蛇紋石は静かに佇む





 6月21日の誕生石(サーペンテイン serpentine)(和名:蛇紋石)

 特徴:優雅さと気品ある品格の人格者
 宝石言葉:高潔・上品・しとやか




 5月4日の誕生石(ファントムピラミッド phantom pyramid)(和名:金字塔幻影水晶)

 特徴:好きな事は力尽きるまでやるスポーツマン 
 宝石言葉:頑張り屋・努力家・健康













ひとくぎり
















「だってさ」

「ん?」

「誕生石。月別だけじゃなくて、日別でもあるみたい」




 6月21日。金曜日。

 台風から温帯低気圧に変わったものの、雨の勢いは未だやまず。



 黒羽快斗は、湿気による髪のはりつきを気にしつつ、手元のタブレットを差し出した。





 その相手は工藤新一。

 同い年で、同じ作りの顔を持つ唯一無二の存在。



 東の名探偵。






 ・・・・・・・彼の別な姿と、対極にある存在。








「へー。『優雅さと気品ある品格』ねえ」

「加えて『高潔』ってトコが俺じゃね?」

「はいはい。ほらアイス珈琲」







 まだ6月だと言うのに東京は先日真夏日を記録。

 ここ数日は雨と言うこともあり、気温はそんなに高くはなかったのだが。




 ・・・・この湿度だけは、そう慣れるものではない。








「さんきゅー。あ、ちなみに新一の5月4日はコレね」

「ファントムピラミッド・・・・・水晶か」

「『好きなことは力尽きるまでやるスポーツマン』だって。いやー、まんまだね」

「スポーツマンってのは違うと思うけどな」










 ただ素直に新一は微笑う。

 カランと氷が割れる音が心地よく耳に響くと同時に、「そうかなあ」と快斗は呟いた。






















ひとくぎり
























 この季節は雨の季節だ。

 夏至でもあり、一年中で一番昼が長い日のはずだが――――――――――・・・雨のお陰で今日は夜が早かった。



 現在、19時を過ぎたところ。






「服部まだ来ねえの?」

「さっき米花駅着いたってメール来た。つまみ買って来いって言っといたから、そろそろだろ」

「となると後は・・・・・」

「白馬はあと一時間くらいかな? さっき成田着いたって。本場のワイン頼んどいたから、期待しようぜ」








 今日は快斗の誕生日。

 彼ら四人が必ず集う、年に四度ある日のうちの一日。





 ・・・・・地球上のどこにいても、必ず顔を合わせる日。












「お前、フランスまでワイン買いに行かせたのか」

「ワインは『ついで』に決まってんじゃん。なんかさ、あっちで事件あったらしくて」

「へー・・・事件、ねえ」

「あ。来たみたいだぜ、服部」 






 意味ありげな視線を向ける新一。

 けれども快斗はそれに答えず、聞こえたドアホンに顔を上げた。



 ・・・・新一は軽く息をつき、笑みを見せる。






「じゃあまず夕飯にするか。快斗、服部頼む」

「オッケー」







 この物騒なご時世。玄関の鍵は、当然ながら施錠済み。

 新一はそれの解除を快斗に頼むと、自身は夕食の支度のためキッチンへ向かった。
























ひとくぎり


























 特別な贈り物なんていらない。




 ただ、存在を確かめられれば、それでいい。
















 今日は6月21日。

 蛇紋石という名の誕生石が、ただリビングのテーブルに置かれているだけ。










 不愉快なストレスや変化をそらし。



 自分自身のバランスを保ち。






 ・・・・・・・集中力や洞察力を高め、身を護るというその石。






















 それは――――――――――・・・・・・

 彼がいま置かれている状況を知り尽くしているように、静かに佇んでいる。






































 特別な贈り物なんていらない。


 だって。

































 こうして一緒にいてくれるその事。

 それが・・・・・・何よりものギフトだってわかっているのだから。

































Fin