君がいたから

 

『で。いつ来るんだ』
「え
『今年もこっちへ来るんだろう 父さんも何とか休みが取れそうだから、久しぶりにロンドンの別荘に行こうかと母さんと話してるんだが』
「・・・そ、それがさ。今年は蘭が行けそうになくて」

 四月の終わり頃。
 月に一度、恒例の近況報告をしていた新一。

 来るだろうと思っていて案の定来た『その話』を、どうやってかわそうかと脳細胞を総動員して考えていた。

『別に彼女が来れなくとも、お前が大丈夫なら良いだろう
「ごめん、今年は行けない」
『・・・どうしてだ』
「友達が祝ってくれるって言ってんだ。俺の誕生日、だから」
『新一』

 電話の相手は工藤優作。
 新一の父親で、世界的に有名な推理小説『闇の男爵ナイトバロンシリーズ』の作家だ。

 彼は、数年前から妻の有希子と共に活動拠点を米国へ移していた。
 本当なら新一も共に暮らすはずだった。

 けれども日本を離れたがらない理由があるらしく、新一だけこの家に残ったのだ。

 ・・・その理由が解らない両親ではなかったから、心配だけれど望みを聞いた。
 ただし、必要以上に他人を頼りにせず、正月や夏休み等の長期休暇や行事は家族と過ごすという約束で。

 中でも息子の誕生日というイベントは、母親の有希子が本当に楽しみにしていて、毎年ロスの家で盛大なパーティーを開くのだ。

「母さんには悪いと思ってるよ」
『友達と過ごすのが駄目だと言ってるんじゃない。祝ってくれる仲間がいるのは良い事だ。でもな、これはお前が言い出した『約束』の筈だ』
「・・・そうだけど」

 新一の声が小さくなる。

 解ってる。
 未成年の自分が、日本でひとり暮らすことを許してくれたのは、その『約束』があったからだ。けど。

 だけど・・・今年は・・・

『まあ・・・大学生にもなって親と一緒に誕生日を過ごすのが恥ずかしい気持ちも解るが』
「そうじゃない、俺だって父さん達に会いたい」
『また電話する。もう一度考えておくんだ、いいな』

 そうして電話は切れた。
 新一は受話器を置くと、ソファに腰を下ろす。

 膝を抱えて座り、両手を合わせ。

 ・・・そうして口唇はあるひとつの名を呟いた。

 

「服部・・・」

 

 服部平次。
 それは、大阪に住む新一の探偵仲間だ。

「・・・せっかくお前が大阪に誘ってくれたのに」

 脳裏に蘇る、あの夏の記憶。

 新一は目を閉じ・・・
 未だ指に残るその傷を見つめながら、熱い暑いあの夜を思い出した。

 


 

 去年の夏。沖縄で事件が起きた。
 新一は容疑者の証拠を突き止める為、夜中ひとりで行動していた。

 慣れない土地。慣れない視界。
 甘く見ていたつもりはなかったが、うっそうと茂る雑草に足を取られ、つい声を出した時に気付かれてしまった。

 逃げる相手。
 追う、自分。

 ・・・捕まえたと思ったその時、背後から声がした。

「工藤、後ろや
「え・・・うわ

 振り向くと、刃物を持った男が新一めがけてその手を振り下ろしてくる。
 咄嗟に足でそれを蹴り飛ばすが、体勢を崩した新一は、そのまま浅い崖に落ちて行ってしまった。

 ・・・足音が遠くへ消えてゆく。

「しくじった・・・痛てて・・・ああ指切ったかな」
「工藤 ひとりで勝手に歩くてどーゆう訳や 街灯もろくにないトコ、地元のモンでもないのに無茶しすぎやぞ」
「・・・服部、何でいるんだ」
「嫌な予感してな。後付けて正解やったわ」

 そう言いながら新一のもとに降りてくる平次。
 時間はもう二十三時を過ぎ、周りは殆ど闇だ。懐中電灯で足下を照らしながらゆっくりと近づいた。

 照らされ、瞬間の眩しさに新一は右手で顔を覆う。

 ・・・頬に、生暖かい滴を感じた。

「なんだ・・・これ」
「おえ工藤、お前らえい血い出とるやないか」
「血・・・

 何を言ってるんだろうと新一は思った。
 だって、痛みなんて何処にも感じない。

 ・・・そう言えば、さっきチクッとした気がするけど。

「うわ 何だこれ
「硝子の破片か何かで切ったんやろ。ここらへんゴミ、結構落ちとるからなー・・・こらーぱっくりいってもうたな」
「・・・全然痛くねえのに、すげえな」
「感心しとる場合か。気い付かんで歩いとったら、出血多量であの世行きやぞ」

 右手の中指。
 その、第一関節。

 そこをざっくりと切り血が流れ出ていて、ここまで来ると痛みは感じず熱いだけだろう。

 とにかく右手を高く上げさせ、平次は首のタオルを取り傷口に巻こうとした。
 しかし思い出したように『あ』と声を出すと、いきなりその指を口にくわえたから新一は驚く。

「何してんだお前
「なにて・・・消毒やがな」
「も、もうちょっと優しく舐められねえのか
「痛いのくらい我慢せえ」

 確かにこんな所に傷薬も消毒薬もあるわけがない。
 だから、唾液が一番良いのも解ってる。

 けど。

 ・・・・新一が驚き、そして今堪えているのは『痛み』ではなかった。

 懸命に顔を背け、見られまいとする様子に平次は気付く。
 最後にぺろりと舐めると、指がびくりと跳ねた。

 吸い取った血を吐き出すと、平次はつい笑い出す。

「何がおかしい
「いややなー 感じてもうたん
「ば、馬鹿言うな」
「隠さんでもええで。生理現象はしゃーないし」
「だから違うって言ってるだろうが

明らかに耳まで真っ赤だろう新一。
暗くてよく見えないが、その表情は確かに肯定を示していた。

だから平次は更に笑い、その指にキツくタオルを巻いた。

「痛いっての
「たいしたことない思うけど、早くホテル帰って手当した方が良さそうやな」
「・・・そうだな」
「全く・・・だいたい何を急いどるんや。お前のしとる事は『勇気』やなくて『無謀』やぞ 向こうがひとりと限らん事も予想付かなかったんか」
「そう、だよな・・・」

 新一の言葉が止まった。
 付いてくる気配がないのに気付いた平次が振り向くと、茂みで倒れている身体が見えた。

「工藤

 懐中電灯では良く解らないが、顔色が悪いようだ。
 きつく巻いたはずのタオルに染みがどんどん広がっていくのに、平次は背筋が凍る。

 ・・・何や、こんな傷くらいで気い失うか
 そんな酷く、ないやろ・・・

 平次は訳が解らない。
 でも、何となく救急車を呼ぶのは駄目な気がして、携帯で別の番号を押した。

 それは・・・

「あ、阿笠のジイさんか 俺、服部やけど」

 今回一緒に沖縄に来ている、新一の隣に住んでいる科学者の阿笠博士だった。

『どうしたんじゃ こんな時間に』
「ジイさん、工藤がちょお怪我してもうたんや。指を切ったんやけど、その血が止まらんくて眼も覚まさへん・・・どういうことや
『なんじゃと

 腕の中の新一は目を開けない。
 いくら頬を叩いても気付かず、瞼もぴくりとさえ動かさない。

 平次は更に携帯に向かって叫んだ。

「まさか・・・抵抗力のうなっとるんか
『服部君、とにかく場所を教えてくれんか。直ぐ行くから新一君の傷口から出来るだけ血を流さんようにな』
「解った。早よう頼むわ」

 平次は大体の場所を教えると電話を切る。
 そして考えた。

 新一は高校生だった時、ある事件に巻き込まれた際に飲まされた薬が原因で、身体を小さくされていた。
 元に戻るために、同じ薬を飲み小さくなっていた灰原哀という少女が、阿笠邸で解毒剤の開発を試みていた。

 幾度となく作られた試作品の薬。
 それらを、新一は望んで飲み続けて来たのだ。

 ・・・決して弱い薬ではないことは素人目にも明らかで。

 ようやく薬が完成し、完全にもとの身体に戻ることが出来た新一と会った時・・・・
 どこか今までと違う雰囲気を感じたのが気のせいではなかったのなら。

 もしかして今の新一は、少しの出血も許されなくなっているのではないのか

 人間の身体にあるはずの治癒力が・・・
 なくなっているのだと、したら

「冗談キツイっちゅーねん

 染み出す血を、更にキツく自分のシャツを裂き締める。
 そうしてその身体を抱えて崖を登り、何とかアスファルトのある道へと出た。

 


 

「はい、これで大丈夫だと思うわ」
「・・・病院に連れてかんで正解やった訳やな」
「そうね。原因不明で調べている間に処置が遅れて、二度と目が覚めない可能性が高いわね」
「哀君と来とって良かったわい。しかしのう・・・新一君には、口を酸っぱくして気をつけろと言って居ったのに」

 阿笠が息を付いてソファに座った。
 平次は『哀』と呼ばれた彼女を、じっと見る。

「・・・何
「いや、アンタ確か・・・」
「ええ、宮野志保よ。博士は私が小さくなっていた頃の名前で慣れちゃってるから」

 新一から取った体温計を見て、平熱なのを確認しながら志保は平次の問いに答える。
 布団を肩口までかけ直すと、軽く息を付いて安堵の笑みを浮かべた。

 ・・・その表情に平次は彼女の『心』を知る。

「安心したら眠くなってきたわい。それじゃ、ワシは休ませてもらうよ」
「ああ。悪かったなジイさん遅うまで」
「私も失礼するわ。薬も効いてきて血も止まってるから、じきに目を覚ますはずよ」

 あくびをしながら部屋を出て行く阿笠。
 そして後に続いて扉に手を掛けた志保が、突然平次に振り向いた。

 薬を数個、渡される。

「え
「・・・いくら言っても駄目なのよね、工藤君。だからあなたが持っていてくれない
「・・・」
「一応彼にも渡してはあるんだけど、自分がこんな状態になった時に飲める訳ないのよね」
「もしかして・・・アンタも怪我したらこーなるんか
「私は彼ほど飲んではこなかったから大丈夫」

 その時の彼女の微笑みは、どこか哀しく。
 肩口まである栗色の髪を揺らし、部屋を出て行った。

 ・・・手のひらには、小さなカプセル。

 平次はベッド脇に戻ると、瞳を閉じられている新一の顔をしばらく眺めていた。

 


 

 ・・・熱い。
 身体が、腕が、指先が熱い・・・

 ここは何処だ
 俺を、呼ぶのは誰だ・・・

 ・・・柔らかい響きがするこの声は・・・
 誰の、声だ・・・

「・・・」
「工藤
「服部・・・あれ、俺・・・どーした
「このアホ 自分そんな身体なんやったら、もっと気い付けなアカンやろ
「じゃあ俺・・・」

 真夜中をとうに過ぎ、新一はベッドで目を覚ました。
 右手の指先に包帯が巻かれているのを確かめ、深く息を付く。

 ・・・そうしてようやく、さっきまでの事を思い出した。

 

「そっか。マジだったんだ灰原の話・・・」

 『灰原』とはさっきの宮野志保の事だ。
 阿笠と同じく『コナン』だった頃に呼び慣れていたから、新一はずっとその名で呼んでいた。

 天井を見つめ、自分の状態を思い知る。
 その『事実』に驚きを隠せないといった様子に、平次は目を細めた。

「あのねーちゃんが居らんかったら、お前助からんかったんやな」
「馬鹿だよなあ・・・薬渡されてたんだから、さっさと飲めば良かった」

 自嘲気味の微笑。
 哀しいその表情が、たまらなく平次の胸を焦がす。

「堪忍やで工藤・・・動かんお前抱えとる時、もう目え覚まさへんかもしれんて焦ったんやぞ そんな風に微笑わらうのはなしや」
「え・・・
「もっと自分の身体大事にせえ。二度と俺の前で、気い失うな」
「・・・服部」

 過去に何度も新一が危険な目に遭う夢を見てきた。
 だから、平次は嫌だった。

 ・・・自分は助けられなくて、いつも目を覚ましていたから。

 だから今日も追いかけた。
 嫌な予感が、自分をそうさせた。

 そんな予感・・・・
 当たって欲しく、なかったのに。

 追わずにいたら、あのまま新一は無茶をして切りつけられ、もっと深い傷を負ったかもしれない。

 そして誰もいない暗い茂みの中で、普通だったら何てこと無い傷の出血で・・・
 そのまま目を覚ますことなく・・・

「悪かったよ・・・無茶した。ごめん」
「何で俺を呼ばへんかった 引き止めるとでも思たんか
「ああ。止めただろ」
「当たり前や

 その男が犯人だという確信はあった。
 あとは、明るくなってからゆっくり証拠を探せば良いだけで。

 新一は平次に向く。
 そうして、ゆっくり口唇を動かした。

「・・・俺はもう『コナン』じゃない」
「へ
「元に戻ったんだから、お前を頼るわけに行かなかった」
「・・・工藤」
「十六の時からひとりで暮らしてきた。自分ひとりで答えを導きだせるようじゃなきゃ、親父は日本に居ることを許してくれなかったんだ」
「日本に・・・て」

 新一は少し咳き込む。
 まだ感覚のない右手の指に、目を細めて。

「ああ・・・本当は俺も高校に上がると同時に、ロスに行くはずだったんだ」

 だけど行かなかった。
 ひとりで暮らしてみたかった。

 蘭と、離れたくなかった。

 何より・・・・
 自分で、問題を解決する力を身に付けたかったから。

「後悔しとるんか」
「え
「そのままロスに行っとったら・・・妙な薬飲まされて小っさくなる事もなかったやろ」

 小さく低く、平次は呟く。
 それに新一は目を見開いた。

 確かに、そんな事を思ったりもした。
 けれども。

 ・・・そんなのは、本当に最初のうちだけ。

 だから、新一は微笑わらった。

「何がオカシイんや」
「だってそうだろ。そういう事になってなきゃ、お前は俺を捜しに東京に来てないぞ」
「・・・あ」
「俺がロスに行ってたら、工藤新一と服部平次は出会ってなかった可能性が高いって事だ。ま、探偵同士、いずれ会うことにはなるかもしれないけど・・・俺は海の向こうだから、面識あるとかないとか、そういう感じ

 だけど出逢えた。
 『コナン』になったからこそ、服部が東京まで捜しに来たから。

 そして気付いてくれた。

 ・・・『コナン』が、『工藤新一』だと。

「そーゆう事になるんか」
「なるだろ」
「工藤」
「俺は日本に残ることを選んだ。その結果、いろんな人とも関われたし、経験も出来た・・・身体のことは、しょうがない。それより」

 言葉を区切り、新一は平次に向き直す。
 そして。

「・・・こうしてお前と会えたんだ。後悔するかっての」

 そう、しっかりと口に出し微笑った。

 


 

 次の日、回復した新一と共に平次は行動した。
 結局事件は程なく解決し、その日の夕方に一行は沖縄を離れ。

 また、それそれが個々の生活に戻って行った。

 

 そして夏が終わり、秋が来て。
 冬が過ぎて春を迎え・・・

 この五月。
 新一はゴールデンウイークを利用し、大阪へ行く計画を立てていた。

 本来ならば両親の居るロスへ自分は向かう。
 それは、決められていた『約束』。

 ・・・解ってる。

 別に、服部とは会おうと思えばいつでも会える。

 東京と大阪なんて、ほんの数時間だ。
 なのに。

 どうもあの夏以来、タイミングが合わずすれ違いばかり。
 事件でたまに顔を合わせることはあっても、ゆっくり話をする時間はなかった。

 そこに平次が連絡をしてきたのだ。
 『ゴールデンウイークの間、大阪へ来ないか』と。

 ・・・メールの文字を見た時の感情を、どう説明したらいいのか解らない。

 あの夏以来、こみ上げるこの想いを。
 どう、解釈したらいいのか・・・解らないから、確かめたかった。

 でも。

 結局父親の言葉には逆らえず、今日から二週間程ロンドンの別荘で過ごすことになった。

『そーか。ま、俺らは日本にいるんやし、また時間作ろうや。それより滅多に会われへん分、そっちはめいっぱい親孝行してこいや』

 断りの電話を入れた時の平次は、当然の反応で。
 確かに立場が逆だったら、同じ事を言っただろうなと新一は思った。

 外は暑いくらいの快晴。
 新一は十時を過ぎたのを確認すると、スーツケースを押しながら玄関を出る。

 そして眩しい日差しの中。
 阿笠博士の車で駅に送ってもらうべく、インターホンを押した。

 


 

 成田空港。
 毎日多くの人間が行き交う、出会いと別れの場所。

「・・・まだ案内は出てないな」

 新一は電光掲示板で自分の乗る便を確かめると、自販機で缶珈琲を買って椅子に座った。

 目の前を流れる人波をただ、視界にいれたままそれを飲む。

 ロンドンまで約十二時間。
 向こうはここより日付が遅いから、着くのは十六時過ぎだ。

「工藤

 その時、自分を呼ぶ声が聞こえた。
 新一は立ち上がり、辺りを見回す。

 ・・・まさか。
 でも、今の声は・・・・

 聞き間違いでは無かった。
 目の前に走ってきたのは、服部平次だった。

「・・・どうしてお前がいるんだ」
「驚いたやろ
「だから理由を聞いてんだよ

 訳がわからない。

 どうして平次がここに居るんだろう。
 しかも、スーツケースを持って・・・

「一週間くらい前やったかな。俺んとこに、お前のオトンから電話あってな」
「え
「『いつも息子が世話になってるお礼に、別荘に招待したい』て。俺も『ホンマですか じゃーお言葉に甘えます』て言うたら、『チケットはそちらに送り済みですからお待ちしてます』て・・・冗談かと思うたけど、次の日、マジで届いてん」
「・・・」

 新一は言葉が出ない。
 平次は、呆気にとられているその顔に微笑った。

「ほんま太っ腹やな」
「・・・そ、それでちゃっかり来るのか
「何や。迷惑か」
「そんな事は言ってねえだろ

 迷惑な訳がない。
 ・・・しかし。

「当日までナイショにしといて、驚かせてろて言うてたから、そうしたんや」
「つうか『友達』としか言ってねえのに、何で服部って解ったんだ・・・」
「ん 何か言うたか」
「いや。とにかく荷物、預けて来ようぜ」

 どちらにしても嬉しい事には変わりはない。
 素直に、サプライズを仕掛けてくれた両親に感謝しよう。

 ・・・きっとゆっくり考えられる。

 この感情がどんな『名』を持つのか。

 そして。
 それを知った先、俺は・・・

「そろそろやな」
「・・・お前、ロンドン行ったことあるか」
「ない。せやからごっつ楽しみやねん」
「なら俺が案内してやるよ。何たってホームズの街だからな」
「おー。宜しく頼むで」

 その時、搭乗手続きのアナウンスが流れる。
 二人は指定の場所へ移動した後、エスカレーターへと向かって行った。

 


 

「ねえ優作。服部君ってどんな子かしらね」
「『約束』を破ってまで一緒にいたいと思ってるんだ。よっぽど大事なんだろうな」
「そうよね・・・・新ちゃん、今まで推理に夢中で友達の話なんて聞かなかったもの。楽しみね」

 その頃。
 ロンドン郊外にある工藤別邸では、新一とその友人の到着を今か今かと待っている両親がいた。

「それにしても強引だったんじゃないの 服部君、迷惑がってなかった
「いや。彼の父親とも話したんだが、どうやらその子も新一がこちらへ来る事になったと聞いたとき、とても残念がっていたそうでね。この話を持ちかけた事を、えらく感謝されてしまったよ」
「じゃあ良かったわ。あ、そろそろ迎えに行きましょ」

 時間はまもなく十六時。

 ヒースロー空港。
 もうすぐ、正月以来となる息子と、その友人が降り立つ。

 外は雨。
 霧の街ロンドンにふさわしいその景色は、まるで日本の名探偵達が来るのを待ち焦がれている様に思えた。

「あん時の傷、まだ残っとるんやな」
「え ああ・・・多分、ずっとこのままだろうな」
「薬は持ち歩いとんのか
「大丈夫だって」
「身体ん事、親は知っとんのか」

 着陸のためのシートベルトを締めながら、平次はいくつも問う。
 窓際の新一は、ただ首を振った。

「・・・おえ」
「服部、言うなよ」
「せやけど」
「余計な心配かけたくねえんだ。それに、知られたら日本には居させてもらえない。それだけは、嫌だ」

 射る視線。
 反論を許さない眼差しに、平次は深く息を付いた。

「・・・しゃーないな。ま、海外に行かれんのは俺も嫌やし」
「ん
「いや。それならもう無茶はせんことやな」
「解ってる」

 解ってる。
 そう言いながら、この綺麗な名探偵は今まで何度も危ない橋を渡ってきた。

 ・・・出来るだけそばで見ていてやりたい。

 あの夏以来、平次はそんな思いが強くなっていた。
 でも。

 どうしてそう思うのか。

 彼の身体からだの状態を、知ってしまったからだけなのか。
 他の友人には抱いたことのないこの感情に、平次は最近戸惑っていた。

 窓から見えるのは古い街並み。
 新一が焦がれて止まないホームズの記憶が宿る街。

 ・・・二人はそれぞれの想いを抱きながら、雨の降る地へと足を踏み入れた。

 

[了]

 
« »

HOME > 平新シリーズ > 君がいたから