地球の日





 あったかい、夕暮れ。

 今日の最高気温は、今年で2度目の真夏日の25度だったらしい。



 目当ての小説の新刊を買い、新一は駅前の本屋から出てくる。















「ん?」

「あ。新一おにいさん」

「歩美ちゃん?」

















 ふと、気が付くとそこには小さな影。

 コナンの時にいつも行動を共にしていた、小さな仲間のひとりだった吉田歩美がいた。









 ・・・・・少し、髪の毛が伸びたんだ。



 あれから2年も経ったから、背も伸びたみたいだな。

















 『工藤新一』に戻って『江戸川コナン』が消えた。

 コナンは外国にいる両親と、今は向こうに住んでいる事になっている。



 今ではあまり会うことはなくなっていたが・・・・・・・・

 会ってしまったら、無視出来るわけがない。













「どうしたの? ひとり?」

「・・・・・うん。ねえ新一おにいさん、さっき私に会わなかった?」

「いま会ってるじゃないか」

「違うの。さっきね、公園でお母さん待ってる時、ジャングルジムでお空見てたら隣に新一おにいさんが来て・・・・・」

「ええ?」















 何を、言ってるんだろう歩美は?

 新一はしゃがみこんで、話をずっと聞いている。



















「久しぶりだね、元気? って。これ、くれたの」

「・・・・ちっちゃい地球儀だ」

「うん。今日はね、地球の日だからねって。笑った顔が、ほんとにおにいさんと同じだったんだよ?」

「そいつ、どこ行ったの?」

「わからないの。気が付いたらいなくなってたの」

「そうか・・・・」





















 ちいさな地球儀。







 新一のてのひらにすっぽり納まる、ちいさなちいさな碧の地球――――――・・・・・・・・



























「俺に似てたんだ」

「・・・・コナンくんにも似てたの。だから、すっごいどきどきしちゃった」

「そ、そう」

「コナンくん元気かなあ・・・・」



















 その時、本屋の隣の店から歩美の母親が出てきた。

 新一に気付き軽く会釈をすると、2人は手をつないで向こう側へと消えてゆく。











 ・・・・新一は、しばらくその後姿を見ていた。





































「地球の日・・・・・ね」































 地球はみどり。みどりの地球。







 そしてみどりの日は、今日のこと・・・・・・・・・































 歩美が会ったのはきっとあいつだ。

 俺の顔をした、あいつ。









 歩美は以前、あいつに会ったって言ってたから・・・・・・・・・































 新一は夕陽を見つめる。

 大きな大きな、太陽が見える。



















 ・・・・・・地球の日にふさわしく、今日はとてもいい天気。

































 お前も今、やっぱりこの夕陽を見ているのか・・・・・・・・?



















Fin