想いの真実

 

 雨が降っていた。
 風も吹かず、まっすぐに強く。

「・・・工藤?

 


 

 家の近くの本屋まで、出かけていた帰りだった。
 目当ての雑誌と新発売の缶珈琲を買った平次は、足早に公園をぬけようとした。

 薄暗い公園の、しかも夜は十二時を過ぎているこんな時間。
 雨も降ってる柵の近くのベンチの横に、そいつはいた。

「お前・・・工藤やろ?

 そうして向けられた顔は、確かに工藤新一。
 服部平次と共に高校生探偵として、警視庁では知らない者は居ない存在。

 返ってきた答えは・・・予想外のものだった。

「・・・誰だ、おまえ」
「は?

 思わず、呆けた声を出す。
 自分の傘を放り投げ、新一の濡れた肩を揺らした。

「あんまり会うてへん言うたかて・・・昨日も話したのにどうゆーこっちゃ!? おえ工藤何か言え!

 けたたましく揺さぶられて、その男は服部の手を振り払う。
 そして睨み付けた。

「離せ・・・」
「・・・冗談言うてるわけや・・・ないんか?

 これは自分を知らない目。
 知っている顔から発せられるその視線に、平次は衝撃を受けた。

 この顔を持つ人間が、工藤新一以外に存在すると言うのか?
 声も体つきも本人としか思えない。

「ほんなら、あんたの名前は?
「・・・」

 強く打ち付ける雨に、声がかき消される。
 そして冷静に考えた。
 
 昨日も『コナン』としての『工藤新一』と電話した。
 しかもここは大阪で、あっちは東京だ。
 
 ・・・他人のそら似?

「あ」

 気がつくと、目の前からその男は消えていた。
 ひっくり返った自分の傘に、未だ激しく雨が打ち付けていた。

 


 

「アカン。気になって寝られへん・・・」

 平次は、さっきの男が気になって仕方ない。
 家に戻り部屋で雑誌を読んでいる時も、片時も頭から離れない。
 
 毛利の家に電話して、とりあえず『コナン』がいるのか聞こうと思ってもみた。
 しかし夜中の一時を過ぎていて、連絡していい時間じゃない。

 三時を廻っても寝付けない。
 だから平次は、もう一度あの公園へ行ってみることにした。

 


 

 雨は上がったようだ。
 水たまりを、ひょいと飛び越え公園の入り口に立つ。

 夜の公園は何とも言えない空気が包む。
 街灯が、平次をさっきの場所まで導いた。

 蒸し暑い。
 さわさわと、生ぬるい風が揺らぐ。

「やっぱりおったな」

 最初に見つけた場所。
 そこに、うずくまりそいつは眠っていた。

「おい、起きい」

 ぺちぺちと頬をたたく。
 しかし手に伝わってきた温度が、異常なまでに熱かった。

「・・・おいおいおいマジか」

 ここまで来て放っておく訳にいかず、服部は息をつき、彼を背負い家に戻った。

 


 

 差し示す体温計は三八度。
 額のタオルを換えながら、平次は自分のベットを占領している男の顔を眺める。

 ・・・やっぱ工藤にしか見えんへんな。

 自分と対照的な肌の白さ。
 輪郭、雰囲気、声など全てが、どう考えても工藤新一としか思えない。

 しかしさすがに睡魔が襲ってきた平次。
 いつの間にかベットの脇で、眠りに落ちていた。

 


 

 眩しい朝の光で平次は目が覚める。
 しかし例の男は、ベッドにいなかった。

「・・・どこ行ったんやろ」

 寝起きで頭が働いてない。
 あくびをしながら部屋を見渡したら、窓際の椅子に座っている彼を見つけた。

「お。起きて大丈夫なん?
「お前・・・」
「悪い予感して戻ってみたら案の定、雨ん中で意識のうなっとるって・・・あかん展開やろ」
「・・・」
「とにかく風呂用意してくるし暖まったほうがええ。話は後や」

 母親にもこの状況を説明してこなければ。
 平次は、足早に部屋を出た。

 


 

 とりあえず母親には、工藤新一が夜中に突然遊びに来たことにした。
 風呂の準備が出来た頃に着替えを持たせ、彼を案内する。

 その後、平次は気を取り直してスマートフォンを取り出した。

『服部? なんだ朝から』
!

 コナンの声だ。
 という事は・・・

「くく、工藤か? やっぱおまえ、元に戻っとらんのやな!?
『・・・は?

 要領を得ない平次の言葉に、相変わらずの冷たい返し。 
 何の用だと言われるのと同時に、平次は昨日からの出来事を一気に話し始めた。

「な? フシギやろ」
『単なるソックリさん、とやらなんじゃねえのか?
「俺も最初はそう思とったんやけど・・・見れば見るほど工藤としか思えへんのや」
『・・・お前、俺のホントの姿ろくに見てねえだろうが』
「アホぬかせ! あないな美形滅多におらへん! 間違えるわけない!
『あ・・・そうなんだ』
 
 コナンは黙ってしまった。照れている。

 綺麗なもんは、綺麗。と事実を言ったまでの平次。
 台所へ移動し冷蔵庫からアイスコーヒーを取り出すと、ひと息に飲み話を続けた。

「せやけどなあ・・・お前がそこに居るっちゅうことは、やっぱ他人やろなあ」
『なあ、服部』
「あ。あいつ出てきよったわ。ほんなら、何か聞き出したらまた連絡するさかい!
『おい服部!』 
 
 コナンは何か言おうとしていたが、平次は会話を終わらせてしまう。

 何か思い当たる気がした。
 でも、解らない。

 今日の夢の中で、見覚えのある部屋が見えた。
 かと思うと、真っ暗い闇の中で雨に濡れていた。
   
 ・・・夢は、ただの夢だと思うのだが、今朝は何かひっかかった。

 


 

「気分はどうや?
「・・・大丈夫」
「そら良かった。熱も下がったようやし、これ食うたら家まで送ったるわ。ドコ住んどるん?」
「解らない」
「へ?
「気がついたら・・・あそこにいた」

 軽い朝食を持ってきた平次。
 自分の机にそれを置き彼に促すが、予想外の返答が聞こえ一瞬固まる。

「えー・・・ちゅうことは?
「お前、昨日なんとかって言ってたよな。俺を知ってるんだろ」

 服部は混乱してきた。
 しかし冷静に、ある事を確かめるために彼の頭を引き寄せる。

 ・・・その後頭部には、痛々しい傷跡が残っていた。

 黒の組織に襲われた工藤新一は、頭を殴られた痕が消えずに残っていた。
 普段は髪の毛に隠れて見えなくて良かったよと、コナンが以前見せてくれたのを思い出す。

 この傷跡があると言うことが『工藤新一』である証明・・・

 ・・・そおか。
 平次は、ひとつの答えに辿り着く。

 新一はいま元に戻ってて、平次を驚かそうと思ってこんな芝居をしている。
 電話に出たのも、あのコナンの正体を知っている博士とかが、変声機を使っているに違いない。

 平次はにやりと口の端を上げた。

「・・・俺の名前、知らんよな?
「知らない」
「俺は平次や、服部平次。お前は工藤。工藤新一」 
「くどう、しんいち・・・」

 目の前の男は、何度も確かめる様に小さな声で呟く。
 どこまで演技を続けるつもりだろうか。

「せや。しかもな」
?
「俺ら、こうゆう関係なんやけど?

 だから平次はおもむろに顔を引き寄せ、その唇と自分のそれを合わせた。

 ・・・『工藤新一』は目を見開いたまま固まっている。  

 そりゃそうだ。
 新一は、まさか平次がこんな行動を取ってくるとは、思ってなかったに違いない。

 接触はすぐに終わる。
 次に来るであろう衝撃に備えるため、平次は身構える。

 いくら何でもここまでされて演技を続ける訳がない。
 すぐに蹴りだの拳だのが飛んでくるはずだ。

 ・・・さあ、とっとと種明かしせんかい、工藤!

 勝ち誇った顔をして反応を待っていた平次。
 けれど、次に聞こえてきたのは・・・

「そうなのか。悪い、何も解らなくて・・・その、平次」

 服部平次を『平次』と呼ぶ『工藤新一』の声だった。

 


 

 な・・・なんて言うた今?

 さすがに動揺を平次は隠せない。

 まだ演技が続いているのだろうか?
 こちらの反応を見て、楽しんでいるのだろうか?

 ・・・まさか、ほんまに別人?
 せやったら俺はなんちゅーことを・・・

 
「どうかしたか?
「悪い。ちょお電話してくるさかい、飯食うとって」

 服部は、部屋を出ると、新一のLINEを出す。
 ワンコールで、相手は出た。

『おう。進捗あったか』
「工藤お前、ホンマは博士とかなんやろ!?
『・・・はあ?
「とぼけんな! 工藤は昨日からこっちに来とる! 俺んこと騙そ思て元に戻ったの内緒にしとったんやろけど、あいつ記憶なくなっとるで? どっかで頭打ったんちゃうやろな!?」 
『おい。言ってる事が全く解んねえぞ』
『新一君、どうかしたのか』
!

 平次は驚く。
 画面の向こうからコナンの声と共に、重なるようにその博士の声が聞こえたのである。
 
 阿笠博士とやらがあの変声機を使って『コナン』として通話をしてないとすると・・・?
 いや待て、あの家にはまだ他にもコナンの正体を知っている人間がいる。

「工藤、ビデオ通話に切り替えるで。ええか?
『ん? ああ』

 言うなり音声通話を終わらせ、即座にビデオ通話で発信する。
 今度もワンコールで出た。

『・・・おい服部、説明しろ』

 江戸川コナンが映っている。
 背景には博士と、灰原哀が奥の方でパソコンに向かっている姿。

 彼らは阿笠邸にいた。

「ちっさいねーちゃんがそこ居るっちゅーことは・・・お前はホンマの工藤なんやな」
『さっきから何なんだ? 俺はまだコナンで新一に戻ってもねえし、大阪に行ってもねえ』 
「訳わからん・・・確かにお前は工藤で、こっちにおんのも工藤・・・どうなっとんねん?

 服部は廊下で背中から崩れ落ちる。

 画面に映る『コナン』は、平次のことを『服部』と呼んでいる。
 いつもの口調で『服部』と。

 ・・・でも、こちらにいるのも『工藤新一』。
 
『そいつと話せるか』
「へ?
『話してみれば何か解るかも知れないだろ』
「そやな。ちょお待っとれや」

 立ち上がり部屋へ戻る。
 言われた通り出された朝食を摂っている彼に、スマートフォンを差し出した。

 もちろん音声はスピーカーで。

?
「ええから、出てみ」
「・・・」

 受け取ったその画面に、誰かが映っている。
 彼は恐る恐る覗き込んだ。
 
「もしもし・・・」
『・・・おいおい参ったな。ホントに俺じゃねえか』
「え?
「即断かい。そっくりさんかもしれんやろ」
『そう思いたいけど・・・解るんだよ、そいつは『俺』だって』

 少しの沈黙。
 『彼』は、この状況にどうしたらいいのか解らず、平次を見た。

 その上目遣いの様子が画面越しに見え、コナンは背筋に妙な気持ち悪さを覚える。
 ・・・どうやらそれは、平次も同じらしい。

「ならどうするん?『まっさらな工藤新一』は妙に素直で心臓に悪いわ・・・はよ引き取ってや」
『お前こそ信じるのか? こんなあり得ない状況』
「そもそもお前が『コナン』になっとんのがあり得へん状況やんか。今更、高校生バージョンと小学生バージョンに分裂してたとしても驚くかいな。まあ、正直さっきまではテンパっとったけどな」
『はは。お互い適応能力高くて何よりだ』

 そもそも、高校生の身体が小さくなってること自体が科学的にも生物学的にもあり得ない。
 だったらこの状況も『逆にあり得る状況』と言うこと。

 『工藤新一』としての『意識』は向こうの『コナン』にある。
 だから、ここにいる彼には『何もない』のだ。

 平次はスマートフォンを受け取り、画面へ向いた。
 すると青い顔をしたコナンが頭を抱え、苦しそうに肩で息をしている。

「どないした?
『・・・悪い服部。そいつこっちに連れてきてくれないか」
「大丈夫か。早くても三時間はかかるで」
『俺たちは会わなくちゃならない・・・だから』
「よっしゃ。ほんなら今から出るわ」

 電源を切る。

 いきなり具合が悪くなった画面の中の『コナン』。
 覗き込んでいた『新一』も驚き、戸惑っていたことで確信する。

 『彼』が『工藤新一』だと『コナン』が認識したことで、元に戻ろうとする『意識』が働いたのだ。
 だから出来るだけ早く届けなければ、今度は『工藤新一の意識』が危ない。

 平次は、その頭にポンと手を乗せ「ほな行くで」と笑う。
 雨上がりの青い空の下、水溜まりをよけながら駅へ急いだ。

 


 

 新大阪から東京。そして米花駅に着いたのは昼過ぎだ。
 平次たちはタクシーで工藤邸へ向かった。

「おう。もう着くで」
『・・・玄関、鍵開いてるから』

 苦しそうな声。
 少し前から、隣の『新一』の意識も朧気おぼろげになっている。

 ・・・もう時間がないのだろう。

 やがて目的地へ到着。
 まだ歩ける状態の彼と共に、平次は玄関の扉を開けた。

 

「ここ・・・」
「ん?
「知ってる・・・なんで」
「ほー・・・互いが近づくと、記憶も共有されるんかな」

 ガチャリと閉まる音を背中に聞き、二人は靴をそろえる。
 そこで『新一』が呟いた。

 妙に納得がいく状況に、平次は聞いてみる。

「工藤新一の部屋。どこやと思う?
「『俺』の部屋・・・」

 ぐるりと視線を泳がせた後、階段を登る。
 吹き抜けを右に進んだところの扉を迷わず開けた。

 ・・・窓際のベッド。
 小さな影が、動く。

 

「よう、工藤新一」
「江戸川コナン・・・」
「そうだ。戻ろう、俺に」

 

 その言葉と同時に、強烈な閃光と風が舞い込んだ。
 後を追ってきた平次は一瞬目を閉じる。

 再び開いた目の先にいたのはコナン。 
 『江戸川コナン』だけが、ベットに横たわっていた。

 


 

 日が暮れ始めた頃。
 階段を降りてくる足音が、聞こえる。

「・・・服部」
「おう。具合どや」
「もう平気だ」
「そら良かった」

 目をこすりながら現れたのは江戸川コナン。
 『工藤新一』の、現在の姿だ。

「眠ってたんだ、俺」
「黙って帰るのもなあと思とったら、沖矢っちゅう兄ちゃんが現れてな。ビックリしたで」
「そうか。話してなかったな」

 コナンの姿になってから、新一は毛利家に世話になっている。
 だから暫くこの家は無人だったが、赤井秀一というFBI捜査官のとある事情により、この家を貸していた。

 彼なら防犯の面でも問題ない。
 もちろん工藤夫妻も了承済だったが、機会もなかったから平次には伝えていなかった。

「別にええで。お前の事情もあるやろし、言わんでも」
!
「味方やろ? ああゆう大人が近くに居ってくれて安心したわ。コドモのままやと、不便も多いしな」
「コナン君、お腹空いてませんか? 少し早いですが夕食を作りましたので一緒にどうでしょう」
「昴さんにも心配かけたね、ごめん」

 キッチンの方から現れたのは沖矢昴。
 元々住んでいたアパートが火事になったことがキッカケで、工藤邸に住むことになった二十七歳の大学院生。

 だがその正体は、赤井秀一。
 工藤有希子から受け継いだ変装術と阿笠博士の変声機により成り立つ仮の姿で、日常生活を送っている。

 閃光の後コナンが起きないので、平次はとりあえず下へ降りてきた。
 その時、帰ってきた沖矢昴と対面したのだ。

 ・・・赤井秀一とは会ったことがない服部平次。
 けれど。

 ひと目見て、彼を『新一の味方』と判断していた。

「朝も昼も食うとらんかったし、助かったわ兄ちゃん」
「とんでもない。こんな賑やかな食事は久しぶりですし、僕も作りがいがあります」
「ありがとう。食べるよ・・・その前に服部、ちょっと」
? 何や」
「いいから来い」

 ぐいと平次の腕をひっぱると、コナンはリビングを出て適当な部屋に入る。
 この家は空き部屋が多いが昴がきちんと清掃しているのだろう。埃などはまったくなかった。

 扉が閉まるのを確認すると、平次を睨み付ける。

「誰と誰が、どういう関係だって・・・?
「へ?
「まさかお前にそういう趣味があったとはな」

 忘れてた。
 本体が融合したのなら、あの記憶も受け継いでいるのだ。

「え、ちゃうちゃう聞いてくれ、あれはお前が俺んこと騙そ思てワザと記憶ないフリしとると思てやな! 確かめたろ思てつい・・・」
「・・・ついでも何でもした・・のは事実だろうが。それに名前で呼ばせやがって」

 腕時計の麻酔銃を平次に向け、狙いを定めている。
 まずい状況だ。

 コナンが起きるのを待たずさっさと帰れば良かった。
 今更思うが時すでに遅し。

「名前で呼んで来たんはあっちの工藤やぞ!? 俺は知らん!
「そうゆう関係だったら呼ぶだろ名前で・・・誘導しといて言い訳するな」
「何がアカンねん? お前かて俺んこと『平次にいちゃん』て言うとるクセに!
!

 確かに。
 コナンは、冷静になり麻酔針をしまう。

 平次は大げさに息を付き、その場へ座り込んだ。

「まあ・・・アレについては蘭ねえちゃんに上書き保存してもろてくれ」
「『コナン』じゃ無理に決まってんだろ。バカかてめえは」
「あ、せやったな。スマンスマン」

 蘭と両想いになったとはいえ、実はキスも頬止まり。
 だからこそこの記憶が流れ込んできた時、あまりの衝撃でベッドに倒れ込んだ。

 ・・・コナンはじっと、手のひらをみる。

「どないした」
「いや。あいつと融合したんなら・・・なんで『新一』の方に戻ってくれなかったのかなって」
「・・・そうやな」
「寝る前にいつも思っちまうんだ。この体になったのは全部夢で・・・目が覚めたら、俺は蘭と一緒に高校に通ってる筈だって」

 けれど夢みたいな『これ』が現実で。
 俺は今日も、二度目の小学校生活を送っている。

 

「せやからか・・・」

 だから想いが実体化したのか。
 平次は、窓に視線を投げるコナンを見る。

 元の体に戻れないもどかしさと悔しさ。
 それが、実体として現れた。

 ・・・どうして平次の所に出たのかは謎だが、同じ高校生で探偵という部分で共鳴したのかもしれない。

 

「ん?
「いや。ええ匂いしとるし、はよ食べに行こうや」
「そうだな」

 ホールへ出ると、ダイニングの入り口から昴が顔を覗かせていた。
 いつ頃来るのかと様子をうかがっていたのだろう。

 コナンは駆け寄る。

「ごめん昴さん、お待たせ」
「いえ。では用意しますね」
「あ、せやココ寝るとこある? 俺今日泊まらしてもらうわ」
「俺は毛利の家に戻るし。ベッド使っていいぞ」
「そうなん? 久々やし一緒に寝ようや。どおせお前ちっさいし、落ちんやろ?

 ・・・どう考えても『新一』イコール『コナン』な会話。
 しかし昴の表情は何も変わらず、笑顔のまま。

 つまりはそういうこと。
 互いに余計なことは聞かない、話さない。でも理解している。

 だから、平次も笑った。

 


 

 雨が降っていた。
 風も吹かず、まっすぐに強く。

 あれは新一の心情を表していた。
 だから雨の中で、生まれた。

 想いの真実。

 ・・・それは、今また彼の中にある。

 

[了]

« »

HOME > ノーマルシリーズ > 想いの真実