予想外の侵入者


 8月に入って、しばらく涼しい日が続いていた。

































「・・・・・今日も気持ちいい朝だ」














 おなかに軽くかけてたタオル。

 それを肩口まで引き寄せ、僅かに開けてた窓からの風を浴びる。









 本当にこういう朝は気持ちがいい・・・・

























 ・・・・ガタ。



























「・・・ん?」











 その時、隣の部屋から物音が聞こえた。

 新一は一気に目が覚める。





 この家には現在、自分ひとりしか居ないはず。

 自分から以外の物音なんて聞こえるはずがないのだが・・・・





















 泥棒・・・・?













 新一は、とりあえず身の安全の為に机の上のカッターを取り、隣の部屋のドアを静かに開けた。

























 ――――――――・・・そこに、見えたものは。



























「まさか・・・・」









 そろそろと中へ入る。

 ・・・・・・ベッドの上に、誰かの影が寝ている。













 あの見覚えのある体格は・・・・・



























「と・・・・父さん・・・!?」



















 そう。



 工藤新一の実の父親の、工藤優作であった。






























ひとくぎり

























 眼鏡を枕の脇に置き。

 疲れ果てたという様子で眠っている優作。

















「いつの間に来てやがったんだ・・・・」

















 呆れる新一。

 しかも着替えもせず、スーツのまま寝こけている。













「母さんはどーしたんだ? この様子じゃ内緒で来たっぽいな・・・・」















 また締め切りから逃げてきたのか。

 それとも、恒例の夫婦喧嘩か。



 どっちにしろ新一にとっては正月以来の父親だ。

 つい、懐かしいからじーっとその顔を見ていた。









 ・・・その時。



















「・・・・お前は本当に日増しに有希子に似てくるなあ」

「え、うわ!」

「父さんは嬉しいぞ・・・・」

「ちょ、ちょっと待てコラ離せ――――っっ!!」















 いきなり、優作は目を開けた。

 そして新一の腰を掴み離さない。





 慌てたのは、新一。

















 ・・・・・・・しかし。

 体格も背も未だ敵わないこの父親に、力で敵うはずが無かった。























「ちゃんと食ってるのか? こんなに細くちゃー好きな女も守れんぞ」

「余計なお世話だ! いいから離せっての! 大体なんでココに居るんだよ? 仕事は? 母さんは?」

「・・・・・・やな事思い出させるねお前は」













 ようやく優作は、新一を離す。

 そして深い息をついた。













「ちょっと締め切りたまっててね・・・・・・・一昨日、気が付いたら飛行機乗ってた」

「はあ?」

「人間、休息も必要だろ?」

「―――――・・・・・大丈夫なのかよ」

「今日の夜の便で帰らなきゃならないんだ。だから、それまで父さんと遊ぼうな」

「遊ぼうって・・・・・あのなあ」



















 どこまで行っても、子供は子供。

 いくつになっても、優作にとっては新一は可愛い息子だ。

















 ・・・・新一は急に力が抜けた。























「ところで。その物騒なものは何だ?」

「ああ―――――・・・泥棒かと思ったから、護身用」

「お前、鍵掛けて寝てないのか!? 危ないからちゃんと戸締りしなさい!」

「してただろ! だから物音して何事かと思ったんだろうが!!」



















 新一の手にあったカッター。

 それを見て、優作は問い掛ける。





 息をつきベッドに腰掛けたまま、新一はそれを枕もとに置いた。

















「はー・・・・まあいいや。朝メシ、何もねえぞ」

「じゃあ出かけよう。何処行きたい? 父さん何でも買ってやるぞ~」

「―――・・・俺、約束あんだけど」

「何!? 父さんよりも優先させる事なのか?」

「わ、解ったわかった! あいつには断っておくから、とにかくシャワー浴びてその服着替えてといて!」



















 何処の父親もこーゆーものなのだろうか・・・・?

 娘ならまだしも、息子にこんなにベタ甘い父親なんて聞いたことがない。



















 ・・・・・・でも、日頃離れて暮らしているせいか新一は嫌ではなかった。



























 ただちょっと、気恥ずかしいだけ。





 ・・・・・・・何だかんだ言っても、新一は優作に頭が上がらないのである。
































ひとくぎり





























 父親を風呂場に行かせると、新一は部屋に戻り着替える。

 そして受話器を取った。

























「服部? 俺。悪い、今日の約束だけど――――――・・・・・親父が帰ってきてさ。今日1日付き合わなきゃいけねーから、また今度な」





















 約束してたのは服部平次。

 今日は車でちょっと海に行こうと言っていたのだが・・・・





 相手が父親と知って、平次も無理を言えず。

 『しゃあないなあ』とだけ呟くと会話は切れた。





















 今日は風が涼しい。



 暑いのが嫌いな自分にとって、比較的過ごしやすい日になるだろう。























 ――――――・・・・・・こうなったら親父にうんと甘えてやるか。



 なーに買ってもらおっかな・・・・・























 日頃欲しかったものを、新一は頭に思い浮かべる。



 そしてお腹がぐぅと鳴り、「とりあえずはメシねだろう・・・」と階下へ降りて行った。

















Fin