卯月の終わりに



 ゴールデンウイークが迫った4月のある日の朝。

 一通のメールが新一を起こした。















「・・・・・快斗。なんだ朝っぱらから」

『寝てた所悪いけどさ~ 天気も良いんだし遊びに行かね?』

「ええ~・・・・・ 面倒くせえなあ」

『最近、カラダ動かしてねえだろ。たまにはパーっと、ミラクルランドでさ』

「ミラクルランド?」















 寝たまま携帯で話していた新一。

 天井を見つめたまま、ある事を思い出す。



















 ・・・・・・・・・数年前に、蘭や和葉。

 それに子供たちを人質に取られ、探偵たちを巻き込んだ事件だ。





















 別にあれからあの場所で遊べなくなったとか。

 そんな事は、別にないけれど。













 今でもゲートをくぐるときは・・・・・・・・・・・・・少し、緊張する。























『な?』

「だけどなあ―――――・・・・・・男2人で行っても空しくねえか」

『そう? 俺は別に気にしないけど』

「俺もヒトのこと言えねえけど、連れてく女の子とかいねえのかよ」

『いなくはないけどさ~ 今日は新一と遊びたい気分なんだよ。つうか、女の子一緒だと気い使わなきゃいけないし、疲れんだよねえ』

「・・・・・まあ、それには同意するけど」























 そうなのだ。

 別に、快斗も新一も女の子に困っている訳でも何でもない。









 互いに『友達以上、恋人未満』な女の子は存在するし、ただ今は別の大学に進んでいるので滅多に会えないでいるだけだ。















 告白もタイミングがずれたまま今日に至っている。

 それに、幼なじみの期間が長すぎると今更恥ずかしいという気持ちもある。



 こんなのは自分だけだろうと新一は思っていた。

 しかし、ある日快斗に聞いてみると、自分も同じような状況だと言っていたので『変なところまで似てるんだなあ』と苦笑したものだ。















 彼女たちならば、気心が知れてるし小さい頃から一緒だったから、何の気も遣うことなく時を過ごせる。

 しかし大学で一緒だというだけの女の子達は、気軽に誘えはしない。











 なんと言っても全学年通して、新一と快斗は有名なユニットだ。

 個々でも存在感は半端じゃないのに、それが一緒となると相乗効果で更に違う空気を醸し出す。



 だから、学内問わず近隣の学校から押しかけるファンも多い。

 こちらは友達のつもりで接しても、彼女たちの大半はそうは思ってはくれない。



 















 高校の頃までは普通に過ごせたのになあ。



 なーんで、こうも周りが騒ぐかな――――――――――・・・・・・・・





















 やっぱ、テレビなんか出るんじゃなかったかな。

 なんて思ってしまう。
























『・・・・おい新一!? お前、いま俺と電話してんのか解ってる??』

「え? あ、ああ悪い。ボーっとしてた」

『しっかりしてくれよ~ あ、そだ。なら隣の志保ちゃん連れて来たらどーよ』

「宮野?」

『そーだよ。そうそう、なら、男2人で寂しいなんて事もないじゃんか~ な?』

「快斗・・・・・お前、最初っからそれ狙いだろ」

『やっと解った?』

















 布団の中で新一が息を付く。

 窓から見える景色は、綺麗な青空。









 そういえば宮野がいた。

 新一と同じく、身体を小さくされていた時の名前が灰原哀。



 今は宮野志保。

 新一達よりもひとつ年上の、これまた美人なお隣さんが。



 



















 ・・・・・・彼女もまた、気を使わずに済む人間のひとりだった。





























「解った。けど、期待すんなよ」

『期待してる。頼むぜ~ んじゃ、後で』

「まったくお前は・・・・・じゃあな」














 小さく息を付く。

 やれやれと思いながら、身体を起こす。





 そうして窓を開けた。




















 ・・・・・・・・今日は風、強くねえな。
























 関東地方は、今年いやに風が強い。

 けれども今日は久しぶりに凪いでいるらしい。









 軽く伸びをして、着替えを始めた。


































ひとくぎり

























 ヨーグルトと、牛乳。

 朝の定番メニューを終えると、受話器を取った。



 隣の阿笠博士のメモリを押す。













『はい、阿笠です』

「宮野?」

『あら工藤君。おはよう』

「ちょうど良かった。今日さ、何か予定あるか」

『あると言えばあるかしら―――――・・・・・・ある人が来てるんだけど、博士が出かけてて、帰ってくるの待たなきゃいけないのよ』

「ある人?」















 受話器を肩にはさみながら、珈琲ポットからカップに中身を移す。

 その時少しだけ手に跳ね、あちちと新一は声を出した。

















『なんて言ったかしら。ほら、関西弁の色の黒い人』

『いややな~ ねーちゃん、なんべんも俺の名前言うたやろ!』

「は・・・・服部?」

『おー工藤~ 久しぶりやな』

「お前、な、何でそこにいるんだよ!?」

『何でて・・・・・そら、用事あるからに決まっとるやんけ。オヤジが阿笠の博士に何か頼んどるみたいで、それ受け取りに来てんねん』















 新一はつい変な声を出す。

 それも仕方あるまい。



 本来ならば大阪に生息している筈の服部平次が、東京の、それも朝っぱらから宮野志保の家に居るからだ。













 ・・・・・まあ正確に言うと。

 志保の家ではなく、阿笠博士の家なのだが。

























「こんな朝っぱらからか」

『なに怒っとんねん。そーいやこのねーちゃんに用ある言うてたな・・・・・・・・毛利のねーちゃん居るのに別のオンナ、デートに誘うたらアカンで』

「うるせえな、蘭は今日試合なんだよ。つうかテメエこそひとりで来てんのか? 和葉ちゃんいねえのか?」

『そんないっつも一緒にいるわけないやろ。なんや、フタコト目には和葉、和葉て』

『・・・・・ちょっと、変わってくれない?』

『あ、スマンなつい、ほい』















 いつもの調子で平次が話していると、横から志保が手を出して来たのだろう。

 慌てて受話器を返す。



 小さく息を付いた声が、聞こえてきた。

















『で、何だったのかしら』

「ああ、あのさ・・・・・・天気もいいし、ミラクルランドでも行かないかって、快斗が」

『カイト?』

「前に紹介しただろ。俺と同じような顔した奴」

『・・・・ああ、あの人』

『カイト? いまカイト言うたか?? あの気にくわない奴がどうかしたんか?』

「外野うるせえぞ。そ、俺も一緒だけど―――――・・・・・博士が帰ってきてからでいいからさ」

















 少しの間、沈黙が流れる。

 でも志保を誘ったという時点で、その隣の平次の行動の予想が付いた。

















『・・・・・そうね。多分、この人も付いて来ると思うけどいいのかしら?』

「やっぱり。でもそいつは無視していいぞ」

『コラ工藤! 聞こえとるぞ!』

「ホントうるさい。それじゃ宮野、電話待ってるからな」

『ええ、また後で』

『工藤~~!!』













 受話器の奥でわめく声を、ボタンひとつで断ち切る。

 新一は『ていっ』と電話の子機をソファに投げると、その横に深く沈み珈琲を飲み始めた。




























ひとくぎり























「・・・・で? なんでコイツがここにいるわけ?」

「ボディーガードや。宮野のねーちゃんひとりやと、男どもが寄ってきてうっさいやろし」

「そ、ご苦労。ならもう帰っていいぜ」

「帰るかい。お前ら2人とねーちゃん達で楽しもなんて、そーはイカンのじゃボケ」

「私は別にいいけど。それに、乗り物のるなら偶数の方が良いんじゃないのかしら」

















 結局。

 ミラクルランドの入場ゲート前に集合したのは、快斗、新一、そして志保と共に現れた平次だった。









 予想通りの反応。


 だから平次も、2人に向かって意地悪く微笑う。

























 ・・・・・その目線がまた高くなっているのに気付き、新一と快斗は共に舌打ちをした。





























「マジでムカつくな・・・・・・あいつ、いま背、いくつだ?」

「俺も久しぶりだけど驚いた。白馬と、良い勝負じゃねえのか」

「志保ちゃんと似合いなだけに腹立つぜ」

「ま。宮野の方は相手にしてねえみたいだから、いいんじゃねえ?」

























 そう耳打ちする2人は、うらめしげに平次を見る。





















 シャツにジャケット。

 そしてジーンズという何でもない服装なのに、やたらと格好良いのは体格のせいだろう。













 ・・・・・・・・更に大学生になって伸び続けているこの身長。


 白馬が180をとうに越えているから、そのくらいか。


















低くもないが高くもない新一と快斗だが、志保も女の子としては168と高い。

だから目の前の身長差は、とても理想的な絵だった。



























「どないした。呆けくさって」

「・・・・・しょーがねえな。ま、いっか」

「昼も過ぎてるし・・・・・・早くしないと時間なくなっちまうもんな」

「ほな行こか! 宮野のねーちゃんも急ぐで~」

「そうね」























 そうして平次は入場券売り場へと歩き出す。













 何はともあれ、にぎやかで楽しくなりそうだ。


 ・・・・・そう思い新一は微笑った。






































ひとくぎり

































 4月某日、ミラクルランド。

 個々でも有名な彼らが揃って現れたこの会場は、案の定。























 ・・・・それぞれのファンによって見つけられ、一時騒然となったのは言うまでもない。














































Fin