君の心に住む人は

 

 

 

 

今日も疲れたなぁ・・・・・・

刑事って、何でこんなに重労働なんだろうか。

 

 

 

毎日毎日、事件は発生・・・・
走り回って靴をいくつも潰して・・・・

 

 

 

本当に、体力勝負の世界だ。

 

 

 

 

 

 

真夜中。
やっと一日の仕事から開放されたのは、午前0時過ぎ。

 

高木ワタル。
大学を卒業して、念願の刑事になって何年たった?

 

 

・・・・駅で缶珈琲を買い、飲みながらふと考える。

 

 

 

その時。
後ろから走ってくる足音と共に声がした。

 

 

 

 

「高木刑事! すいません、お待たせしました」
「じゃあ行こうか」

 

 

 

現れたのは工藤新一。
現在、都内の大学に通う若き警察の救世主だ。

当初この彼を知らない時は『何でそんなコドモを頼りにするんだ?』なんて思ったが。
・・・・一度その見事な推理劇を披露されてから文句を言うものは、もう警察内部には居なくなっていた。

 

 

 

 

帰りが同じ方向だからというのと。
『遅くなったから、工藤くんを送り届けてくれ』との目暮警部からのお達し。

それ故に2人は米花駅に降り立った。
その時、新一の携帯が震えたのだ。

高木は駅から車だから、新一を送るために電話が終わるのを待っていた。

 

 

 

「すみません、わざわざ」
「構わないよ。工藤くんの家は帰り道だし――――・・・・誰かとこれから、待ち合わせみたいだし?」
「え?」

 

 

新一は目を見開く。
珍しい表情に、高木はピンと来た。

 

 

 

 

―――――――へえ・・・

工藤くんてこんな顔するんだ・・・・

 

 

 

 

 

いつもは現場で会うことが多く。
だから、張り詰めた顔しか見たことが無かったのだが。

ふふーんと、高木は微笑う。

 

 

 

「・・・何、ですか?」
「いやー。いいねー待ってる人がいるのって」
「何言ってんですか。服部ですよ」

 

 

 

新一は笑い出す。
ますます見たことの無い新一の表情に、高木は少し笑った。

 

 

 

「高木刑事は・・・佐藤刑事と、どうなってるんですか?」
「ええっ!?」
「――――・・・その様子じゃあ、まだまだですね」
「ぼ、僕の事はほっといてよ!」

 

 

 

いきなり話を振られ高木は焦る。
真っ赤になってうろたえる姿に、今度は新一が笑った。

 

 

 

「もたもたしてると、誰かに盗られちゃいますよ?」
「わ、解ってるよ」
「・・・俺も結構、好きだし。佐藤刑事」
「え!??」

 

 

 

口の端だけ上げて、微笑う新一。
闇夜に浮かぶ鮮やかなその表情。

高木は瞬間、見惚れた。

 

 

 

 

 

―――~~~~っっっ!!!こらこらこら~~!!

俺の思考回路戻ってこ~~~い!!!

 

 

 

 

「・・・高木さん?」
「まままま、まあ、誰がだだだ誰を好きになっても、そそ、それはそれぞれのじじじ自由だよ、うん」
「日本語ヘンですよ」

 

 

 

自分もひとつ買った缶珈琲を飲みながら、新一はやっぱり微笑わらっている。

 

 

 

「あ、あのね工藤君」
「あー、もうこんな時間かー。やっぱ送ってもらえます? あの道、結構夜、変態が多くてやんなっちゃうんですよ」
「・・・へ?」
「俺って見かけは良いから、そのテのやからに大人気みたいで。別に蹴り食らわせりゃオッケーなんですけど、最近、面倒くさくて・・・・」

 

 

新一は『ふわぁ~』とあくびをしながら、そう語る。
とんでもない事をさらりと喋る姿に、高木は呆気にとられた。

 

 

どうやら日常茶飯事の様で・・・
しかも、それをいつも難なくかわしているらしい。

何故か・・・妙に納得をしてしまった。

 

 

 

 

 

「ん?」

 

 

ぷるぷると。
新一のポケットが、震える。

取り出し話し始めた彼。

 

しかし『あ、そ』と一言だけ呟くと、早々に電源を切ってしまった。
・・・そして、ちょっと上目遣いに高木を覗き込む。

 

 

 

 

「何かあったの?」
「いえ、その――――・・・実は、なんか迎えに来たらしいんで・・・やっぱココで・・・・」
「あ。そーゆう事か。解った」
「すいません、待っててもらったのに」

 

 

 

すまなそうな新一。
・・・・そんな顔にもドキリとする自分に『落ち着けワタル~』と心に言い聞かせた高木は、駅の反対側に走っていく新一を、手をひらひらさせて見送った。

 

 

 

 


 

 

 

 

・・・・反対側の駅を過ぎ、少し歩いた所に止まっているバイク。
そして、それに跨っている影一つ。

近づき、その影からメットを渡された新一。

 

 

 

「お疲れさん」
「・・・・っとに疲れたぜ」

 

 

 

小さく息をつき、後ろに跨る。
そうしてその背中に体重を預けると・・・・

 

 

・・・・少しの間だけ、目を閉じた。

 

 

 

 

 

 

Fin