平新

  • スーパームーン

    スーパームーン

        何故だろう。 小さな頃から、新一は月を見るのが好きだった。       「どうや?」 「んー 明るいから、運が良ければイケるかな」  …
  • 新年を、君と共に

    新年を、君とともに

            年末年始に一緒にいたことなんてない。 それは、仕方のないことだ。       だからどう態度に出したらいいのか解ら…
  • 四月の雪

    四月の雪

          「寒い。何とかしろ」 『・・・久々の電話の第一声がそれかい』         四月も中旬に差し掛かった頃。 関東は、寒…
  • 永遠の半年

    永遠の半年

          「久しぶりやな」 「・・・」 「怒っとる?」 「どけよ。急いでんだ」       夏はとうに過ぎていた。   &nbs…
  • 満月の夜

    満月の夜

          「どこ向かっとんねん」 「高台の、あの場所」 「・・・こん寒いのに、わざわざ物好きやな」 「だってあれ見ろ。今日は、満月だ」     &n…
  • S.N.A.H.

      「・・・いま何時だと思ってやがんだ」 「朝イチで行く言うたやんか。今日もええ天気やな~」     五月になったばかりの土曜日。 服部平次は満面の笑顔で、工藤邸の扉を開…
  • 服部の日

    服部の日

          『お前いま何処?』 「おー工藤。稽古終わって水浴びたトコや」 『メシ、食ったか』 「これからやけど・・・・・・なんや、周り騒がしいな」   &nbs…
  • 星に願えば

    星に願えば

        今日は七夕。 ここ数年は雨が多かったのに、すこぶる良い天気だった今日。         「帽子被ってくんの忘れた・・・」  …
  • 櫻薫る午後

    櫻薫る午後

    五月に入って街は桜が満開。 雨や風が強い日も多かったけど、こうして今日も綺麗な花びらが舞っている。       一日で気温が最も上昇する午後二時。 工藤新一は、照りつける…
  • 冷たい雨の日

    冷たい雨の日

          「寒い・・・寒すぎる・・・・」 「おわー 雨ごっつ降ってきたな」 「服部。お前のマフラー寄こせ・・・」 「は? そしたら俺が寒なるやろ! 嫌じゃアホ」 「良い…
  • どっちもどっち。

    どっちもどっち。

          『おう工藤。生きとる?』 「・・・なんだその第一声は」 『どーせ毎日、暑いからって外もよう行かんと家でクーラー浴びとんのやろ? 相っ変わらず不健康やな』 「余…
  • 夢のつづき

    日に一度の恒例電話。 その日は、新一のくしゃみから始まった。                   『風邪ひいた…

HOME > 平新