オセロ






「これさ。何か俺たちみてえだな」

「これ?」

「そ。白と黒だろ? 白馬に、黒羽。色の名前付いてんじゃん」















 学校。

 3時間目と4時間目の間の小休憩。



 黒羽快斗と白馬探は、ひとつの机を挟んで向かい合っている。

















「成る程。君と僕は表裏一体という訳か」

「あー、そっかそーゆー意味になっちまうな。うわ、気色わる」

「失礼だな」

 













 ぱちぱちとひっくり返す音。

 そう、これは『オセロ』である。





 快斗のカバンの中にいつも忍ばせてある、ちいさなオセロゲーム。

 十数分の休み時間の暇つぶしには丁度良い。

















「ちっくしょ~~~」

「1分だけ待ってあげよう」

「あ! 何々、オセロ??」















 運悪く、差すところが見つからなく唸っていた時、素っ頓狂な声が割り込んでくる。



 中森青子だ。















「白馬くんが持って来たの?」

「俺だっつの」

「あら。随分楽しそうじゃない・・・・」

「どわっ! テメー、いきなり現れんな!」











 快斗の背後から気配もなく紅子が顔を出す。

 その紅子が、2人をみてくすりと微笑った。











「・・・・本当にぴったりね。貴方達がオセロって」

「でしょう?」

「またワケわかんねー事ぬかして」

「あら、だって」

















 ちらと様子を見、快斗の耳に小声で紅子は続きの言葉を囁く。

















「怪盗と探偵。これ以上の表裏一体はないじゃない」

「あのなあ・・・・・」





















 そう。

 紅子の言ってることは嘘じゃない。





 しかし。

























 その時、次の授業開始を告げる鐘が鳴る。























「はい。時間だ」

「ああ!」

「君の次の手はもうない。だから僕が、ココに置いてひっくり返していくと・・・・・・ほら。もう完全に白の勝ちだ」

「黒羽くんの未来みたいね。白に占領されるなんて」

「何だと?」

「気を付ける事ね。もうひとつの白き光も貴方に近づきつつあるわ」

「白い光? なーにそれ?」



















 その身を白で纏えど、黒き羽根で夜空を飛ぶ怪盗キッド。





















 そして・・・・・



 この白馬探と同じ『探偵』と称し、この世界のどこかに同じく存在している紅子曰『白き光の魔人』。



























 この前時計台の事件の時に感じた、同じ波長の意味は知りたい。



 そう快斗は、思うのだが―――――――・・・・・・・

























「黒が白になる事なんて有り得ねえんだよ。白は、黒に染まるけどな」

「あ。先生来たよ!」























 確か俺と同じ高校生だった。

 白馬に聞けば、きっと知っているに違いない。



 けど。

























 ・・・・・・・・・・・どうしてか、怖いと快斗は思ってしまう。































「ん? 何か」

「いや」

























 怪盗は黒。探偵は白・・・・・・













 ・・・・・黒は決して、白になることはないのだから。



















Fin