五月四日

 

 五月四日。
 服部平次は息を切らしながら米花駅のホームを駆け抜ける。

 もう日が暮れた。寒くは無いけど風が強い。
 そして思い出す。

「アカン︙︙何も用意してへん」

 今日は誕生日。
 工藤新一の、生誕記念日。

 物欲のない新一へのプレゼントは、毎年選ぶのに一苦労。
 だからここ数年は、『物』ではなく『体験』などの消え物になってしまっていたのだが︙︙

 今年はもうネタも尽きてしまった。

「ホンマは今日早よ来て、あいつどっかに連れ出そ思てたんやけどなあ」

 東京に来るのも正月ぶり。
 なんやかんやで忙しく、リアルで会うのは、本当に久しぶり。

 だって五月四日。
 本当なら昨日のうちに来たかったが、どうしても都合つかず、当日便。

「お、あそこケーキ屋ちゃうん? 開いとる? 開いとるな、よっしゃラッキー!

 駅前の並び。
 いくつかのお店の中に、ケーキ屋らしき店舗を平次は見つける。

 とりあえず誕生日やしケーキがあれば格好が付く。
 平次は、小さなモンブランをふたつ頼んだ。

 


 

「︙︙ん?

 工藤邸に着く頃には、闇も深くなっていて。
 玄関前でベルを鳴らそうとしたその時、かすかに音が聞こえた。

 猫。
 それも、仔猫のもの。

「何や?

 きっと平次の足音に驚き、威嚇の声を出したのだろう。
 でもそれがどこから聞こえるのか、暗くて良く解らない。

「︙︙どーこや? お腹空かしとる声やなー」

 今度はけたたましい鳴き声。
 自分の家の庭にも、よく野良猫がくるから解る。必死な声だ。

「おった︙︙」

 すぐ横の、芝生の上。
 暗闇がかさかさと動いている。

 手を伸ばして、小さな毛玉を持ち上げた。
 玄関前の薄明かりにかざしても、黒い。

 ということは︙︙黒猫?

「おー 元気ええなあ」

 平次に掴まれ、最初は威嚇していたが、しばらくすると大人しくなる。
 やがてゴロゴロと喉を鳴らした。

「んー︙︙母猫おる様子でもないしなあ。どないしよ」

 扉前に座り込んで、仔猫を抱っこしながら考える。
 そして横に置いたケーキの箱に掛けられていたリボンを取ると、仔猫の首に巻いた。

「お、かわええぞー。黒猫に赤いリボン、ピッタリやな」

 首に違和感を感じた仔猫が、じたばたと暴れ出す。
 それがまた可愛くて遊んでいた時、ガチャリと背中の扉が開いた。

「︙︙何してんだそこで」
「おわ、ビックリした」
「驚いたのはこっちだ。玄関が騒がしいと思って様子見てたら、お前の声じゃねえか」

 現れたのは工藤新一。
 暗闇でも解る整った顔立ちから発せられる声は、相変わらず冷い。

 それに平次は安心する。

「工藤のストーカー捕まえたんやから、堪忍やで」
「ストーカー?
「ほい。誕生日おめでとさん」

 立ち上がり、新一に極上の笑顔を平次は向けた。
 右手に仔猫。そして左手にケーキの箱を持ちながら。

 


 

「︙︙俺が探しても全く姿見せなかったのに。なんでお前はアッサリ見つけるんだ」
「へ?
「こいつ、三日前くらいから庭で鳴いてたんだよ︙︙でも全然姿見せなくてさ。お腹空かしてるみたいだから、餌だけ玄関のとこ置いてたんだ。次の日には中身なくなってたから、そこだけは安心してたんだけど」

 ちょうど関わっていた事件が一段落した所だった。
 
 風が強く、雨も強かった夜。
 窓の外から聞こえた声。

 ︙︙猫?

 それも仔猫。
 親とはぐれたのか、悲痛な鳴き声。

 ︙︙おいおい、この雨にマジかよ。

 雨に負けてない鳴き声。
 新一は、我慢できず外へ出る。

 まずは現状把握。
 傘が役に立たない風と雨の中、家の周りを一周したけれど見つからなかった。

 いきなり人間が出てきて驚いたのだろう。
 新一が外にいる間は、鳴き声が一切しなかった。

 家に戻ると、聞こえてくる。

 しょうがない。
 ひとまずキャットフードを買いに行き、雨風が当たらない場所に餌を置いておいた。

 次の日、雨が上がって風も止んでいた。
 餌の皿も綺麗になっていたから、鳴き声は聞こえても会えない状態のまま、今日まで数日間それを続けてきた。

「工藤、怖い顔して探したんやろ」
「︙︙何だと」
「動物は人間の感情、よお読み取るし。助けて欲しかったんはホンマやけど︙︙いきなり飛び出してきて、ガサガサ探し回られたら、怖なって声も出えへん」

 平次が新一と合流した後、二人はまだ開いてる動物病院へと仔猫を連れていった。

 健康診断が終わり、特に外傷もないことが解ると、薬をもらい家へ戻る。
 お腹も満たされた仔猫は今、キャリーの中ですやすやと眠っていた。

「ずいぶん動物の気持ちが解るんだな」
「うちはちっさい頃から、猫やら犬やらおったし。野良も、よお来てたから」
「︙︙そうなのか」
「けど面倒みるつもりやったんやな。全部用意しとるやん」
「そりゃ︙︙そのつもりじゃねえと、餌置かねえよ」

 仔猫とケーキを差し出した時。
 工藤邸の玄関奥に、猫用トイレやら餌やらキャリーが用意されているのが目に入り、平次は驚いたのを思い出す。

 犬にしろ猫にしろ、その後の責任が持てないなら、餌を与えるものではない。
 非情だが、一度でも情をかけると結局苦しむのは動物なのだ。

 それに家を空けることが多い新一は、動物を飼いたいとは思ったことがなかった。
 だけど。

 ︙︙この家に迷い込んできたと言うことは、仔猫が選んだと言うこと。

「で? 初めて会うた感想はどうなん」
「どうって?
「黒猫って事も初めて知った訳やろ」
「あー︙︙そうだな、しっくりきた、かな」
「ほほう」
「闇夜にいくら探しても、見つからない理由はそれもあったってことだし」

 決して自分が怖い顔していただけではない。
 そう新一は思いたかったと解り、平次はにやにや笑う。

 ︙︙と言うことを考えてるのだろうと、新一も解ったからこれ以上は何も言わなかった。

 


 

「あ、そやケーキ買うてきたん、どないした?
「冷蔵庫」
「今日のうちに食わな意味ないやん。持ってくる。食お」

 黒猫騒動で、ろくに食事も取ってなかった二人。
 一段落ついた所で、空腹を思い出す。

 時刻は二十時。
 
「それだけじゃ足りねえだろ。コンビニ行って、なんか買ってくるか」
「せやなあ︙︙ついでに酒も買うてくるか。あ、お前は来んでええ。猫おるし」
「じゃ、頼む」
「まかせときー」

 ひらひらと手を振り平次は玄関へ消える。
 新一はソファの横に置いたキャリーへ近づくと、寝ている仔猫を覗き込んだ。

 ︙︙やっと会えたな。

 玄関で平次が出してきた小さい毛玉。
 それが生き物だと解ったのは、もぞもぞと動いた時だ。

 小さな青い目。
 猫は、小さい頃は青い目をしていると聞いたことがある。

 まん丸い目をして、こちらを覗き込んでいた。

 病院で診てもらったところ、どうやら二ヶ月ほどのオスで。
 今日はこのままキャリーで寝てもらって、明日になったら体を洗ってゲージに移そう。

 組み立て式のゲージは今日届いてる。服部に頼めばすぐ出来るだろう。
 とにかく、しばらくは事件の依頼が来ないことを祈ろう︙︙

 そこで新一の意識は途切れる。
 やがて、静かな吐息を立て始めた。

 


 

「︙︙」

 戻ってきた平次。
 玄関から声を掛けても返事がないのでリビングに来てみたら、ソファの影から足が見えた。

 ︙︙こらまた、綺麗な黒猫が寝とるな。

 今日の新一は気付けば全身黒。
 それが黒猫キャリーのそばで寝ているものだから、絵になってしょうがない。

 今一度、呼んでみたら起きた。

「あれ︙︙俺寝てた?
「寝とったなー。ほれ、適当に買うてきた」
「サンキュ」
「お。チビクロも起きたんか」
「ほんとだ︙︙って、ん? チビクロ?

 食料を渡され起き上がった時、キャリーからカサカサと音がした。
 人の気配が動いたから、こちらも起きたらしい。

 そして新一がある言葉を聞き返す。

「ちっさいクロネコで、チビクロや。名前ないと呼びづらいし、ええやろ」
「みゃ!
「え、お前返事した?
「みゃみゃ!!
「︙︙チビクロ決定でええんちゃう?
「大きくなってもチビクロ︙︙?
「そん時は、クロでええやろ」

 そりゃそうか。

 新一はキャリーの入り口を開け、仔猫を出す。
 ちいさい手足を懸命に動かし、新一にしがみついてきた。

 ひとまず拭いたとはいえ洗ってないから泥が落ちるが︙︙そんなことは、どうでも良くなる可愛さだ。

「くーろ。お前、クロだってさ。チビクロ」
「︙︙工藤、ええから手え洗ってこんかい。クロは後や」
「なに急に怒ってんだ︙︙? ほら、今度はお前を怖がってるぞー、なーチビクロ」
「早よせえ!
「みゃっ!
「大きな声出すなよ︙︙どうしたってんだ」

 平次を睨みながら、新一はクロをそっとキャリーに戻す。
 そして手を洗いにキッチンへ向かった。

 


 

 猫と新一の組み合わせが最強なのは、解ってた。
 会わす前から予想は付いてた。

 だけど。

 黒の仔猫と工藤新一のツーショットは、想像を遙かに超えた威力を発揮。
 見当違いの嫉妬と、目眩めまいを起こすほど。
 
「︙︙何でこないに腹立つんや」
 
 自分の感情に疑問を感じているその時、新一が戻ってきた。
 ソファに座り、食料を並べる。

「ケーキも持ってきたぞ。モンブラン選ぶあたり、さすが服部」
「そら、まあ」
「ありがとな。来てくれて」
「へ︙︙」

 平次が驚いた顔をして新一を見た。
 すんなりお礼を口にするなんて、珍しいからだ。

「クロを見つけて来てくれて︙︙本当に、嬉しかった」
!

 その時の新一の表情を、何と表現したらいいのか解らない。 

 昨日の夜まで、激しく鳴いていた声が今朝になって消えかかっていた。
 餌は減っていて、気配も感じるけど、状況は悪くなっていると理解した。

 でも見つけられない。
 自分が外へ出ると、存在を隠す。

 すぐに病院へ連れて行きたかった。
 だけど捕まえられない。

 そうして疲れ果てていた所に、平次が現れたのだ。
 ︙︙そう言えば、誕生日に来ると言っていた。

「最高の誕生日だ」

 呟くと、新一は微笑う。
 今まで見たことのない綺麗な表情で、平次に向いて。
 
「︙︙ホンマにアカンて」
「え?
 
 小さすぎる囁きに、新一は聞き返す。
 上目遣いだったこともあり、平次の頭の奥で何かが切れた。

 ︙︙同時に激しくなる心臓の音。
 ゴクリと、唾を飲み込んだ。

「工藤、俺︙︙」
「何」
「︙︙好き、みたいや。お前んこと」
? だろうな」
「へ?

 自分でも、なんで今この状況で告る? と思っていた所に、思いも寄らないこの回答。
 平次は呆けた顔をして新一を見る。

「だって俺おっかけて東京に来て、一緒に事件解決しまくって︙︙元に戻ってからも誕生日とか、休みごとに必ずこうして家に来てる奴が、今更なに言ってんだ︙︙? まさか自分でも気付いてなかったってのか?
「︙︙え、えーと?
「おいマジか︙︙だから今まで何もしてこなかったのか」

 最後の言葉は、平次には聞こえないくらいの呟き。
 開きかけていたおにぎりをテーブルに置くと、新一は大きく息をついた。

 


 

 コナンになって平次と出会って。
 新一に戻ってからも、ことある事にやってきて。

 ︙︙あれだけあからさまな好意だ。
 向けられ続けたら、気付くに決まってる。
 
 なのに、当の本人が無自覚だったとは︙︙

「︙︙ちょっと聞いていいか」
「な、何や」

 一世一代の告白をしたのに、とっくにバレていた事を知った平次。
 どう対応していいか解らないと言った顔をしている。

 これはこれで面白い。
 だから、新一はまたキャリーからチビクロを出した。

「気付いたのって︙︙こいつのせい?
!
「でも今までだって動物と俺のセットなんてよくあっただろ? なんで今更︙︙」
「工藤がこない感情向けとるの、初めて見たし」
「︙︙へえ」

 確かに、今までも近くに動物はいた。
 蘭の母親である妃英理が飼っているゴロや、喫茶ポアロにいた榎本梓の大尉など、他にも数多く。

 でも。
 そのどれもが、他人の家族だった。
 
 チビクロは、これから自分の家族になる。
 特別な感情を向けるのは、当然のこと。

 ︙︙だからこそ今まで感じたことのない何かが、平次を戸惑わせた。 

 新一は微笑う。
 この状況に慣れてきたのか、チビクロは新一の手の中で、喉を鳴らしながら動く。

 その光景に、やっぱり平次の胸が疼いた。

 すると新一は立ち上がり、平次の前へ座る。
 『ほら』とチビクロを預けると、その頭と喉を、愛おしそうに撫でた。

「︙︙俺の感情が欲しけりゃ、頑張れ」
「へ︙︙」
「これから俺はこいつに時間と愛情を注ぐ。第一優先だ。だから、感情を向けて欲しけりゃ努力するしかないってことだ」
「︙︙く、工藤?
「最初に言っておく。俺もお前が好きだけど、今の段階では、そういう意味・・・・・・での好きじゃない」
!
「だから努力しろ。俺を手に入れたいなら、チビクロこいつ以上の存在になるしかない︙︙そうなれば、俺からキスでも何でもしてやるよ」

 チビクロを撫でながら、新一は射る様に平次を見る。
 
 確かに、自分が相手を好きだからと言って、相手も同じ感情がなければ恋愛に発展しない。
 それはただの『片思い』。しかも、相手に気持ちがバレている厄介な片思い。

 けれど新一は拒絶しなかった。
 
 相手が同性だからという嫌悪がないばかりか、いま感情はないけど未来は解らないという希望を提示してくれている。

 ︙︙これが工藤新一。
 見かけも性格も最強で最高な、日本の救世主。

「望むところや」
「あ。ライバルは多いからホント頑張れな。FBIとか公安とかマジシャンとかモブにも、おんなじ条件だしてっから︙︙そっか。チビクロのこともグループラインで言っとかねえと」
「は︙︙?
「じゃ、モンブラン食おうぜ。フォーク取ってくる」

 今、さらりと凄いことを言わなかったか︙︙?
 平次は思い当たる顔を何人も浮かべながら、チビクロと共にソファに深く沈んだ。

 


 

 五月四日。
 それは、工藤新一の生誕記念日。

 そしてチビクロという、新しい家族が増えた日。

 五月四日。
 それは︙︙

 工藤新一争奪戦に、服部平次が加わった日。

 

[了]

« »

HOME > 平新シリーズ > 五月四日