのだから驚く。





 つまり『膝枕』状態である。





















「工藤! おえ工藤!?」

「・・・・・・」

「ったくも~・・・・俺はどないしたらええねん」

























 別に自分は退けようと思えば退けれる体勢だった。

 足をずらして、新一の頭をクッションにでも乗せれば良いのだ。



 なのに。






















 ・・・・・何となく。



 この膝に掛かる重力が気持ち良くて、外せない。



























「――――――――――・・・・・・やーらかい髪しとんのー」





























 ふと、そう思って形の良い後頭部に触れた平次。

 すると。

 























 ・・・・・整った顔が自分に向いたから、少しどきりとした。


































ひとくぎり



























 こんな風に。

 ずっと暑い日が続いたのに、思い出した様に寒くなると。



























 ・・・・・人の体温の気持ち良さに、改めて気付いたりするものだ。








































Fin