眠りにつく前に

 

 適度な風を感じる夜。
 都会のビル。

 ・・・その最上部に浮かぶ、白い影。

「なーんか、つまんねえな」

 下界は何だか騒がしい。
 影は、それに視線を落としながらただ、深く息を付く。

 なびく羽根を閉じる影。
 それは月に背を向けた瞬間、白は黒の影に変わった。

 手元に在る宝石。
 何も映らない紅いそれを、再び月にかざす・・・

「・・・いつまでこんな事してりゃいーんだか」

 もう、疲れた。
 はっきり言って疲れた。

 探しものは本当に見つかるのか
 大体、それは本当に存在するのか

 探し終わるまで、俺はこのまま・・・

「・・・ずいぶん浮かない顔をしているな」

 暗闇から声がした。
 その方向から、人影が現れる。

 自分よりも背が高く、自分よりも色の白いその影は・・・

「白馬・・・」
「久しぶり。黒羽君」

 白馬探。
 黒羽と呼ばれたこの青年と、高校の時に知り合った人物だった。

 


 

 グレイのスーツを着こなす長身。
 前に逢った時からまた目線が変わっている事に、快斗は気付く。

 面白くない顔をして探を見た。

「何してんだ、こんなトコで」
「君こそ、ビルの屋上に何の用が
「月見。こっから見るのが好きなんだ」
「・・・確かに良い場所だ」

 探の視線が背景の月に移る。
 ジャケットもインナーも全て黒に包まれた快斗が、闇に紛れつつ柵に移動した。

 強くなってきた風が、クセのあるその髪を揺らす。

「満月かな・・・すっげーでかい」

 両腕を柵に乗せ、月を見上げて呟く。
 その姿から連想されるのは、どうしようもない『淋しさ』だ。

「そう言えば下で中森警部達が騒いでたよ。怪盗キッドが、久々に現れたとか」
「へえ。だからあんなにパトカーいるんだ」
「逃げたのは、この近くだとか」
「じゃあまだそこら辺にいるんじゃねえの

 遥か下界の明かりが点滅している。
 それに視線を落としたまま、快斗は言葉を出した。

 抑揚が無く、機械的に流れて本心の見えない声。

「・・・黒羽君」
「あ、もう九時か。やっべ新一待ってんな」

 腕時計を見て快斗が慌てる。
 くるりと身体を返し、探に身を向けると何故か空気が止まった。

 何か言いたげな眼差し。
 ごくりと息を飲み、言葉を続ける。

「これから新一と逢うんだ。お前も来る
「夜も遅いし、遠慮しとくよ」

 『あ。そ』と快斗は呟くと、軽く手を振って探の横をすりぬける。

 ウインクをして消えてゆく影。
 上下黒で彩られた身体は、背を向けると闇夜に紛れ見えなくなった。

 探はひとり、残像を見送る。

「・・・本当に君は変わっていない」

 変わらない。
 哀しそうな瞳も。

 ・・・ますます上手くなった、ポーカーフェイスも。

 目を閉じる。
 顔に触れる風が、心地よかった。

 久しぶりの日本。
 高校を出てすぐ英国の大学へ進み、帰って来たのはあれから初めてで。

「そして僕も変わってない・・・あれから刻は、止まったままだ」

 高校最後の日。
 桜のまだ咲かない樹の下で聴いた言葉が、頭から離れない。

 月は時折姿を隠し始める。
 探は暫くそれを眺めて、ゆっくりと地上へ降りて行った。

 


 

「どうした。全然食べてねえじゃん」
「へ

 工藤邸。
 その、ダイニング。

「今日のは結構、出来良いと思うんだけどな」
「美味しいよ ってか、いっつも何でも新一の作ったもんはウマイってば」
「なら何でボーっとしてんだ」

 待ち合わせ時間に二十分程遅刻して。
 そのあと歩いていても、いつに無く上の空で。

 だから外で食事する予定を変えて、自分の家に連れてきた。
 こんな様子の快斗は、人の群れの中に置いておくとますます無理に笑おうとする。

「さっき、白馬に会った」
「白馬
「いなくなるのも突然だったけど、戻ってくるのも突然だ」
「へえ。そっか今日だったっけ」
「知ってたのか

 快斗がパスタの麺を口に咥えたまま驚く。

「ああ。時々連絡取ってるから」
「マジか。初耳・・・」
「やっぱキッドの件が気になるらしくてさ」
「キッド、ねえ」

 白馬探は、工藤新一と同じく高校の頃から探偵と称されていた人物。
 ただし違うのは事件を自ら引き寄せていた新一と、探はどっちかというと『怪盗キッド』を専門で追いかけている所だろうか。

 探偵同士という事で新一と探の繋がりがあるのは知っていたが・・・
 まさか連絡を取り合っていたとは驚きだ。

「ほんと相変わらずキッドに御執心みたいだな。さっきも追っかけてたみたいだし」
「そうなんだ。あ、ブロッコリー残すなっつうの、食え」
「もう一皿分ある・・・誰か来んの
「ああ、服部。稽古終わったら直接来るって」

 ・・・なんてことない風に、会話は続く。

 二人とも微妙な空気の変化には気づいていたけれど、それを口に出しはしない。
 新一は、冷め始めたパスタを皿に盛りラップをかけた。

 

 それぞれに秘密があって。
 それぞれに生きてきた軌跡がある。

 大好きな新一にも話せない秘密が、快斗にはある・・・

 

「新一。今日泊まってもいい
「・・・お前が来て泊まらない日なんてねえだろ」
「迷惑だったら帰る」
「だから、迷惑だったら連れて来ないっつの」

 食べ終えた後。
 食器を片付けている時に、快斗が隣で小さく聞いてくる。

 並ぶと変わらない身長の二人。
 新一は、微笑わらう。

「・・・だって服部来るんだろ」
「服部苦手だったっけ
「そーゆうんじゃなくて・・・約束してたんなら、悪いからさ」
「約束 そんならお前の方が先だ。あいつはさっきメールで『メシなんか食わして』って送ってきただけだし」

 きょとんとする新一。
 皿を拭きながら、快斗がまた続ける。

「・・・じゃあ予定通り外で食ってたらどうしてたワケ
「そりゃ返信するさ。『外出中。自分でなんとかしろ』ってね」
「もしかしていっつもそんな感じなのか
「俺ら まあ、こんなもんだな」

 からからと新一はまた微笑う。
 そんな新一に、快斗は後ろから抱きついた。

「どうした
「・・・ありがとな」
「何だよ突然」
「新一大好き
「わ、コラ止めろっ 皿落とすだろ 快斗

 強くなる腕の力。
 ふわふわの髪の毛が、新一の頬にかかる。

 ・・・微かに感じる、太陽のにおい。

「新一・・・」
「ん

 快斗の表情が変わった。
 抱きついていた身体を離し、新一を直視する。

「今日、どこ行ってた
「どこって」
「・・・血と消毒液の匂いがする」

 瞬間、空気が止まる。
 でも新一は構わず微笑わらった。

「ちょっと調査で病院行ってたから、匂い移ったかな」
「・・・調査」
「他に何があるってんだ
「そうだよな。悪い、変なこと聞いて」
「テーブル拭いてその布巾くれ。そしたらデザート食おうぜ」

 自分達の食事した後を片付けると、快斗は先にリビングへ移る。
 新一はデザートを冷蔵庫から出し、スプーンと一緒にそれを持っていった。

 


 

「何で急に土砂降りやねん

 米花駅。
 ひとりの青年が、電車から降りてホームをブツブツ言いながら歩いている。

 そう、雨。
 さっきまでは月夜だったのに、ほんの数十分の間に本降りになっていることに腹を立てているらしい。

 ふと。

 ポケットから携帯を取り出した時、彼は横に人の気配を感じた。
 振り向くと、そこに居たのは・・・

「やっぱり平次か」
「・・・探
「久しぶりだな」

 白馬探だった。

「イギリス行っとったんやろ。どないした」
「ちょっとね。暫くこっちにいることになって」

 服部と呼ばれたのは服部平次。
 高校の頃に『探偵』として主に関西方面を中心に活躍していた経験を持ち、東京の大学に通うようになってからは活動範囲が関東まで広がった。

 しかし東の名探偵である工藤新一との交友は多いが、同じ探偵と称されていてもこの白馬探とあまり関わったことはない。

 それなのに、何故この二人が顔見知りかと言うと・・・

「平蔵さんと静華さんは変わりない
「まあな。お前んとこの親父さんも、相変わらずやな」
「あの人も仕事が生きがいみたいだからね」

 お互い親は警視庁のエリート。
 若い頃の研修先で知り合い、妙にウマが合ったから結婚した後も、子供を連れてよくお互いの家を行き来していたらしい。

 だから東京と大阪と離れていても、この二人はある種の『幼なじみ』的な存在になっている。

「そう言えば、さっき『工藤』と言っていたが、もしかして」
「ああ。これから工藤んトコ行くんや」
「工藤君、家にいるのか
「へ

 妙な事を言い出す探。
 平次が変な声を出したから、慌てて付け加える。

「あ、いや、さっき黒羽君に会った時に『工藤君と待ち合わせしてる』と言っていたから」
「ホンマか 行って居らんかったらアホやん・・・ちょお電話してみよ」

 平次は携帯を取り出す。
 しかしいくら鳴らしても出ないので、次に自宅にかけてみた。

 ・・・今度は出たようだ。

「工藤 お前いま家に居るんやな
『服部か。電話出てんだから家に決まってんだろうが』
「いや探が変な事言うもんやから・・・」
『さぐる もしかして白馬
「今駅で会うてな・・・あれ、お、おい探 工藤、じゃあ今からそっち行くし切るで

 気が付くと隣にいたはずの探が消えている。
 平次は電話を切り、周りを見渡した。

 ・・・降り続いている雨。

 そして今入ってきた電車に、乗り込もうとする影。
 平次は走り、それを呼び止めた。

「おえ探 何黙って消えとんねん
「人に逢う約束があるんだ」
「今からか
「ああ。前からの約束がね」
「・・・そうか」
「工藤君に宜しく言っておいてくれ」

 どこか哀しい表情。
 でも探は微笑いながら平次そうに言い、中へ入って行く。

 扉が閉まる。
 静かに電車は動き出す・・・

 目を閉じる。
 深夜とあって、さほど人気のない車内。

 探は向かっていた。
 約束をした、あの場所へ。

 


 

 ブザーの鳴り響くリビング。
 快斗が、顔を上げる。

「来たんじゃね
「悪い、ちょっと出てくれ」
「んー」

 キッチンで何やら作業している新一は手が離せないらしい。
 快斗は寝そべっていた身体を起こし、ぺたぺたと素足のまま廊下へ出た。

 ゆっくりと、鍵を開ける。

「どわ 黒羽
「・・・よ。ドーゾ」

 出てきたのが快斗だった事と、しかもそれが無表情である事に平次は驚く。
 それきり言葉を発せず背を向けた彼に続き、静かに『おじゃましまーす』と家へ上がった。

 近くのコンビニで買ったのだろう濡れたビニール傘を、立てかけて。

 リビングへ入ると、快斗は既に元の位置。
 ソファに寝そべりテレビを見ている。

 その脇を通り、平次はダイニングの方へと入って行った。

「何や・・・黒羽おるとは思わんかったからビックリしたで」
「おう服部。いま温めるから待ってろ」
「パスタか。美味そやな」

 新一の手元に、ラップされたパスタが見えた。
 平次は近くに寄る。

「快斗は今日泊まるけど、お前どうする
「泊まっても良いけど新一の部屋には入れないぜ。服部は隣の部屋行けよなー」
「うん。お前は別の部屋」
「そうなん 俺だけ別 うわ寂し」

 大げさな表情の平次。
 からからと新一は微笑いながら、テーブルの上にパスタを置いた。

「そういや服部。さっき白馬って言ってたよな
「ああ、駅で会うた」
「一緒に来りゃ良かったのに」
「何か用ある言うて、電車乗ってったんや」
「へー」
「前からの約束、あるとかなんとか・・・」

 ・・・え

 平次の口から、白馬に会ったと聞いて快斗は驚く。
 ソファから身を起こした。

「は・・・服部、白馬に会ったのか
「ん ああさっきな」
「どこ行くって
「さあなあ。すぐ別れてしもたし」

 ・・・まてよ、今日って・・・

「まさか・・・」
「快斗
「ちょっと出てくる
「何や何や

 突然は叫んだかと思うと、快斗はその場を飛び出した。
 残された二人は呆然とする。

「快斗・・・」
「どうしたんや、あいつ」

 新一は心配そうに表情を曇らせ、消えた方向を見つめている。
 その時、冷たい風を感じた。

 それは快斗が出て行った時に家に入り込んだ空気。

 ・・・まだ雨の匂いもした。

「二人で帰ってくればいいけどな」
「へ
「オラ。食ってさっさと風呂入っちまえ」

 食べ終わったのを確認すると、新一はさっさと平次をダイニングから追い出す。
 食器を洗いながら、その水の流れをじっと見詰め・・・

 小さく、息をついた。

 


 

「・・・少し小降りになって来たかな」

 大きな敷地内。
 テーマパークのそばにある、とある美術館。

 その前に立ち探は夜空を見上げた。

 もう、午前零時。
 もちろんパークや美術館の閉演時間は過ぎているし、この雨。

 他に人の気配は感じられない。

『地球の日が始まる刻に、俺に逢いに来い。そうしたら教えてやるよ』
『・・・地球の日
『場所は・・・そうだな。俺たちが最初に出逢った場所で』

 高校生、最後の日。
 卒業式が終わって、その足で直ぐ自分が英国へと飛び立つ日。

 ・・・誰も居なくなった校舎。

 その脇の、一本の大きな桜の樹。
 いつもの通り、いつもの調子で言い合っていたのに。

 ふと。
 会話が途切れた時に、夕陽を背にして残していった言葉が有った。

 白馬探は怪盗キッドをずっと追いかけていた。
 ずっと、同じ高校に通う『黒羽快斗』という人間を追いかけていた。

 二人は同一人物。

 そう確証しつつも、これと言った決め手が掴めなく。
 何よりあの白装束の姿で捕らえられなく。

 そうしているうちに、高校の卒業を迎える時がやってきてしまった。

 ・・・来ないだろう彼は。

 一昨年は日本にいなかったし、去年は体調を崩した。
 今年はなんとか来れたけれど・・・別の予定があるようだし。

 それでも、僕は・・・

 

 ふと、上空を見上げる。

 傘を閉じた。
 雨が止み、雲間から月が顔を覗かせていた。

 そして視界にもうひとつ影が入り込んでくる。
 その細い、闇夜に紛れそうな影は・・・

「・・・黒羽君」
「よ。今日は二度目だな」

 それは、黒羽快斗。
 ほんの数時間前に再会した、懐かしいクラスメイトだった。

 


 

「・・・まさか来るとは」
「お前、誰を待ってる訳
「すまない。一昨年も去年も、これなくて」
「『俺たちが最初に出逢った場所』って言ったんだぞ ここじゃねえだろ
「じゃあ君はどうして来たんだ」

 探の言葉に、快斗は詰まる。

 そう。
 二人が最初に会ったのは高校の教室だ。

 ・・・快斗のクラスに、やってきた転校生がこの白馬探だったのだ。
 なのに。

 どうして探はこの美術館に居るのか
 そして、どうして快斗はこの場所へ来たのか・・・

 ・・・その答えはもう、二人の中に導き出されている。

 

「懐かしいな。ここはあの日から変わっていない・・・違うのは、雪の夜ではないことだけだ」
「・・・お前」
「ショックだったよあの時は。犯人にまんまと逃げられたのは、君が初めてだったから」

 探は微笑う。
 快斗はもう、驚きの表情を隠さなかった。

「もう一度、聞いても
「何だ」
「どうして君は・・・何のために、そして誰を追いかけているんだ」

 最後の言葉が、強く響く。
 快斗はもう・・・深く息を付くしかなかった

「良く解ったな。あの言葉」
「言葉
「地球の日・・・」
「ああ、だって地球は『緑の地球』。みどりの日は、四月の二十九日だろう」

 近くの販売機で買った缶珈琲。
 探は二つのうち、快斗に甘い方を渡す。

 現在、四月の二十九日。
 午前零時をちょっと廻った所だ。

「そんな薄着で来るとはね。夜はまだ冷えるし、雨で濡れてるじゃないか」
「・・・つい、飛び出してきたから」
「へえ」

 探は嬉しそうに微笑う。
 その顔が、以前はムカついてしょうがなかった。

 でも。

 数年振りだからだろうか。
 今は、不思議に嫌とは感じない。

「っくしゅ
「キッドの服装の方が暖かそうだ。着替えたらどうだい
「うるせえ」
「そういう訳にもいかないか。しょうがない」

 探は自分が羽織っていたジャケットを脱ぐ。
 それを快斗に掛けた。

 何だか生ぬるい体温が伝わってきて、笑ってしまう。

「相変わらずキザな奴」
「・・・ずいぶん落ち着いてるな」
「うろたえるとでも思ったか」
「僕は『キッド』が、何のために存在しているのか知りたい。君が演じなければいけない『理由』は、何なのか」
「理由

 快斗の表情が変わった。

 怒りでもない。
 哀しみでもない・・・

 それはただ、無の表情だ。

「教えてくれる気になったから、あの時ああ言ったんだろ
「・・・」

 快斗の前髪を、緩やかな風が通り過ぎた。
 月がまた顔を出しその髪を照らす。

 静かにそれを見上げ・・・目を、閉じた。

「お前ら・・・新一も服部も、お前も・・・どうしてそんな目をしてるんだ」

 ・・・全てを話してしまいたくなる衝動に、駆られちまう。

 決して警察をバカにしているのではなく。
 盗みを楽しんでいる訳でもない。

 ・・・つきとめたい。

 ただ、親父を殺した奴らを捜し出したい。
 『怪盗キッド』を続けていれば、いずれ巡り遭う筈だ。

 不老不死が得られるという命の石『パンドラ』を、あいつらより先に探し出す。
 それを見つけ出すまでは辞める訳にはいかない。

 ・・・見つけて、粉々に砕いてやるまで、絶対に。

 口唇が震えているのが解る。
 喉まで出かかっているのだろう、言葉が解る。

 でも、快斗は決して声には出さなかった。

 ・・・探は諦めたように微笑い、息を付く。

「怪盗キッドが狙うその大半は宝石類・・・違う時も有れど、殆どが以前盗まれたもので、必ず本来の持ち主の元へと戻されている」
「・・・」
「そして、ある時を境に世界中に散らばっていると言われる『ビッグジュエル』だけに狙いが定まった」

 喉の渇きを感じ、快斗は缶珈琲をひと口飲む。
 更に探は続けた。

「白馬の情報網が有れば、今よりもっと確実に狙える」
「何・・・言ってんだ
「黒羽君。このビッグジュエルはその殆どが警察の介入不可能な組織などに所有されている。逆に言えば、動くには『警察』である事が不利な状況だ」
「俺と手を組むっていうのか」
「そんな大層に考えないで欲しいな。単なる友達の、手助けの範囲だ」
「駄目だ。これは俺の問題だ。何かあったら、どうする」

 快斗は睨む。

 気持ちは嬉しい。
 凄く、嬉しい。けど・・・

 ・・・自分の戦いに他人を巻き込む訳にはいかない。

 そんな思いを、知ってか知らずか。
 探は、快斗を覗き込み睨んだ。

「な・・・何だ
「君に選択権はない。もう僕は『黒羽快斗』が『怪盗キッド』だと知っている。その気なら、証拠もいくらでも叩き出せる」
「俺を脅す気か
「白馬の力を甘く見るなと言ってるんだ。それに工藤君と平次に、これ以上心配をかけるつもりなのか」
「へ・・・まさか・・・」
「気付いてない訳ないだろう

 快斗は目を見開く。
 そして、少しの間黙る。

 ・・・そして、考えた。

 思い当たるフシは色々ある。
 それでも、彼らは何も言わずにそばにいた。

 何も言わず・・・・
 いや、言ってくれるのを、もしかして・・・

「工藤君にはきちんと言うんだ。僕の様に、先に言わせないで」
「・・・え」
「彼が僕にキッドの情報を教えてくれる度、痛いほど伝わって来た・・・本当に心配している想いが」

 そう言えば新一は言っていた。
 白馬と、たまに連絡を取っていると。

 キッドが現れた時に、必ずしていると・・・

 快斗はくるりと背を向ける。

「解った。けど、本当に良いのか」
「何が
「こんな事、お前の親父さんとかにバレたら・・・」
「そんなヘマする訳ないだろう」
「・・・けど」
「君が、悟られないようにすれば大丈夫」
「は

 探の言葉に、つい快斗はこっちを向く。
 にっこりと微笑うその顔は、まさにいつもの白馬探。

「心配するな。僕は、変わらず君を追いかける」
「・・・あ、そ」
「じゃないと君もつまらないだろう これからもあの手この手で、君を捕まえに行かせてもらう」
「そりゃ楽しみだ」

 そして、いつもどおりの快斗。

 予想はしていたが、やはり近くに居る探偵達に気付かれていた。
 その事が、少なからず快斗の気持ちを楽にした。

「そういや、これからも捕まえにって・・・お前、イギリスの大学はどうすんだ」
「休学してきた。しばらくこっちに居る」
「あ、そ。じゃ用事も済んだことだし、さっさと新一のトコ帰ろっと」

 雨は止んだが風が強い。
 肩をすくめながら、快斗は探に背を向けた。

「待ってくれ。僕も行く」
「・・・何でお前が来るんだよ」
「さっき工藤君からメール入ってね。『用事が済んだら待ってるから、ふたりで来い』って」
「え
「それにジャケット返してもらわないと」

 にっこりと微笑う探に、腕を掴まれる。
 上着を借りている手前・・・反論は出来なかった。

 二人は並んで駅まで歩く。

「明日は休みだし、工藤君の所には、いいワインが沢山眠っているはずだ。飲もう」
「・・・お前、なんでそんなに詳しいわけ

 そろそろ最終電車。
 切符を買って、来た電車に乗り込み、あとは約四十分。

 最初は色々近況を話していた二人だったが、そのうち振動が眠気を誘い出し・・・・

 そのまま隣り合わせで眠りに落ちていった。

 


 

「工藤、どうした」
「快斗と白馬、来るってさ」
「へ あいつら、いま一緒に居るんか
「ああ。だから今夜は飲むぞ」

 ・・・二人が一緒に、帰ってくる。

 

 何を話そう
 何から、話せばいい

 それとももう、白馬は言ってしまっただろうか・・・

 

 俺達が出来る事を。
 俺達が可能なことを。

 ・・・お前の為に、出来ることを。

 

 なあ、快斗。

 今日は、眠りにつく前に言っておきたい事があるんだ・・・

 

[了]

※「みどりの日」は日本の国民の祝日。現在は五月四日。
一九八九年から二〇〇六年までは四月二十九日なので、この話では四月です。

« »

HOME > ノーマルシリーズ > 眠りにつく前に